カラダからのサインかも!食後なのに空腹感に襲われる理由

食事を済ませたばかりなのに、空腹感が襲ってくる……。なんとなく満腹にならないという経験がある方も多いのでは?その空腹感は、単純に体に食べ物が入ってくるだけでは満たされないこともあるそうです。今回はそのメカニズムをご紹介します。

食後に空腹感を感じる原因とは

さっき食べたばかりなのに、すぐお腹が空いてしまう、なんとなく満腹にならないという経験がある人も少なくないのではと思います。その空腹感というのは、単純に体に食べ物が入ってくるだけでは満たされないこともあるそうです。満腹感を得るには、いろんな要素が関係しているとか。その空腹の原因ってコレかも…?

睡眠不足

睡眠が不足すると「欲しい!食べたい!」という感情をつかさどっている血液中の2-アラキドノイルグリセロールという物質が増える

出典: nemgym.com

睡眠不足の後ではこのグレリンが増加するだけでなく、嗜好も甘いものや塩分の多いもの、炭水化物などが欲しくなるという傾向があります。

出典: nemgym.com

睡眠時間が短いと、血液中の2-アラキドノイルグリセロールという物質が増え、満腹情報を伝える物質であるレプチンが減少することがわかっているそうです。つまり、睡眠不足だと空腹感が強まり、満腹感が感じにくくなるということだとか。さらに、甘いものや塩分の多いもの、炭水化物などが欲しくなるという傾向があるそうなので、要注意!

水分不足

体内に十分な水分がいきわたらず、体が水分が足りない!と信号を出してきます。それが空腹という感覚で伝わり、喉が渇いていると気づかない事があります。

出典: news.livedoor.com

体が水分が足りないときにおこる脱水症状は、空腹感とよく似た感覚に陥ってしまうことがあるそうです。食事をすると乾燥した口内に唾液が分泌されるため、水分不足だと気が付きにくいそうですが、じつは脱水症状ということもあるとか。本当はお腹が空いていなくても、食後に感じる空腹感はこれが原因かもしれません。

糖分のとり過ぎ

甘いものや砂糖の入った料理を食べ過ぎると、ホルモンのバランスが崩れて、食欲を抑えるホルモン“レプチン”の分泌が遅れ、逆に空腹感を伝えるホルモン“グレリン”の分泌が活発になる。

出典: wooris.jp

甘いものがなんとなく食べたいという気持ちには、ホルモンのバランスが関係していたようです。空腹感を伝えるホルモンであるグレリンの分泌が活発になり、まだお腹が空いているから食べられると勘違いしてしまうようです。また、甘くないものでも、炭水化物の多いものを中心食べていると、どんどん食べる量が増えてしまうこともあるそうなので注意しましょう。

ストレス

ストレスが溜まることで、空腹を伝えるホルモン“グレリン”の分泌が急上昇してしまう!ストレス度合いの上昇につれて、この傾向は強くなるそうです。

出典: wooris.jp

心身にストレスが溜まると空腹を伝えるグレリンというホルモンの分泌が急上昇してしまうそうです。イライラしているときにドカ食いしたり、冷蔵庫につい手が伸びてしまう原因となっているとか。さらに恐ろしいことにストレス度合いによってこの傾向は強くなるそうです。ストレスがあまり増えないうちに、少し体が満足する好きなものを食べて、脂肪細胞の分解を止めることが重要だとか。

栄養不足

体に必要な栄養素が足りていないと、脳は「空腹である」という信号を出し続けます。

出典: bejiraifu.web.fc2.com

特集一覧

SPECIAL CONTENTS

WRITER

BBC

カテゴリー

CATEGORY

ランキング

RANKING

毎日更新!SNSで逃さずチェックしよう