カラダからのサインかも!食後なのに空腹感に襲われる理由

食事を済ませたばかりなのに、空腹感が襲ってくる……。なんとなく満腹にならないという経験がある方も多いのでは?その空腹感は、単純に体に食べ物が入ってくるだけでは満たされないこともあるそうです。今回はそのメカニズムをご紹介します。

食後に空腹感を感じる原因とは

さっき食べたばかりなのに、すぐお腹が空いてしまう、なんとなく満腹にならないという経験がある人も少なくないのではと思います。その空腹感というのは、単純に体に食べ物が入ってくるだけでは満たされないこともあるそうです。満腹感を得るには、いろんな要素が関係しているとか。その空腹の原因ってコレかも…?

睡眠不足

睡眠時間が短いと、血液中の2-アラキドノイルグリセロールという物質が増え、食欲と代謝の調節を行う物質レプチンが減少することがわかっているそうです。つまり、睡眠不足だと空腹感が強まり、また食べても満腹感が感じにくく過食の原因となります。さらに、甘いものや塩分の多いもの、炭水化物などが欲しくなるという傾向があるようなので、なおさら注意したいですね。

水分不足

体の水分が足りないときにおこる脱水症状は、空腹感とよく似た感覚に陥ってしまうことがあるそうです。食事をすると乾燥した口内に唾液が分泌されるため、水分不足だと気付きにくいですが、体に必要な水分量が足りていないと気づかないうちに脱水症状に陥ります。本当はお腹が空いていなくても、食後に感じる空腹感はこれが原因かもしれません。

糖分のとり過ぎ

食後、甘いものが食べたいという気持ちには、ホルモンのバランスが関係しているようです。ストレスなどが多いと、食欲を増進させるホルモンであるグレリンの分泌が活発になり、まだお腹が空いているから食べられると勘違いしてしまうようです。

また、砂糖には中毒性があり、食後のスイーツは別腹と習慣化しているケースも原因の一つ。甘くないものでも、炭水化物の多いものを中心に食べていると、どんどん食べる量が増えてしまうこともあるそうなので注意しましょう。

ストレス

先ほど少しご紹介した通り、心身にストレスが溜まると空腹を伝えるグレリンというホルモンの分泌が急上昇してしまうそうです。イライラしているときにドカ食いしたり、冷蔵庫につい手が伸びてしまう原因となっているんです。

さらに恐ろしいことにストレス度合いによってこの傾向は強くなるそう。ストレスがあまり増えないうちに、少し体が満足する好きなものを食べることがポイントです。

栄養不足

人間は体に必要な栄養素が不足していると、空腹である、栄養を補う食品を摂取せよ、と脳から指令が送られます。たんぱく質は、三大栄養素の中で一番満腹感を高める栄養素であり、裏を返せばたんぱく質不足で起きる空腹感は多いんだそう(※1)。

一日3食、栄養バランスの整った食事やそれに伴う活動をしていないと、満腹・空腹のメカニズムが崩れてしまいます。

※1…体の状態や環境によっても異なってくる。

食後の空腹感には要注意!

心当たりがありましたか?食べ過ぎを防ぎ、空腹感を満たすためには様々な要因が絡んでいたんですね。一度、自らの生活を見直し、食後の空腹で悩んでいた原因を見つけてみませんか?
▼食後に起こるピンチな状態!どうしてる?

特集

SPECIAL CONTENTS