ライター : 相羽 舞

管理栄養士

大学卒業後、保育園にて勤務し離乳食と幼児食の献立作成や調理を経験。現在は4歳と2歳の兄弟を大騒ぎで子育て中です。専門的な内容でもわかりやすい記事を目指して執筆しています。

亜麻仁油を取り入れたからといって痩せるわけではない

この記事では、ダイエットに役立つ亜麻仁油の効能についてお伝えしますが、亜麻仁油を取り入れただけで痩せるというわけではありません。ダイエットの基本は、摂取するエネルギー(カロリー)よりも消費エネルギーを増やして、減量を目指すものです。

ダイエットは規則正しい生活のなかで、食事と適度な運動のバランスを取りながら、無理なく続けていくことが大切です。(※1)

亜麻仁油ダイエットの効果

血中の中性脂肪値を下げる

亜麻仁油に含まれるα-リノレン酸には、血中の中性脂肪値を下げるはたらきがあります。

α-リノレン酸は体内で作り出すことができないため、食品から摂る必要がある必須脂肪酸です。魚油に多いDHAやEPAと同じオメガ3系脂肪酸に分類されます。

オメガ3系脂肪酸は、体の組織の機能を正常に保つために欠かせないもので、現代人の健康管理に必要といわれています。亜麻仁油を摂ることで、オメガ3の摂取量を増やせますよ。(※2,3,4)

血流を促す

亜麻仁油に豊富なα-リノレン酸は、血管をしなやかにする作用があるため、血行を促すのに役立ちますよ。

また、α-リノレン酸は体内でEPAやDHAに変換されます。EPAには、血流をスムーズにするはたらきが。そのため、α-リノレン酸やEPAは、血管や血液の健康を保つのに重要な栄養素といえます。(※3,5)

便秘対策

オメガ3脂肪酸(α-リノレン酸)を豊富に含む亜麻仁油は、便秘対策に役立ちます。

α-リノレン酸の摂取で、腸内フローラのバランスを整えるはたらきが期待できますよ。また、亜麻仁油には腸の動きを活発化させるオレイン酸も含まれています。亜麻仁油は、腸内環境や便通が気になる方におすすめですよ。(※6)

亜麻仁油ダイエットのやり方

亜麻仁油ダイエットのやり方に決まりはなく、毎日亜麻仁油を摂取するだけという手軽なものです。

食品なのでいつ摂ってもかまいませんが、おすすめは亜麻仁油小さじ1杯(約4.6g)を朝食時に摂る方法です。小さじ1杯で、「日本人の食事摂取基準(2020年版)」に定められている、オメガ3脂肪酸の成人一日あたりの摂取目標量を満たすことができます。

油には、食事に含まれる脂溶性ビタミンの吸収を高める作用があります。そのため、亜麻仁油を食事に組み込むと栄養を効率よく摂れますよ。

また、油は1gあたり約9kcalとカロリーが高いので、活動前の朝食時に摂ることで体を動かすエネルギー源になります。(※4,7,8,9)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ