ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

カルディにさつまいもが主役のスプレッド登場

Photo by muccinpurin

カルディから新作アイテム「香川県産坂出金時いも使用 さつまいもバター」が発売されました。

香川県産の坂出金時いもを使い、はちみつやバターをプラス。パンやワッフル、パンケーキのトッピングに使える、やさしい味わいのスプレッドです。

坂出金時いもとは…

「坂出金時(さかいできんとき)いも」とは、瀬戸内海に面した香川県坂出市の塩田跡地を利用して栽培されるさつまいものことを指します。

ほかの土地と比べて水はけがよく、塩田特有の天然ミネラルをたっぷり含んだ土地で育てられたさつまいもは、きめ細かな肉質で甘みが強いのが特徴。ホクホクとした食感が人気の品種です。

香川県産坂出金時いも使用 さつまいもバター

Photo by muccinpurin

「香川県産坂出金時いも使用 さつまいもバター」398円(税込)
カルディの和食材ブランドである「もへじ」と、JALグループの「JALふるさとプロジェクト」がタッグを組み、女子栄養大学文化栄養学科の学生やJA香川県が共同で、坂出金時いもを使った限定商品を開発。2021年4月19日(月)から順次販売しています。

この度カルディで発売された「香川県産坂出金時いも使用 さつまいもバター」もそのひとつ。香川県産坂出金時いものペーストと角切りに、はちみつとバターを合わせて作られたスプレッドです。

Photo by muccinpurin

カルディといえばあまおう苺バターやシャインマスカットバターなど、パンのお供がずらりと並びますが、さつまいもバターはありそうでなかったかも。さつまいもバターの原材料は、さつまいも(香川県産坂出金時いも)、はちみつ、バター、食塩などごくごくシンプル。

過去の記事はこちら▼

坂出金時いもを60%使用

Photo by muccinpurin

ペーストと角切りの坂出金時いもを合わせて60%使用しており、ぽってりと濃厚。ペーストのなかには、1cm程度にカットされた角切りのさつまいもがごろごろ。坂出金時いもの特徴でもある、皮の紅色が黄色いペーストによく映えます。スイートポテトのような、甘くていい香りが漂いますよ。

価格やカロリーは?

1瓶150g入りで価格は税込398円。バターを使っていますが、開封後も直射日光や高温多湿を避ければ、常温で保存できるようです。

100gあたりのカロリーは173kcal。1瓶150g入りなので、5回で使い切ったとしても、1食分は50kcal程度でした。

ほっくほく&なめらか

Photo by muccinpurin

まずは王道、トーストしたバゲットに塗ってお味見です。まるでスイートポテトを食べているような濃密でこっくりとした甘さ。バターのコクとミルクの風味が加わり、シンプルな味わいのバゲットが一気におやつっぽい味わいに変化します。

ペーストだけでなくさつまいもの角切りが入っていることで、坂出金時特有のホクホク感も味わえてお得な気分。

Photo by muccinpurin

さつまいもの自然な甘さにはちみつが加わることで、ふんわりと甘い香りが漂います。パンだけでなく、パンケーキやワッフルなどのトッピングとしても活躍してくれそうですよ。

砂糖の甘さではなくさつまいもとはちみつのやさしい甘さでしたが、塩をパラリと振ると全体の味が引き締まり、よりおいしくいただけました。気になる方はぜひお試しを♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ