ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

あまおうを使った贅沢バター発見!

Photo by muccinpurin

カルディから新作「あまおう苺バター」が登場しました。あまおうといえば、酸味と甘みのバランスのよい人気のブランドいちご。フレッシュのあまおうをたっぷり使った苺バターだなんて、おいしいに決まってます!

あまおうとは…

あまおうは福岡県を中心に販売されるいちごで、6年もの歳月をかけて生まれたことから “いちごのサラブレッド” とも呼ばれる高級品種。あかい、まるい、おおきい、うまいの頭文字を取ってあまおうと名付けられました。

カルディ「あまおう苺バター」

Photo by muccinpurin

「あまおう苺バター」753円(税込)
冬を代表するフルーツといえば、何はなくともいちごが外せません。パティスリーにはいちごを使ったスイーツが並び、クリスマスケーキの王道、ショートケーキもいちごがなくてはならない存在ですよね。

この記事でご紹介するカルディの「あまおう苺バター」は、いちごのなかでもとりわけ人気の高いあまおうを使った、贅沢極まりないバターです。

Photo by muccinpurin

あまおう苺バターに使われているあまおうは、福岡県で大切に育てられたものを厳選。バターと合わせることにより、ミルキーな香りとコクがプラスされ、甘さと酸味のバランスがいいスプレッドに仕上がっています。

原材料は砂糖、苺、バターなどごくごくシンプル。1瓶に255g入っていて税込753円と、スプレッドにしてはやや高級品ですが、あまおうとバターを使っていると聞けば納得ですね。

こっくり濃厚。つぶつぶ食感

Photo by muccinpurin

パンに塗る前にスプーンですくってみると、ぽってりとした濃厚なテクスチャー。想像していた苺バターよりも、ジャムに近いぷるんとしたやわらかさがありますよ。

写真ではわかりにくいのですが、苺の種の部分まで入っていて、粒々食感も楽しめ、まるで本物の苺を食べているようなフレッシュ感があります。さっそくパンに塗ってみましょう。

甘さと酸っぱさがほどよいバランス

Photo by muccinpurin

パンに塗って頬張るときゅんと甘酸っぱく、バター控え目で苺感が強めです。バターのコクが加わることで酸味がマイルドになり、パンとの相性がよくなっていますよ。

Photo by muccinpurin

バター感が控え目なので油っぽさがなく、たっぷりと塗って食べてももたれることがありません。トーストはもちろん、昨今ブームの生で食べておいしいタイプの食パンとの相性がとてもよく、パクパクいけちゃいます。これはキケンだ……!

ヨーグルトのトッピングにもおすすめ

Photo by muccinpurin

バター感が控え目でジャム感覚で使えるあまおう苺バターは、ヨーグルトのトッピングにもおすすめ。無糖ヨーグルトにあまおう苺バターをひと匙たらせば、苺のフレッシュ感が際立つ、リッチなヨーグルトが味わえますよ。
Photos:9枚
あまおう苺バターの瓶
あまおう苺バターの瓶
あまおう苺バターの原材料表示
スプーンですくったあまおう苺のバター
あまおう苺バターを塗ったパン
あまおう苺バターを塗ったパンを持つ様子
あまおう苺バターをかけたヨーグルト
あまおう苺バターの瓶
ふたを開けたあまおう苺バター
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS