ローディング中

Loading...

生姜には様々な健康効果があると知られていますが、健康にいいとはいえ、過剰摂取は禁物!様々な副作用もあるそうです…。副作用から1日の適量まで解説します。適量を守って、生姜と健康的に付き合っていきましょう♪

嬉しい効果がいっぱいの「生姜」

生姜にはビタミンB1、B2、ビタミンC鉄分、カロチン、カリウム、カルシウムなどの栄養素が含まれており、様々な健康効果があると知られています。生姜の辛味成分であるジンゲロン、ジンゲオールは体を芯から温める作用があり、冷えの改善や血行促進効果が期待できます。
しかし、健康にいいとはいえ過剰摂取は禁物!様々な副作用もあるそうです…。

食べすぎは腹痛の原因に…

生姜を大量に食べると腹痛を起こす場合があります。生姜には、胃腸の運動を活発にして消化吸収を促進する効果があるため、特に胃腸の弱い人は注意が必要です。過剰に摂取することで腹痛、胸焼け、下痢などの症状が現れる場合があるとか。

妊娠中は特に注意!

食欲増進効果もある生姜は、つわりにも良いとされています。しかし、過剰摂取はお腹の中の赤ちゃんに悪影響があり流産する恐れもあるとか。妊婦さんも摂取したい健康食の生姜は、もちろん普通に食べている分には問題ありませんが、心配な人はどのくらいなら大丈夫かを病院で相談してみたほうがいいでしょう。

ストレスが溜まっているときは避けましょう

生姜は脳を刺激して活動しやすくするので、イライラしているときや、眠りたいときには避けましょう。ストレスに症状があるときに摂取してしまうと、イライラが加速する場合もあります。ストレスが溜まっているときは下手に脳を刺激しないようにして、ゆっくり休みましょう。

お肌への影響も…

大量摂取しすぎると体温が上がり、熱の発散が多くなるため、お肌にもよくありません。特に乾燥肌の人や皮膚炎を起こしている人は要注意です。

「生姜」の適量は?

「生姜」の適量の目安としてはスライスした生姜で1日6枚ほど、重さにして10グラム程度だそうです。料理に使うときにすりおろしたり、細かく刻んだりするならば、小さじ1杯ほどの量が目安となります。

みんな生姜が大好き♪

適量を守って、生姜と健康的に付き合っていきましょう♪

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ブロッコリー

みなさんはブロッコリーをどのように洗っていますか?きちんと洗っているつもりでも意外ときちんと洗えていない。そもそもどう洗うのがいいのかよく分からない。そんなブロッコリーについて正しい洗い方を徹底解説致します。

日常的に魚をさばいて食べたいと思っても、臭いが気になるし、洗剤で何度も洗うのは面倒、という人も多いのではないでしょうか。まな板、手、服についた魚の臭いを消す方法が知りたい!今回は、魚の生臭さを簡単に消す方法を…

レシピ

健康や美容効果が高く、女性を中心に人気の豆乳。ですが、賞味期限が意外と短いのが難点です。そもそも豆乳は賞味期限を過ぎるともう飲めないのでしょうか。保存方法や、おすすめの活用法は?今回は、注目の食材、豆乳につい…

レシピ

料理上手を語るのに欠かせない煮物。味のバランスが難しいですが、じつは調味料の黄金比があるんです!今回は、筑前煮から肉じゃが、おでんまで、煮物上手になるための黄金比率についてお話しします。これで今日から煮物マス…

ナス

年中食べることができ、色々なメニューで大活躍するなすの保存方法せっかくならばおいしい状態を一日でも長く保ちたいですよね。今回は、なすの長期保存方法から選び方、おいしいレシピまで、たっぷりとご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

イタリアン カフェ まとめ

軽食として、カフェのメニューとして、親しまれているカジュアルなイメージのピザ、パスタ。しかし食べてみると意外と難しい。なんとなくソースが散ってたり…。イタリア料理を美しく食べましょう!デートや友…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

調味料 レシピ

季節に合わせたハーブとスパイスの使い方を提案する連載の第4回。今回は、ピリっとした辛味が特徴のハーブ「クレソン」を取り上げます。薬効性と栄養価が高く、お肉との相性もよいハーブ。梅雨の季節にからだがよろこぶレシ…

東京 パン まとめ

濃厚なミルククリームを、固めのフランスパンではさんだ「ミルクフランス」。シンプルながら、お店によってクリームに違いがあったり、パン生地に工夫があったりとその店ならではのミルクフランスが楽しめます。東京ではずせ…

BBC

ツイッターやインスタグラム、クックパッドやテレビなど、メディアで話...