ローディング中

Loading...

ぶどう特有の甘い香りと琥珀色のグラッパ。専用グラスやデザインボトル、楽しめる部分の多いお酒ですが、日本での知名度はまだまだです。イタリアでは、食後酒として飲まれている非常にポピュラーなお酒。グラッパの由来やおいしい飲み方をご紹介します♩

イタリアのお酒「グラッパ」とは?

イタリア料理店などのアルコールメニューで、たまにみかけるグラッパ。皆さん、飲んだことはありますか?最近はリーズナブルなイタリアンでお馴染みの、ファミリーレストランなどでも提供されるようになり、以前より少し身近になりましたね。

そんなグラッパですが、まだまだ知らないことが多くあります。グラッパはぶどうの搾りかすから作られていますが、詳しいことはわからないことばかり。そこで、グラッパのおいしい飲み方やおすすめ銘柄などを調べてみました。

グラッパについてたっぷりとご紹介します!

グラッパとは

グラッパはブランデーの一種として考えられています。ブランデーもぶどうから造られますが、グラッパはワインを造る際に出る、ぶどうの「搾りかす」から作られるのが特徴です。搾りかすと言っても、ぶどうの皮、種、実の残りや果軸、果汁や中にはワインの残りなども含まれます。

この搾りかすを蒸留させて作るため、瓶詰めされてすぐに出荷されるものは無色透明の色合いです。最近はオークやサクラなどの木樽で熟成させることで、ブランデーのような色合いを持つグラッパも増えてきています。

グラッパの始まり

グラッパの起源については諸説ありますが、グラッパが流行りはじめたのは10世紀以降と言われています。その頃のヨーロッパでは、ぶどうを原材料としたワインは貴族や地主などの上流階級しか飲むことができない高級品でした。

ワインの原料であるぶどうを栽培する農民は、自分たちのぶどうから出来たワインを飲むことはできず、ぶどうの搾りかすは畑の肥料としていました。貧しい人々はこの搾りかすに水を加えたものを飲んでいたと言います。

いつしか農民たちは、貴族がワインから蒸留酒を作るのを真似て、搾りかすを蒸留してお酒を作るようになりました。これがグラッパの始まりです。

15世紀にはすでにイタリアのフリウリ地方から、オランダにグラッパを輸出していた記録が残っています。とても歴史のあるお酒で、庶民に親しまれていたことがわかりますね。

グラッパとブランデーの違い

日本では「粕取りブランデー」と呼ばれることもあるグラッパ。まず、ブランデーとは一体どんなお酒を指すのでしょうか。

ブランデーとは

広い意味では、フルーツが原料の蒸留酒全般を指します。りんごのブランデー、なんて言葉もたまに聞きますよね。一般的には「ぶどう」を原料とする蒸留酒のみを指します。ぶどう以外のフルーツが原料のブランデーは、「フルーツブランデー」と呼んで区別をすることが多いです。

主に白ぶどうのワインを蒸留して木樽に入れ、5~8年熟成して造られます。アルコールは40弱~50度程度と高く、種類によっては25年以上熟成させるものもありますね。

フランスのコニャック地方やアルマニャック地方で生産が始まり、この地方のブランデーはルイ14世の時代から法律で厳密に保護されています。そのため、「王侯の酒」として、現在でも高級品として取り扱われています。

日本でも親しみのあるブランデーは、香り高く優雅な気分になれるお酒です。時間をかけてくつろぎながら飲むお酒として愛されています。

フランスでは「マール」

一方のグラッパを含む、ワイン醸造後にできる、醗酵後のぶどうの残りかす(ポマース)を蒸留したお酒を「ポマース・ブランデー」と呼びます。

フランスでは「マール」(英語ではマール・ブランデー)と言い、「つぶす・砕く」を意味する単語(marcher)から派生しました。また、マールは搾りかすそのものを指す場合もあります。フランスのワイン同様、シャンパーニュやブルゴーニュ地方で作られたものが評価が高いとされていますが、生産量はラングドック地方が6割を占めています。

グラッパのアルコール度数

30〜60度

グラッパは蒸留させてつくるお酒のため、ワインなどの醸造酒と比べると、必然的にアルコール度数は高くなります。市販されているグラッパの多くは40度前後が平均的なようですが、ものによっては30度、中には60度になるものも存在します。かなりアルコール度数が高く、飲む際には量の加減が必要ですね。

アルコール度数の大きな開きは、グラッパの原料である、ぶどうの搾りかすが白ワインのものか赤ワインのものかで、あらかじめ含まれるアルコールの度数が違うためです。また、蒸留の過程や作り方にも差があるためだと考えられています。

ちなみにイタリアで「グラッパ」と表記できるのは、搾りかすだけをそのまま蒸留した場合のみ。糖分を加え、再醗酵したものは「アクアヴィーテ・ヴィニカ」となります。そして、搾りかすにワインも加えて蒸留したものは「アクアヴィーテ ディ ウヴァ」と表記するよう定められています。

その他蒸留酒と比べると?

高いアルコール度数を誇るグラッパは、リキュール(蒸留酒にフルーツやハーブを加えた混成酒のこと)を作る際にも用いられます。

白ワインを蒸留させて作るブランデーは40度。同じく、白ワインから作られるお酒で、アルコール度数が高いと思われているシェリー酒は、実はワインの一種で20度前後が中心です。

また、スピリッツとして名高いテキーラやウォッカは、アルコール度数の規定の幅が広いのですが、一般的には40度前後とされています。これらのお酒とひけをとらないアルコール度数の高いグラッパ、日本で「火酒」と呼ばれる由縁です。

グラッパの飲み方

グラッパについてだいぶよくわかってきましたね。まだ馴染みのない方も安心して飲める、グラッパの飲み方を調べてみました。

食後に飲む

グラッパはチェッロと並んで、イタリアンの食後酒として定番です。食後にグラッパなどのアルコール度数の高いお酒を飲むと、胃液の分泌を促してくれる働きがあると言われています。フルーティーな香りを楽しむため、専用のグラスでストレートで飲むことが多いです。最近は他のスピリッツ同様、冷凍庫でキンキンに冷やして、提供する店舗も増えています。

ストレートで飲むことが一般的ですが、華やかな香りはコーヒーととても相性が良いので、エスプレッソに混ぜて飲んでもとてもおいしいですよ。

エスプレッソで割って飲む

グラッパ・コン・モスカ
カクテルに分類されることもある、とても遊び心のある飲み方です。ショットグラスや小ぶりのリキュールグラスに入れたグラッパに、コーヒー豆を3粒ほど浮かべます。コーヒー豆に火をつけ、20~30秒ほどで火を消して飲みます。

筋状になって落ちるコーヒー豆のエキスも楽しめますが、グラッパにコーヒーの香りがつくほどではありません。モスカ(mosca)は蝿の意味。ちょっとシュールですが、こんな意外な飲み方を知っていると遊び人な大人っぽいですね。もちろん、飲む際には熱くなったグラスが充分に冷えていることを確認してください。
カフェ・コレット
イタリアではエスプレッソに甘いお酒を混ぜた飲み物を「カフェ・コレット」と呼びます。淹れたてのエスプレッソにグラッパ20ml、砂糖小さじ1~2杯を入れ、軽く混ぜて飲みます。

イタリアでは、そもそもエスプレッソにかなり(エスプレッソに溶け切らず、カップの底でジャリジャリするくらい)の砂糖を入れる方も多いので、砂糖の量はお好みで。グラッパではなく、アマレットなどの甘いリキュールを使う場合はあまり砂糖は入れないです。
レゼンティン
使う材料は、エスプレッソにグラッパ、砂糖です。カフェ・コレットと同じですが、飲み方に特徴があるのが「レゼンティン」ですね。

まず、淹れたてのエスプレッソに砂糖を入れ、砂糖が溶け切らない程度に軽く混ぜ、一気に飲み干す。飲み終えた後、溶け切らずに残った砂糖がついたカップに、グラッパを適量注ぎ混ぜて飲みます。エスプレッソの香りがついた砂糖で、グラッパを甘くして飲むのがポイントです。
カフェ・プロフマート
カフェ・プロフマートは、グラッパの飲み方というよりは、エスプレッソの飲み方の一種です。淹れたてのエスプレッソに砂糖を入れ、軽く混ぜます。そこにスプレーでグラッパを吹きかけて飲みましょう。

華やかな香りのモスカート系のグラッパや、ブランデーのように熟成されたグラッパが適しています。ドリップコーヒーが主流の日本では、まだまだ馴染みの薄いエスプレッソですが、色々な楽しみ方があるんですね。

グラッパのグラス

ワイングラスも銘柄や産地にあわせてさまざまありますが、ブランデーグラスも同様。ブランデーの場合、一昔前までは高級品以外、質が低かったです。手の体温でブランデーを温ることで香りを出すために、チューリップ型の大きいグラスに短いステム(脚)のついた形になったと言われています。

専用グラス

ブランデーの一種であるグラッパには、「グラッパグラス」と呼ばれる専用グラスがあります。ブランデーグラスとは異なり、シャンパングラスのように細身でステム(脚)の部分が長いです。

小ぶりなグラス部分がチューリップ型の途中が絞られた、くびれのある形をしているのが特徴。最近では、高級ブランデーを楽しむ際にも、グラッパグラスが使われることがあります。

専用グラスの代用

しかし、専用グラスをお持ちの方は少ないですよね。まだまだ、一般的ではないグラッパグラスは代用ができます。

お店などで代用する場合は、形の似ているスコッチウィスキー用のスニフターグラスがあればそちらで構いませんし、それもなければ、ワインのテイスティンググラスで代用できます。ご家庭では大ぶりのグラスは避けて、ショットグラスなど細身で小ぶりなグラスで楽しむのがいいでしょう。

おすすめ銘柄を通販で

リアルト グラッパ

お手ごろ価格の飲みやすい、クセのないグラッパ。イタリア・ベネト州のメルロー、カベルネ、シャルドネを適切にブレンドしたフルーティな香りの一品。自宅で気軽にグラッパを食後酒として楽しみたい方向けです。

アイスクリームにかけると、とっても美味しくなりますよ♩ グラッパを使ってカフェバー風のアレンジも楽しめます。
リアルト グラッパ

出典:楽天市場

【送料無料】リアルト・グラッパ【Rialto Grappa 】40度700ml

¥3067

楽天市場で購入

ジュリア グラッパ ディ シャルドネ ベルタ

イタリア・ピエモンテ産のシャルドネ100%のグラッパ。シャルドネの搾りかすを蒸留し、オークの樽で10~12ヶ月の間熟成させています。そのため、美しい琥珀色が特徴の美しいお酒。バニラとトロピカルフルーツのような魅力的な味わいで、チョコレートとの相性が抜群です◎
ジュリア グラッパ ディ シャルドネ ベルタ

出典:楽天市場

【6本〜送料無料】ジュリア グラッパ ディ シャルドネ インヴェッキアータ NV ベルタ 700ml [グラッパ]Giu

¥4028

楽天市場で購入

グラッパは庶民に愛されてきたお酒

いかがでしたか?

とっても魅力的なお酒グラッパ。ブランデーやワインほど気取らずに、気軽にチャレンジ出来るのも嬉しいポイントです。イタリアではカフェやバールでも手軽に飲める、カジュアルなお酒。おいしいイタリアンの後には、華やかで甘いぶどうの香りのグラッパをデザートがわりに楽しんでみてくださいね!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

コーヒー まとめ

今、大きな話題になってる金魚鉢ドリンクをご存知ですか?夏になると飲みたくなるサワー、サイダー、ソーダやコーヒーが金魚鉢に入って出てくるんですよ。そのボリュームにびっくりする人続出。今回は涼感たっぷり金魚鉢ドリ…

暑い季節にぴったりの、冷んやり爽快なアイスコーヒーは、スタバでも大人気の定番ビバレッジですよね。そんなスタバの本場アメリカで、コーヒー氷というものが発売されたんです!アイスコーヒーのあの悩みも解決してくれるコ…

アメリカでプリングルズの日清ラーメン味が誕生しました。ラーメンは海外でも人気で、それがチップスになったとアメリカでは今話題です!気軽に食べられるラーメン味のプリングルス。日本でも食べられる日は来るのでしょうか?

カクテル

韓国発・話題の電球ソーダを、日本発の「電球カクテル」として提供する利き酒&飲み比べイベント『酒フェス流 電気ソーダ』が開催!今年は10種類のカクテルが登場します。電球ソーダの中身をカクテルにした、日本発のドリ…

カクテル ワイン

「キティ」というかわいらしい名前のカクテルをご存知でしょうか?赤ワインをベースにしたカクテルで、アルコール度数も低めのため、お酒が苦手な人にも人気です。今回は、キティの由来やレシピを詳しくご紹介します。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

ワイン 居酒屋 まとめ バー

キリスト教の祖「イエス・キリスト」は、最後の晩餐の席において、ワインとパンを自分の血と肉に例えて弟子達に与えたとされています。神が与えたものだからいくら飲んでも大丈夫!とは言いませんが、歴史上のワイン好きは人…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

バター まとめ

バター不足で、スーパーの棚からバターがなくなったという話も耳にしますが、バターの代替えになる食品ってないのでしょうか?ということで、今回はバターの代わりになる食材についてご紹介します。手作りバターの作り方もあ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

コーヒー

自分で淹れたコーヒーを水筒に入れて持ち歩きたいと思っても、時間が立つと劣化してしまいますよね。今回はコーヒーを持ち歩く際に、できるだけおいしい状態が長続きするポイントをまとめました。コーヒーにこだわりがある方…

今回は、冷凍コロッケを上手に仕上げる揚げ方やコツ、フライパンで簡単にできる方法などをご紹介します。コツを押さえるだけで、破裂したり衣が破れてしまうなどの冷凍コロッケあるあるが解決しますよ!ぜひご家庭で試してみ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る