ローディング中

Loading...

ふんわりとした卵とほんのりカニ風味。子どもから大人まで人気の「かに玉」は、食卓に出てくるとうれしいメニューですよね。おいしさのコツは、ふんわり卵の火加減と、とろ~りあんかけ! 今回は、甘酢でも和風でもよく合う簡単レシピをご紹介します。

ふんわり「かに玉」を作ってみませんか?

ほぐしたカニカマやカニの身を卵にまぜて仕上げた「かに玉」は、中国料理の芙蓉蟹(フーヨーハイ)と呼ばれているものです。このかに玉をご飯の上にのせたものは、日本人がアレンジして作った「天津飯」と呼ばれています。

一般的な家庭で作られているかに玉は、カニカマの入ったレシピが簡単でおいしくできると人気!最近は100円ショップにもミニカニ缶を購入でき、とってもリーズナブルに作ることができます。缶詰でカニ風味をしっかり付けてカニカマでボリュームアップを狙うと、おいしくできますよ!

それではまず、基本のかに玉レシピからご紹介しますね。

カニ缶とカニカマを使う「かに玉」の作り方

基本となるかに玉

Photo by KIBO LABO

甘酢あんのかに玉レシピです。卵に酒と白ネギを刻んで入れることで、カニ特有の臭みが和らぎます。

ふんわりと焼くコツは、強火で手早く仕上げること! 熱が卵に早めに伝わると、ふっくらと仕上がります。卵をひっくり返して焼き色を付けるときは、焼きすぎに注意をしましょう。

材料(2人分)

かに玉の材料

Photo by KIBO LABO

卵           4個
カニのほぐし身     缶詰1つ
カニカマ        1パック
酒           小さじ1.5
白ネギ         1本
グリンピース(三つ葉) 大さじ2
塩           少々
サラダ油        大さじ3

【甘酢あん】
顆粒チキンスープの素  大さじ1
水           150ml
砂糖          大さじ1
酢           大さじ2
しょうゆ        小さじ2
片栗粉         大さじ1
おろしショウガ     小さじ2

作り方

1.ボウルに卵2個(1人分)を割りほぐし、酒を入れて臭みを和らげたカニのほぐし身とカニカマ、白ネギのみじん切りを加えてさっと混ぜ合わせます。
卵とカニカマ、ネギを混ぜている様子

Photo by KIBO LABO

2.【甘酢あん】の材料を鍋に入れ、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
あんを作っている様子

Photo by KIBO LABO

3.小さめのフライパンにサラダ油(大さじ1.5)を熱し、1の卵を入れて、半熟状のやわらかさにします。
かに玉を焼いている様子

Photo by KIBO LABO

4.焼きすぎないように手早くひっくり返し、薄く焼き色をつけてできあがり!
あんかけかに玉完成

Photo by KIBO LABO

2の【甘酢あん】をかけて、グリンピースを散らし、カニカマも少しのせると彩りがよくなります。

ふわふわに仕上げるコツ

卵とカニの身を混ぜ合わせるときは、しっかりとかき混ぜるよりもざっくりと混ぜましょう! ネギの臭みが苦手な方は、事前に炒めるかレンチンを数十秒してみてください。

一般的なオムレツは卵黄と白身が馴染むまで混ぜ合わせますが、かに玉のようなとろふわ感を出すときは、手早く混ぜて半熟にするだけでOK。

卵はテフロン加工のフライパンを使い、油を少し多めにして焼くとふわふわに仕上がります。卵2個だとふんわり感が足りないなと思ったら、3個にして焼いてみてくださいね。

あんかけでアレンジ!かに玉レシピ9選

1. レンジで簡単かに玉

ひとり分を、電子レンジで手早く作るレシピです。耐熱容器にごま油と具材を入れて、1回目のレンチン。そこに卵とカニカマを入れて、2回目のレンチン。さらに、軽く混ぜ合わせてレンチンするという、3つの工程でできあがりです。

あんも調味料を混ぜ合わせてレンちんするだけで、簡単にできますよ♩

2. ふんわりニラかに玉の甘酢あんかけ

カニカマとニラで作ったふんわり卵を、懐かしいケチャップ風味の甘酢あんで仕上げたレシピ。甘酸っぱいあんで食欲も倍増!ご飯がすすみます。卵を加熱していくときは、ゆっくりと大きく混ぜながら火を入れていくと、ふんわり半熟になりますよ。

3. お野菜たっぷり和風かに玉

出汁をきかせた和風のかに玉に、長ネギ、ニンジン、シイタケがたっぷり入っています。そのままおかずとしても、温かいご飯にのせてもおいしそうです。野菜と一緒にカニも炒めることで、カニの風味が増しますよ! さらにカニ身を卵の上にのせて、ちょっと贅沢な仕上がりです。

4. プチトマト入りかに玉

プチトマトをのせた、盛り付けのかわいらしいかに玉です。カニ缶は汁ごと入れて、うま味たっぷりに仕上げていきましょう。ショウガと白ネギを炒めるときは、香りがしっかりと立つまで炒めてから、ニラを混ぜ合わせたとき卵に混ぜるようにしてくださいね!

5. エノキ入りかに玉

ザクザクっと切ったエノキとカニカマを入れて、卵と混ぜ合わせます。フライパンでサラダ油を熱したら、手早く卵を入れて半熟に仕上げましょう!

卵の周辺を内側に折り曲げ、円状に形を整えたらできあがり。エノキのシャキシャキっとした食感が味わえるかに玉です。

6. ニラかに玉のキノコあんかけ

ニラと舞茸とシメジで、とってもリーズナブルにできるかに玉レシピです。ニラ玉を作ってから、同じフライパンでキノコあんを作っていきます。

キノコあんは、みりんを加えることで丸みのあるやさしい味に♩ キノコのうま味が溶け込んだあんは、ふんわり卵とピッタリですよ。

7. ブロッコリーかに玉

栄養たっぷりのブロッコリーをたくさん炒めて器に盛ったら、その上からふんわり仕上げたかに玉をのせます。ボリューム満点で、ブロッコリーの緑とカニカマの赤が食欲をそそる一品。甘酢あんを作るときは、材料をフライパンに入れて透明なあんになったらできあがりです。

8. モヤシ入りあんかけのかに玉

カニカマとモヤシで、節約上手なかに玉! モヤシをたっぷり入れることで、かさ増しができますよ。

あんを作るときは、強火でモヤシを炒めてから、あん用の調味料を混ぜ合わせたものを入れてください。加熱のし過ぎに注意して、シャキシャキ食感のモヤシに仕上げるとおいしいです。

9. お豆腐のふわふわかに玉

豆腐1丁を入れて、ボリュームアップさせたかに玉レシピです。ふわふわケーキ風のかに玉に、カニあんをかけていただきます。こちらのかに玉はしっかりと卵を混ぜて、豆腐と合わせています。パクチーを添えて食べると、風味が増しておいしいですよ!

がっつり食べたい!かに玉丼レシピ5選

1. シンプルかに玉丼

シンプルに白ネギを入れた定番のかに玉を、温かいご飯にのせて甘酢あんたっぷりかけていただきます。卵と混ぜ合わせるカニ缶は汁ごと入れて、しっかりと風味とうま味をもたせましょう!

熱湯で軽く茹でたチンゲン菜を一緒に盛り付けると、見栄えもボリュームもアップします。

2. 子どもと作る3ステップかに玉丼

3つの工程で、子どもと一緒にかに玉作りを楽しめるレシピです。ネギが苦手な子どもなら、代わりに小松菜やチンゲン菜、ニラで代用しましょう!ふんわり卵とあんに砂糖が少量入ったやさしい味付けなので、朝ごはんに食べてもよさそうですね。

3. かに玉春キャベツ丼

炊きたてのご飯の上に千切りキャベツを敷いて、さらにできたて熱々のかに玉をのせてできあがり!春キャベツがないときは、やわらかめの葉を選ぶと、ご飯と卵になじみやすくなりますよ。甘酢あんはオイスターソースを入れているので、うま味が増しておいしそうです。

4. とろ~りカレーかに玉丼

ネギとエノキを入れたかに玉に、カレー風味のあんをかけたかに玉丼です。親子鍋で作ると、簡単に丸みのあるかに玉に仕上げられますよ。だし汁の代わりに顆粒かつおだしを使っても、おいしくできるレシピです。火の通りやすい食材ばかりなので、煮込みすぎには注意しましょう!

5. かに玉風トマトあんかけ丼

具材となる野菜は千切りにし、耐熱ボウルに入れてレンチン!手早く簡単にできるレシピで、忙しいときにも手間がかかりません。卵はマヨネーズを入れてふんわりと仕上げ、トマトを加えて作ったあんをかけましょう。野菜嫌いの子どもでも食べやすいレシピですよ。

どれに惹かれる?かに玉チャーハンレシピ5選

1. とろりんかに玉チャーハン

あんは昆布つゆ(麺つゆ)を使うと、とっても簡単にできます。とろみをつけたら仕上げにごま油を少量入れることで、香ばしく熱々なあんのできあがり。卵はざっくりと混ぜてフライパンで焼き、数回菜箸で混ぜるように動かして片面を焼いてチャーハンにのせましょう!

2. ちょっと豪華なかに玉チャーハン

カニとカニカマをたっぷり入れた、華やかなチャーハン!卵はふんわりと仕上げるために、隠し味としてマヨネーズを入れるのがコツです。

ドーナツ型の容器を使ってカニカマの上にかに玉、その上にチャーハンをのせて形を作ります。カニを入れたあんを真ん中に流し、ソラマメとネギを散らしてできあがり。

3. 炊飯器でパラパラ!かに玉チャーハン

手早く炊飯器でパラパラチャーハンを作る簡単レシピです。カニ缶は身と汁に分けて使いましょう!

炊飯器に米、長ネギ、カニ缶の汁を入れて、少し水を控えて入れます。合わせた調味料とカニ身を入れて、炊けたら溶き卵を入れて蒸らしに5分。全体を混ぜ合わせてできあがりです。さらに上からあんをかけてもおいしそうなレシピです。

4. かに玉レタスマヨチャーハン

シャキシャキレタス入りのかに玉チャーハン。フライパンにマヨネーズ溶かして、ふんわりかに玉を作ります。一旦お皿に卵を取り出してたら、同じフライパンでチャーハン作り!そこに再び卵を入れてできあがりです。食べるときは、お好みでスイートチリソースをかけてください。

5. レンジ調理!コーン入りかに玉チャーハン

とろみをつけたスープにカニカマとコーンを加えて、卵を入れて混ぜ合わせたらレンチン!忙しいときにピッタリの時短レシピです。甘味のあるコーンが入ることで、子どもも喜んでくれる味に仕上がります。全体がふわふわに膨らむまで、様子を見ながら加熱していきましょう。

レパートリーにかに玉を入れよう!

卵とカニカマ、カニ缶があれば、すぐにできるかに玉の豊富なレシピ!作る工程はとっても簡単で、日ごろある調味料で甘酢や和風だし、中華風などとあんを作ることができます。

具材やあんの味付けを工夫すれば、ボリュームアップの丼とチャーハンにもアレンジでき、いろいろな味を楽しめそうです。忙しいときはレンチンの工程を取り入れて、おいしいかに玉をマスターしましょう!
▼手早くおいしいカニカマのおすすめレシピ♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 大根 まとめ

ぶりを買ってきたらどんな献立にしますか?定番のぶり大根や照り焼きで満足していませんか。ぶりは揚げたり、焼いたりさまざまなレシピに使えます。今回は、ぶりを使った人気のレシピをご紹介!おいしいぶりの選び方もチェッ…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

豊洲 ランチ 子連れ 個室 まとめ

都会的でかつ開放感のある東京・豊洲には、おいしいランチが食べられるお店がいっぱい!ここでは、豊洲でランチがおすすめのお店を22店舗ピックアップ。若い家族がおおいエリアでもあり、子連れの人にも便利なお店もたくさ…

レシピ チーズ まとめ

手軽に使える食材として便利な油揚げ。油揚げのレシピはどのようなものを作っていますか?味噌汁や炒め物、お稲荷さんなど、定番メニューもおいしいのですが、チーズを使った洋風アレンジやお好みのもので楽しめる巾着レシピ…

レシピ まとめ

焼くだけでおかずになるとても便利な塩さば。下味も不要で臭みが少なくとても便利な食材です。でも焼いただけだと、代わり映えのない食卓になりがち。今回は、フライパンで簡単にできる料理からサラダまで、覚えておけば重宝…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

豆腐 おしゃれ レシピ まとめ

オシャレな食べ物の代表ともいえるディップ。パスタソースに始め、料理に使ってもよし、野菜スティックやクラッカーにつけてもよしのディップですが、お豆腐のディップならお家で簡単に出来ちゃいます。しかもヘルシーで美味…

レシピ まとめ カクテル

ウイスキーってお洒落でかっこいいけど、強くて飲みにくそう・・・そんなイメージをお持ちではないですか?そこで今回は、美味しく女性にもとっても飲みやすくなるアレンジ方法を、レシピ付きでご紹介します♪ぜひ、ウイスキ…

レシピ まとめ お弁当 寿司

巻き寿司は子供も大人も好きですよね!色目も美しいしおいしいし、お花見を始めとしてこれからの行楽シーズン、お弁当に入れるのもいいですね。皆さんの工夫をこらしたレシピをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね☆

いなり寿司 まとめ

甘く煮た油揚げにほどよい酸味が効いた酢飯、いなり寿司って時折無性に食べたくなりますよね。こちらの記事ではいなり寿司のアイデアをご紹介します。具材や飾り付けを変えるだけで様々なアレンジが可能ないなり寿司、ぜひ参…

レシピ いちご スイーツ フルーツ まとめ

冷凍フルーツを使ったレシピというと、スムージーが定番ですよね。今回は冷凍いちごをそれ以外のものにも活かせるレシピをご紹介します。飲み物はもちろん、デザートにも使える冷凍いちご、ぜひ活用してみてくださいね。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おしゃれ

「コンビニバル」とは、見た通り「コンビニ」+「バル」の造語です。毎年末にヒット商品を特集する「日経トレンディ」が来年のヒット予測としてこのワードを取り上げたことで話題になっています。「コンビニバル」とは一体何…

お菓子

ダイエットしていても、お昼を食べておやつの時間になれば小腹が空きますよね...。そんな時に大活躍なのが"赤ちゃん用お菓子"。保存料や着色料などは使用しておらず、カルシウムなどの栄養は満点☆その上カロリーは低く…

KIBO LABO キボー ラボ

山口県出身。東京での雑誌記者を経て、ライターをしています。大学・病...

https://www.facebook.com/KIBOLABO421/

ページTOPに戻る