ローディング中

Loading...

日本の蒸し菓子の「ういろう」は、甘さ控えめでもちもち。名古屋の銘菓として有名ですが、発祥は諸説あり歴史を感じさせます。今回は、ういろうの簡単な作り方を紹介します。混ぜるだけやレンジでできるレシピ、材料の代用もOKなので手軽につくれますよ♩

あの銘菓「ういろう」の簡単レシピ!

さまざまな地域で作られているういろう。原材料や作り方はそれぞれ地域によって違うものの、味や食感、見た目など変化に富んでいて奥の深いお菓子です。とくに、小田原や名古屋は、その地域の銘菓として全国に広まっています。他にも、京都や山口などの銘菓としても有名です。名古屋が一番有名であるのには理由があります。昭和39年の新幹線開通時、青柳ういろうだけが全列車内で販売が許されていました。そのため、ういろうと言えば名古屋というように至ったと言われています。

ういろうの歴史を知ろう

ういろうの起源については諸説あります。

・室町時代、中国から博多に亡命した人物が、外郎薬を献上した際にお口直しに添えたお菓子に由来するという説。
・江戸時代、外郎家が同じく献上したお菓子をういろうと呼んだ説。
・愛知の三河地方の伝統菓子「生せんべい」が原型となっている説。

などなど。日本の発祥の地は、外郎家初代が在住していた博多、ういろう菓子を世に知らしめた京都、伝統を守り続ける小田原など、発祥の地においても諸説あります。

「すあま」との違いは何?

お餅のようなその姿は、すあまにも似ていますが、違いはどこにあるのでしょうか。

ういろうの基本の材料は、米粉と黒糖。それに対し、すあまは上新粉と上白糖です。ういろうは、蒸して作りますが、すあまは蒸したあとに臼でつきます。誕生したときは、明らかに違いがありましたが、ういろうは地域によって作り方も材料もさまざま。原材料が上新粉と上白糖という地域もあるため、材料に関しては違いはあまりありません。しかし、製造方法が異なり、食感も違うため、別の種類となるようです。

今回は、歴史の長いういろうを自宅で簡単にできるレシピを紹介します。混ぜるだけで、電子レンジであっという間に完成ですよ!

レンジでOK!米粉で作るういろうの基本レシピ3選

1.もっちりのういろうは、米粉が基本!

米粉に、砂糖、塩少々、水をボウルに入れて、泡だて器で混ぜます。レンジOKの容器にラップを敷き、混ぜた材料を流し込み、さらにラップをかけます。600Wで3分ほどレンチンしたら、甘さ控えめのういろうのできあがりです。

2.かぼちゃういろうはべビーおやつにも◎

かぼちゃはあらかじめ柔らかく煮てつぶしておきます。そこへ砂糖を入れて混ぜます。米粉を加えたあと、水を少しずつ混ぜていきます。きれいに混ぜたら、ラップを敷いた容器に流し込み、600Wで4分ほどチンします。冷めたらできあがりです。冷蔵庫で冷やして食べるのがおすすめ!かぼちゃの甘さは、ベビーのおやつにも最適ですね。

3.抹茶&シナモンで大人ういろうを

耐熱容器にクッキングシートを敷きます。取り出しやすくするためなので、お家にあれば使いましょう。そこに下処理をした甘納豆を敷き詰めます。ボウルに米粉、片栗粉、抹茶、上白糖、塩ひとつまみを入れて混ぜます。水全量分を2回に分けて入れさらに混ぜます。抹茶がダマになりやすいので、濾してから容器に流し込みます。そのあとは、混ぜてレンチン……を丁寧にくり返していきます。

小麦粉や上新粉で代用!レンジで作るういろう12選

1.残った黒豆煮でオシャレなおやつに変身!

おせち料理の黒豆が余って困った!なんていうこと毎年起こりますよね……?そんなときは、オシャレなういろうに変身させてしまいましょう。薄力粉をベースにして作ったこちらのういろうは、牛乳が入っているので、優しい味に仕上がります。ミルク寒天のような食感に、ほっこりするひと品です。

2.レンジでういろう♩抹茶味

米粉の代わりに小麦粉を使うレシピです。抹茶は混ぜている間にダマになりやすいので、容器に流し入れる際は、必ず濾してください。そうすれば、なめらかな舌ざわりに仕上がります。飾り用に少し抹茶をとっておき、ふるいにかけると、おしゃれなトッピングになります。

3.簡単すぎる!黒糖ういろう

薄力粉、黒糖、水などすべての材料をボウルの中で混ぜます。ダマをゴムベラでつぶすようなイメージで混ぜると◎。耐熱容器に入れるときには必ず濾してくださいね。あまりレンチンしすぎると固くなってしまいますから、適度な硬さで止めておきましょう。冷えたら固まりますのでご安心を。

4.花豆のういろう

小麦粉と三温糖をはじめに混ぜておきます。そこに水何回かに分けて入れます。甘く煮た花豆や黒豆を入れる場合、砂糖は少な目ですが、豆を入れない場合は、砂糖を分量よりも多めに入れるとちょうどいい甘さに仕上がります。レンチンして粗熱が取れたら、半日くらい冷蔵庫で冷やして落ち着かせましょう。

5.好きな人にはたまらない!コーヒーういろう

加糖コーヒーと薄力粉をボウルに入れて混ぜ、ダマにならないように泡だて器で混ぜます。一度濾してから、耐熱容器に入れます。ふんわりと隙間が空くようにラップをかけて、500Wのレンジで8分ほどチンします。冷やしたら完成です。無糖コーヒーを使用する場合、砂糖で甘さを調節してください。

6.ルクエでオシャレな抹茶ラテういろう

薄力粉、グラニュー糖、ドリンク用の抹茶ラテパウダーをボウルに入れて混ぜます。ぬるま湯を少しずつボウルに加えて、泡だて器で混ぜます。ダマは濾してください。ルクエに流し入れて、蓋を少しずらしてからレンチンで完成です。ほかに、ほんのりピンクと白のういろうを合わせれば、ひなまつりのおやつにもピッタリですね!

7.牛乳パックできな粉のういろう

小麦粉、砂糖、きな粉をボウルに入れて混ぜます。ダマにならないように、分量の水をゆっくりと加えていきます。耐熱容器の代わりに牛乳パックを使うと、洗い物が減り便利です。取り出すときもきれいにはがれるのでおすすめです。

8.ほんのりピンクがかわいいういろう

ピンクの色がついているのは、ピンクの砂糖を使用しているから。ほんのりいちご風味で、べビーも喜びそうなういろうに仕上がります。薄力粉、砂糖をあらかじめボウルで混ぜてから、ぬるま湯をゆっくり足していきます。容器に入れる前に濾しておくと、口当たりなめらかなういろうができあがります。

9.十六茶で作るういろう

薄力粉を使った、ほんのりお茶の味がするういろう。食後のデザートにもピッタリですね。おやつにするのなら、砂糖を少し多めにしてもいいでしょう。十六茶の代わりに、ほうじ茶、煎茶、ルイボスティーなどアレンジが効きます。ホームパーティの箸休めとしても喜ばれそうですよ。

10.ほっこり、つぶあんういろう

見た目も食感もふっくらもっちりしているのには理由があります。このレシピ、上新粉と片栗粉(1:1)を混ぜたういろう風おやつです。そして、レンジでチンではなく、スチームオーブンで蒸しています。粉類と小豆と水を混ぜるときに中火にかけますが、このとき火にかけすぎるとダマになりやすいので、気を付けてください。

11.子どもも喜ぶ、カルピスういろう

ういろうは食べず嫌いというお子さんも多いでしょう。初めて食べたのがカルピス味なら、そのあとも抵抗なくういろうが食べられそうです。子どもに素朴な味も知ってほしいと思う親御さんは多いはず。ぜひ、薄力粉とカルピスで作るういろうを試してみてください。レシピはカルピスウォーターを使っていますが、原液でも作れます。その場合、砂糖の量を減らしてください。

12.色鮮やかなブルーベリーういろう

お友達の家にお呼ばれして、こんなきれいなデザートが食後に出てきたら、思わず顔がほころびますね。薄力粉ベースのういろうには、冷凍ブルーベリーの代わりにジャムを使ってもいいでしょう。マーマレード、いちごジャムなどアレンジも効きそうです。レモンがお口の中をさっぱりとさせるので、お口直しのお茶請けにももってこいですね。

素朴なおやつが見た目も味もカラフルに!

春はほっこりしたおやつが食べたくなる季節。桜を愛でながら、優しい風に吹かれながら、ぽかぽか陽気に誘われながら……そんなときこそ、ぜひぜひ食べてほしいういろう。素朴なおやつに気持ちを落ち着かせて、新年度のスタートを切りましょう!お祝いのケーキもいいけど、たまには和菓子で乾杯もいいかも!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ほうれん草 スープ まとめ

スープの具材に、ほうれん草をチョイスしてみましょう!濃厚なポタージュや、やさしい味わいの卵入りなど、人気者のレシピをまとめてみました。どの献立にも合うようさまざまなレシピがあるので、ぜひチェックしてくださいね!

アイスクリーム スイーツ まとめ

8月に入り夏本番を迎えています。そろそろ夏が終わるとは言え、まだまだ暑い日は続いていますね。そんな日はひんやり冷たいアイスが食べたくなります。今回は、2017年8月、コンビニに登場した注目の新発売アイスをご紹…

まとめ

仕事・家事・育児に忙しい女性にとって、パパッと作れる時短レシピは強い味方。今回は、人気の時短レシピ25選をご紹介します。夕食のメイン料理・あと一品の副菜・ランチ・お弁当・ティータイムのお菓子まで、どれも10分…

サラダ レシピ まとめ

マカロニサラダは常備菜にも、お弁当にも、ホームパーティーなどでも活躍してくれる万能のサラダといっても過言ではありません。今回はマカロニサラダについてもっと詳しく、ツナなどを使ったリメイク方法、人気の作り方を紹…

まとめ

タイカレーの一種、グリーンカレー。使用される具もインドカレーや日本のカレーとは異なるようです。グリーンカレーの具は、どんなものが合うでしょう?基本的な作り方は?今回は、人気のグリーンカレーにぴたりの具、作り方…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ

おせち料理はもう食べ終わりましたか?たくさんある料理の中でもよく余ってしまうのが「数の子」。数の子は高価で貴重品なので捨てるのはもったいない。おいしくリメイクしてみませんか?パスタや簡単おつまみなど、おいしい…

うどん レシピ まとめ

うどんは1年中通して美味しく食べられる食材ですよね♫これからの時期はそろそろ冷たいうどんも食べたくなる。今回は、そんなうどんの時短アレンジレシピを5つご紹介します。最後に、お得なお取り寄せ情報もあるのでお見逃…

ココナッツオイル おにぎり レシピ アレンジレシピ まとめ

ごはんと油の相性は思ったよりずっとGoodなもの。火を通したりそのまま使ったり、いろんな組み合わせのおにぎりが作れるようです♪今回は代表的な人気オイルのアレンジレシピをまとめてみました。

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

お弁当 サンドイッチ レシピ まとめ

可愛らしく形を抜いたサンドイッチは見てるだけで幸せな、楽しい気分になりますね。お弁当に入れてもよし、パーティーで皆が集まったときに出す一品としても、喜ばれること請け合いです^^おすすめのレシピをご紹介しますね♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

お菓子 ケーキ

ブッシュ ド ノエルはフランス語で「クリスマスの薪」。パリで作られるようになったそうですが今では日本でも定番のクリスマスケーキですね! チョコレートクリームにドライフルーツを散りばめて、ふんわり生地で包んだ可…

スイーツ マカロン クロワッサン

「パティスリー界のピカソ」とも言われるスイーツ界の巨匠のお店、「ピエール・エルメ・パリ青山」が12月17日に待望のリニューアルオープン。代名詞のマカロンはもちろん、焼き立てクロワッサンが食べられるほか、自由に…

mikki_no

ライター歴15年。3児の子育てに追われながら日々アンテナを張りめぐ...

ページTOPに戻る