ローディング中

Loading...

盛岡冷麺を代表とするように、夏の定番になりつつある冷麺。具がマンネリしていることはありませんか?冷麺はいろんな具を合わせやすいので、上手に工夫しながら夏の食卓の常連にしたいですよね。今回は、冷麺のおすすめ・人気の具を一挙にご紹介します!

冷麺のおすすめの具が知りたい!

夏になると食べたくなるのが冷麺です。今では、日本の夏の風物詩となった感のある冷麺ですが、冷麺って朝鮮半島から来たことをご存じですか。素麺は日本ですが、ところ変われば麺もいろいろあるということですね。

ちなみに、日本の冷麺では盛岡冷麺が有名です。東北地方の冷麺の由来、気になりますよね。
すっかり日本の夏に溶け込んだ冷麺。ここでは、冷麺のおすすめの具、人気の具をご紹介します。

おすすめの具【ヘルシー】編

夏にぴったりの冷麺ですが、なんだかマンネリ化してしまっている方も多いのではないでしょうか。そこで、まずはヘルシー派におすすめの具材から見ていきましょう。

1. 海鮮冷麺

ニンニクの効いた中華風冷麺です。ぷりぷりのエビやホタテなどたっぷりの海鮮ときゅうりをのせていただきます。ニンニクと白ネギに、そしてお酒を加えるのがポイントです。白ゴマの食感がアクセントになり、食が進みます。

2. 野菜冷麺

にんじんやキャベツ、もやしなど野菜をたっぷり使ったヘルシーな冷麺です。細ネギにハムも加えることで、彩りも良くなるだけでなく、食感の違いも楽しめます。キャベツは千切りにするのがポイントです。

タレはポン酢ベースでもゴマダレでも良いですね。仕上げに白ごまをかけていただきましょう。

3. 枝豆と胡麻の中華味冷麺

枝豆と胡麻の中華冷麺です。冷麺と枝豆、一見意外な組合せですが、どちらも夏に欠かせない食材!やはり相性は抜群です。

夏野菜をふんだんに使い、豚の挽肉もたっぷり使うことでスタミナアップ!体力が奪われがちな夏場に嬉しいメニューですね。
▼こんな冷麺はいかが?

おすすめの具【ボリューム満点】編

1. ステーキを乗せたガッツリ冷麺

「夏の暑気を追い払うにはパワーをつけたい!」そんな時にはやっぱり、お肉をたっぷり食べたいですよね。ステーキを載せたガッツリ冷麺で夏を乗り切りましょう。

ステーキだけでは栄養面が気になるため、たっぷりの野菜、そして、ゆで卵も添えましょう。ポイントはタレになるのですが、ごまだれなどがおすすめです。最後にプチトマトを添えて清涼感が出て、彩りも良くなります。

2. ピリ辛肉味噌冷麺

冷麺の上にモヤシとニラ炒め、そして肉みそと温泉卵を乗せたボリュームたっぷりの逸品です。ただでさえ食欲がなくなりがちな夏にこれは重たい・・・と思いがちですが、これがまた、暑い夏にとても合うのです。

土台にひいたトマトが口の中で清涼感をプラスし、ぺロリと食べられてしまいます。卵をよく麺と絡めていただきましょう。

3. 揚げナスとネギの冷麺

揚げナスとネギやミョウガなどの薬味をたっぷり添えた冷麺です。よく冷えたナスは、ほてった体を落ち着かせてくれますよ。

お好みで桜エビを入れると彩りも良くなり、食感の違いも楽しめておすすめです。白ごまを仕上げにふりかけ、よく混ぜていただきましょう。

おすすめの具材【変わりダネ】編

1. ハーブとタコのビビン冷麺

ボイルしたタコと、たっぷりのハーブを添えた、女性に好まれそうな冷麺です。プチトマトを入れることで彩りも良くなりますね。

ハーブはお好みのもので構いません。近年流行のパクチーなどをたっぷりと入れれば、清涼感もあり、デトックス効果も期待されているため、良いですね。

2. 鶏胸肉とパプリカの冷麺

おもてなし料理にもなりそうなオシャレな冷麺です。

鶏胸肉を塩麹に漬け込み、それにブラックペッパーで味を封じ込めて、ラップをかけて蒸すのがポイント。さらに大根やトマトにアボガドのスライスを和えると香ばしい風味が引きたち、まるでパスタを思わせるような冷麺の誕生です。黄色やオレンジのパプリカを添えるのもいいですよ。

3. 冷麺のカプレーゼソース

冷凍スパゲティを使った冷麺です。この時点で冷麺なのかわかりませんが、冷やした麺ということでいいことにしましょう。

生ハムとトマトと、モッツァレラチーズを付け加えると、女性ウケするヘルシーな冷麺に仕上がります。モッツァレラチーズはバジルソースと和えるのがポイントです。冷凍スパゲティは、水をしっかり抜かないと味が水っぽくなるため注意してくださいね。

冷麺といえば盛岡冷麺!

盛岡製麺はその名の通り岩手県盛岡市の名物麺料理です。盛岡と言えば「わんこそば」が有名ですが、それにもうひとつ、「じゃじゃ麺」と並んで、盛岡の三大麺と呼ばれているのです。

辛味のある冷麺として有名で、盛岡では焼き肉店に必ず置いてあるということですから、土地柄ということですね。

盛岡冷麺がどれほどスゴイかというと、冷麺としては唯一、公正取引委員会に承認されているのです。冷麺の前に地名が来るのは盛岡冷麺と他には別府冷麺だけですから、それだけでもすごいことなのが分かりますね。
▼盛岡名物「じゃじゃ麺」のおすすめレシピも、ぜひ!

盛岡冷麺の人気店3選

1. 盛楼閣

岩手県盛岡市にある盛岡製麺の「盛楼閣 (せいろうかく)」です。盛岡市に来た観光客は必ず訪れるという、盛岡観光の定番となっているのだとか。

まさに盛岡冷麺を代表する存在なのですが、店内は至ってフレンドリーな優しさに満ちています。

食堂園とぴょんぴょん舎という二つの盛岡冷麺の元祖が有名ですが、この盛楼閣は、盛岡冷麺とは言わずに、盛楼閣冷麺とメニューに書いているほど、自前の冷麺に自信を持っているお店です。もちろん、それに違わぬ絶品の味わいですよ。

シンプルな盛楼閣冷麺がオススメなのですが、素直に盛岡冷麺とは言わないがんこさが人気となっているのかもしれません。

店舗情報

■店舗名:盛楼閣
■最寄駅:盛岡駅
■住所:盛岡市盛岡駅前通15-5 ワールドインGENプラザ 2F
■電話番号:019-654-8752
■営業時間:11:00~翌2:00
■定休日:年中無休
■参考URL:https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000020/
■公式HP:http://www.gen-plaza.com/

2. ぴょんぴょん舎

伝統のコシの強いシコシコした食感の冷麺が特徴の盛岡冷麺を頑固に引き継いでいるぴょんぴょん舎です。

盛岡市の本店の他に、銀座にお店を開いているのも盛岡冷麺に大きな自信があるからでしょう。伝統の韓国風冷麺の他に、生野菜たっぷりのセンナムル冷麺、漢方薬として名高い桑の葉を添えた冷麺の桑の葉冷麺など、ぴょんぴょん舎独自の冷麺も人気を呼んでいます。

ちなみに食堂園が盛岡冷麺の元祖であることは、間違いないのですが、盛岡冷麺という名前のきっかけとなったのがぴょんぴょん舎というのが、地元では有名な話として残っています。

昭和61年に盛岡で「ニッポンめんサミット」が開催されたのですが、そのサミットで、ぴょんぴょん舎の冷麺が大人気となったのです。それがきっかけとなって「盛岡冷麺」という呼び名が誕生しました。そのため、ぴょんぴょん舎も「盛岡冷麺」の元祖と言ってもいいのです。

店舗情報

■店舗名:ぴょんぴょん舎 稲荷町本店
■最寄駅:青山駅
■住所:盛岡市稲荷町12-5
■電話番号:050-5571-6170
■営業時間:11:00~23:30(L.O.22:30)
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000008/
■公式HP:http://www.pyonpyonsya.co.jp/

3. 食道園

盛岡冷麺の元祖中の元祖と呼ばれているのが食道園です。それもそのはず、楊龍哲(よう りゅうてつ)さんが1954年に、盛岡市内でこの食堂園を開業したのが始まりです。つまり、それ以前には日本に冷麺はなかったことになるのです。意外と冷麺の歴史は新しいと言えますね。

当時は盛岡冷麺という名前はありませんでした。今で言うとご当地グルメの元祖とも言える盛岡冷麺ですが、その名前ができたのは昭和61年ということです。この年に「ニッポンめんサミット」が開かれたのがきっかけです。それが10月17日だったのですが、この日が「盛岡冷麺の日」となったのです。

食堂園は焼き肉屋なのですが、ここでの締めは冷麺と相場が決まっています。辛い焼き肉に辛い冷麺ですが、辛さは調節できるので甘い冷麺もおいしいですよ。

キムチが入っているので、最初からキムチを別にしてくれる、別辛を選んだほうがいいいでしょう。冷麺のコシが強く、そしてどこまでも辛い食堂園の冷麺は、盛岡冷麺の元祖という名に恥じないものです。

店舗情報

■店舗名:食道園
■最寄駅:上盛岡
■住所:岩手県盛岡市大通1-8-2
■電話番号:019-651-4590
■営業時間:[月~土]ランチ 11:30~15:30(L.O.15:20頃)ディナー 17:00~24:00 [日・祝]ランチ 11:30~15:30 ディナー 17:00~22:00
■定休日:第1、第3火曜日
■参考URL:https://tabelog.com/iwate/A0301/A030101/3000025/

冷麺の具はアレンジ自由自在!

冷麺にまつわる豆知識からおすすめのレシピまでご紹介しました。どれも、とても食べやすくシンプルで誰にも簡単に作れるものばかりのため、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

これで盛岡冷麺の虜になってしまったら、将来に向けて盛岡観光の楽しみが増えたと言ってもいいでしょう。今では盛岡冷麺も全国区になりました。暑い夏に辛い冷麺で暑気をやっつけるもよし、冬の寒いときこそ冷麺を食べるのも良いでしょう。

いずれにしても、野菜もたっぷり食べられ、様々なアレンジが効く冷麺は季節に変わりなく食べたいものですね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

牛肉 レシピ まとめ

みなさんは牛肉と玉ねぎがあったら、なにを作りますか?牛肉をおいしく食べるには、牛肉を如何に柔らかく食べやすくするかを考えるといいでしょう。煮ても炒めてもよし。どんな風に料理してもおいしくいただける、そんなレシ…

かぼちゃ サラダ スープ まとめ

夏から冬にかけて旬を迎えるかぼちゃは、ほくほくとした食感と程よい甘味さで、煮物やサラダ、お菓子までレシピが豊富にあります。今回は、定番からアレンジまで人気のかぼちゃレシピを紹介!1個買ったら、食事からスイーツ…

クッキー レシピ スイカ まとめ

打ち上げ花火やスイカ、貝殻など、夏の風物詩をクッキーにしてしまう「夏クッキー」がinstagramやレシピサイトなどで話題になっていることをご存知でしょうか。今回は涼しげな夏クッキーの作り方や、楽しいアレンジ…

レシピ サラダ まとめ

もやしは季節を問わずスーパーで手に入る食材で、価格も安く人気の食材です。他の食材との相性もよく、ナムルやサラダ、炒め物、蒸し料理、鍋物などレシピも多数あり、いろいろな料理に使えます。今回はそんな万能食材「もや…

まとめ

プロがつくったのかと思うほど、素晴らしいクオリティのキャラ弁がたくさんSNSに投稿されています。その中でも根強い人気を誇るキャラ弁がアニマル弁当。びっくりするようなかわいい動物達がたくさん♩今回はかわいいキャ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

メイソンジャー パスタ サラダ レシピ まとめ

もうすっかりおなじみとなったメイソンジャー・サラダ。パスタサラダにすれば一品でしっかりお食事として召し上がっていただけます。液漏れも少ないメイソンジャーなら、おしゃれなお弁当としてもいいですね!

レシピ まとめ お弁当 寿司

巻き寿司は子供も大人も好きですよね!色目も美しいしおいしいし、お花見を始めとしてこれからの行楽シーズン、お弁当に入れるのもいいですね。皆さんの工夫をこらしたレシピをご紹介します。是非参考にしてみてくださいね☆

まとめ レシピ ドリンク

品薄商法疑惑で話題になったあの商品も、ホエーが主な原料でしたよね。水切りヨーグルトが流行り始めてからその残りの水分「ホエー」にも注目が集まり始めています。そのホエー、すてずに美味しく活用しましょ☆

塩麹 甘酒 レシピ まとめ

今なにかと話題の酵素が豊富で旨みもたっぷりの麹。日本伝統の調味料のもとでもある麹は、体にいいとわかっていても実際どう使っていいかよくわからないという人も多いのでは?そんな麹を使った簡単レシピをご紹介いたします!

レシピ まとめ

あつ〜い夏に向けて元気でいるためには、やっぱり美味しいものを食べるのが基本!『なめろう』って知ってますか?房総半島を中心とする郷土料理でいわゆる鯵の“たたき”です。作り方もとても簡単♪そんなお酒にも合うなめろ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

家庭でおいしい天然水が飲めるウォーターサーバー。「ペットボトルのお水より贅沢……」と使うのを諦めていませんか?「プレミアムウォーター」なら、サーバーレンタル料、送料がかからないんです!飲み水や料理に取り入れて…

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

レシピ おやつ お好み焼き

お箸にくるくる巻いて食べる「どんどん焼き」のレシピをご紹介します。片手で食べられる、お祭りの屋台を思い出しますね♩たっぷりのソースがたまりません!手軽に作れるので、おやつや小腹が空いた時などにぴったりのレシピ…

「鬼おろし」という調理器具をご存知でしょうか?最近ではメディアでも取り上げられることがあり、注目を浴びているんですよ。今回は、そんな鬼おろしの魅力からおすすめ商品、活用レシピなどをご紹介したいと思います!

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る