ローディング中

Loading...

栄養満点で様々なお料理に使えるニラ。日持ちしない野菜ですが、保存方法で長持ちさせることもできるんですよ。今回は、ニラの賢い保存方法と保存したニラをおいしく食べられるおすすめレシピをご紹介。ニラの使い方が変わるかもしれませんよ。

ニラを長持ちさせるにはどうすればいい?

餃子や麻婆豆腐、ニラレバ炒め、チヂミなど……あらゆる料理に活躍してくれるニラ。独特のニオイがあるものの栄養価が高く、ビタミンA、C、カルシウムなどが豊富に含まれています。スタミナ増強や冷え症、貧血の改善、免疫力を高めるなどの期待ができるため、積極的に摂りたい野菜のひとつですよね。
しかし、ニラは傷みやすく、鮮度が落ちると香りや風味が落ちていきます。そのため、買ったあとは、できるだけその日のうちに使ッた方がよいでしょう。使う分量だけを買うのが1番ですが、1束単位で販売されているニラは、残ってしまうときもありますよね。そこで、今回はニラの保存方法と保存しておいたニラをおいしく食べるおすすめレシピをご紹介。少しでもニラを長持ちさせて、最後までおいしくいただきましょう。

新鮮なニラの選び方

ニラを長持ちさせるためには、新鮮なものを購入することが大前提。では、どのようなものを選べば新鮮なのでしょうか。選び方をご紹介します。

葉の色が濃いもの

ニラは、鮮度が落ちると、葉の色の緑が薄くなり、黄みを帯びてきます。そのため、購入時は、できるだけ葉の色の緑が濃く艶があり、しっかりしているものを選びましょう。また、手で束の根もとを持った時に、大きく曲がらずピンと立つものを選ぶと良いですね。しなびていたり、持った時にふにゃりと先が垂れ下がるようなものは食べ頃を過ぎてしまっている可能性がありますので、避けたほうがよいですよ。

切り口がみずみずしいもの

切り口がみずみずしく、新しいものを選びましょう。また、葉が折れるとそこから傷み始めるため、折れた葉がないものがいいですね。

常温で保存する場合

ニラの適正保存温度は0~5℃のため、常温での保存には適していません。しかし、冷蔵庫がいっぱいで入らないなど、どうしても常温で保存しなければならない場合は、根元の部分に濡れたキッチンペーパーなどをあてて、全体を新聞紙で包みましょう。ニラは乾燥しやすいのでビニール袋に入れた状態で立てて保存します。その際は葉を折らないように注意してくださいね。

常温保存期間

常温でそのまま保存する場合の保存期間は、3日程度です。ですが、これはあくまで目安であり、その時の気温や湿度によっても変動しますので、食べる際は上記でご紹介した新鮮なニラのポイントを参考にしてくださいね。

冷蔵保存は野菜室で!

ニラを冷蔵庫で保存する場合も、根元部分に塗れたキッチンペーパーをあてて、全体を新聞紙で包みましょう。それをビニール袋に入れ、野菜室で立てて保存すると長持ちします。あるいは、濡れた新聞紙で全体を包みビニール袋に入れる方法もあります。ビニール袋に全体が入らないようなら、上からもビニール袋をかぶせましょう。こちらも、保存する際にニラを折らないよう注意してくださいね。
ニラを切ってから保存する場合は、タッパーに入るくらいの長さに切り、タッパーに入れた後に、ひたひたになるくらいまで水を入れて冷蔵庫で保存します。水を2日に1度の頻度で交換すると長持ちするようです。

冷蔵保存期間

ニラをそのまま、もしくは食べやすいようカットのみして保存した場合は3~4日程度が保存期間とされています。一方、切って水に浸けた状態で保存した場合は1週間程度保存が可能です。水に浸ける方法はひと手間かかるものの、直近でニラを使う予定がないのであればこちらがおすすめです。使用する予定や献立に応じて、様々な保存方法を試してみてくださいね。

ニラの冷凍保存方法

ニラは、基本的にはあまり冷凍に向いている野菜ではありませんが、コツをおさえれば冷凍保存も可能です。ニラを冷凍保存する場合は、まずニラを軽く水で洗いましょう。水気を切ってカットしたら、使う量に小分けして平たくラップに包むか、タッパーかフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存しましょう。

冷凍保存期間

冷凍保存した場合の保存期間は、1か月程度です。ですが、日にちの経過とともに、風味は少しずつ落ちていきますので、なるべく早くいただきたいですね。

解凍方法

ニラは、冷凍するとシャキシャキの食感が弱くなり、ペタっとしてしまいます。そのため、シャキシャキ感を残したい炒め物やサラダなどには向かなくなりますが、汁物の具材やニラ玉など、しっかりと火を通す料理には使えます。また、使う際は解凍せず、凍ったままの状態で火にかけて使うようにしましょう。その方がニラの風味や栄養を損なわず、おいしくいただくことができますよ。

保存したニラを活用!おすすめレシピ

それでは、保存したニラが活用できる、おすすめのレシピをご紹介します。どれも簡単にできますので、おかずをひとつ増やしたい時にぴったりですよ。

1.ニラの醤油漬け

なるべく細かくニラを刻みます 。タッパーに輪切りにした鷹の爪と調味料と一緒にニラを入れて混ぜ合わせます。 冷蔵庫に入れて半日以上漬けてください。よく味のしみたニラは冷奴にのせたり、お肉やお魚のソテーにかけたり、お料理にアクセントを加えてくれる常備したくなる薬味です。保存の目安は、冷蔵庫で5日から1週間。

2.ニラ餃子

ボウルに豚挽き肉、みじん切りにしたニラとキャベツを入れ、調味料を入れて混ぜます。できたタネを餃子の皮に包み、フライパンに油をひいて、餃子を並べ、焦げ目がつくまで両面焼いたらできあがり。ニラといえば、やっぱり餃子!ぜひ、試してみてくださいね

3.ニラ入り肉味噌

挽き肉をフライパンでよく炒め、皿に取り出しておきます。挽き肉を焼いて残った油で、粗みじんにした玉ねぎとレンコンをしんなりするまで炒めます。フライパンに挽き肉と調味料を入れ、粗みじん切りにしたねぎとニラを加えてよく混ぜます。
5分煮たらできあがり。うどんやそうめんに乗せたり、チャーハンや麻婆豆腐に使えるなど便利な作り置きおかずになります。いろいろな野菜がたっぷり食べれるのも嬉しいレシピです。

4.ニラハンバーグ

ボウルに、挽き肉、みじん切りにしたニラ、塩こしょう、卵、片栗粉を入れ、しっかり混ぜます。 好みの形に成形して、フライパンで焼いたら、仕上げにごま油を回し入れてできあがり。ポン酢に大根おろしを添えたタレをつけて食べるとさらにおいしいですよ。餃子と同じ材料でできるので、皮を買い忘れた!という時の代用レシピにもなりますよ。

5.ニラのオムレツ

フライパンで挽き肉を炒め、調味料を加えます。 ボウルに卵を溶きほぐし、ニラと炒めた挽き肉を加えます。熱したフライパンにニラ入りの卵液を流しいれ、表裏を焼きあげればできあがりです。豚肉とニラに組み合わせは疲労回復にも。ボリュームがあって簡単にできる、忙しい時のぴったりのひと品です。

ニラをおいしく食べて健康!

ニラの保存についていかがでしたか?冷凍保存すればさらに長く活用できますよね。ニラは、体を温める効果や風邪予防など、日頃の体調管理を助けてくれる効果がいっぱいですから、寒い季節にのお食事にとってもおすすめです。ニラを上手に保存して、ぜひいろいろなお料理をたのしんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

彩の綺麗なインゲンっていろいろ使えて便利ですよね。でも、ベストな茹で時間をご存じですか?茹ですぎたり固すぎたりしていませんか?今回は、インゲンの一般的な茹で時間を中心に、冷凍用の茹で時間、時短のレンジテクまで…

豚肉 チーズ おつまみ おやつ じゃがいも レシピ

「フライドポテトが無性に食べたい!」という時ありませんか?今回はそんな時にオススメな「プーティン」のレシピです。ポテトと豚バラ肉のカリカリ食感と甘じょっぱいグレイビーソースの味わいがたまらないひと品です。たま…

レシピ 中華 チャーハン

少し入れるだけで、お店で食べるような味になるウェイパーは人気の調味料。ご自宅にない場合、何かで代用できないものでしょうか?あの味をキッチにある何かで代用ができたら、いつでも炒め物や汁物がおいしく作れますよ!身…

和菓子 おやつ いちご レシピ

今回ご紹介するのは、「妖怪おはぎ」のレシピです。その名の通り、なんとも言えないブサカワ感あふれるひと品。もちもちの食感と、香り豊かなきな粉と黒ごまが相性抜群!いちごの酸味もプラスされ、さっぱりと食べやすく仕上…

様々なメニューに使用することも多い、いんげん、みなさんは、いんげんの上手な下ごしらえの方法ってご存知ですか?下ごしらえをしっかりと行うと、食感がよくなり、さらにおいしくいただけるんですよ。おすすめレシピも併せ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ワイン ぶどう

アサヒビールが大々的に発売を発表した新作国産ワイン「サントネージュ 摘みたての贅沢」。豊かな果実感にこだわったという味と香りは、デイリーワインの常識を大きく覆すものでした!今回は、大注目のこの商品の詳細をレポ…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

レシピ アメリカ スープ トマト

ガンボはアメリカルイジアナ州発祥の煮込みです。もともとはフランス料理のブイヤベースが基本になっています。オリジナルレシピではとろみをつけるのはオクラを使うんですよ!料理名の「Gumbo」実は「オクラ」っていう…

原宿 まとめ カフェ 東京

原宿・表参道でおすすめのカフェをご紹介。ソファのあるカフェならお家気分になれて、ほっこりしますよね。今回はソファシートのあるカフェを集めました。かわいいお店から一人でも寛げるお店まであるので、利用シーンに合わ…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...