ローディング中

Loading...

栄養満点で様々なお料理に使えるニラ。日持ちしない野菜ですが、保存方法で長持ちさせることもできるんですよ。今回は、ニラの賢い保存方法と保存したニラをおいしく食べられるおすすめレシピをご紹介。ニラの使い方が変わるかもしれませんよ。

ニラを長持ちさせるにはどうすればいい?

餃子や麻婆豆腐、ニラレバ炒め、チヂミなど……あらゆる料理に活躍してくれるニラ。独特のニオイがあるものの栄養価が高く、ビタミンA、C、カルシウムなどが豊富に含まれています。スタミナ増強や冷え症、貧血の改善、免疫力を高めるなどの期待ができるため、積極的に摂りたい野菜のひとつですよね。
しかし、ニラは傷みやすく、鮮度が落ちると香りや風味が落ちていきます。そのため、買ったあとは、できるだけその日のうちに使ッた方がよいでしょう。使う分量だけを買うのが1番ですが、1束単位で販売されているニラは、残ってしまうときもありますよね。そこで、今回はニラの保存方法と保存しておいたニラをおいしく食べるおすすめレシピをご紹介。少しでもニラを長持ちさせて、最後までおいしくいただきましょう。

新鮮なニラの選び方

ニラを長持ちさせるためには、新鮮なものを購入することが大前提。では、どのようなものを選べば新鮮なのでしょうか。選び方をご紹介します。

葉の色が濃いもの

ニラは、鮮度が落ちると、葉の色の緑が薄くなり、黄みを帯びてきます。そのため、購入時は、できるだけ葉の色の緑が濃く艶があり、しっかりしているものを選びましょう。また、手で束の根もとを持った時に、大きく曲がらずピンと立つものを選ぶと良いですね。しなびていたり、持った時にふにゃりと先が垂れ下がるようなものは食べ頃を過ぎてしまっている可能性がありますので、避けたほうがよいですよ。

切り口がみずみずしいもの

切り口がみずみずしく、新しいものを選びましょう。また、葉が折れるとそこから傷み始めるため、折れた葉がないものがいいですね。

常温で保存する場合

ニラの適正保存温度は0~5℃のため、常温での保存には適していません。しかし、冷蔵庫がいっぱいで入らないなど、どうしても常温で保存しなければならない場合は、根元の部分に濡れたキッチンペーパーなどをあてて、全体を新聞紙で包みましょう。ニラは乾燥しやすいのでビニール袋に入れた状態で立てて保存します。その際は葉を折らないように注意してくださいね。

常温保存期間

常温でそのまま保存する場合の保存期間は、3日程度です。ですが、これはあくまで目安であり、その時の気温や湿度によっても変動しますので、食べる際は上記でご紹介した新鮮なニラのポイントを参考にしてくださいね。

冷蔵保存は野菜室で!

ニラを冷蔵庫で保存する場合も、根元部分に塗れたキッチンペーパーをあてて、全体を新聞紙で包みましょう。それをビニール袋に入れ、野菜室で立てて保存すると長持ちします。あるいは、濡れた新聞紙で全体を包みビニール袋に入れる方法もあります。ビニール袋に全体が入らないようなら、上からもビニール袋をかぶせましょう。こちらも、保存する際にニラを折らないよう注意してくださいね。
ニラを切ってから保存する場合は、タッパーに入るくらいの長さに切り、タッパーに入れた後に、ひたひたになるくらいまで水を入れて冷蔵庫で保存します。水を2日に1度の頻度で交換すると長持ちするようです。

冷蔵保存期間

ニラをそのまま、もしくは食べやすいようカットのみして保存した場合は3~4日程度が保存期間とされています。一方、切って水に浸けた状態で保存した場合は1週間程度保存が可能です。水に浸ける方法はひと手間かかるものの、直近でニラを使う予定がないのであればこちらがおすすめです。使用する予定や献立に応じて、様々な保存方法を試してみてくださいね。

ニラの冷凍保存方法

ニラは、基本的にはあまり冷凍に向いている野菜ではありませんが、コツをおさえれば冷凍保存も可能です。ニラを冷凍保存する場合は、まずニラを軽く水で洗いましょう。水気を切ってカットしたら、使う量に小分けして平たくラップに包むか、タッパーかフリーザーバッグに入れて冷凍庫で保存しましょう。

冷凍保存期間

冷凍保存した場合の保存期間は、1か月程度です。ですが、日にちの経過とともに、風味は少しずつ落ちていきますので、なるべく早くいただきたいですね。

解凍方法

ニラは、冷凍するとシャキシャキの食感が弱くなり、ペタっとしてしまいます。そのため、シャキシャキ感を残したい炒め物やサラダなどには向かなくなりますが、汁物の具材やニラ玉など、しっかりと火を通す料理には使えます。また、使う際は解凍せず、凍ったままの状態で火にかけて使うようにしましょう。その方がニラの風味や栄養を損なわず、おいしくいただくことができますよ。

保存したニラを活用!おすすめレシピ

それでは、保存したニラが活用できる、おすすめのレシピをご紹介します。どれも簡単にできますので、おかずをひとつ増やしたい時にぴったりですよ。

1.ツナとニラの卵焼き

ニラは長さ2~3cmに、ニンジンはせん切りにします。卵を溶いてコショウを振り、ニンジン、ニラ、油をきったツナを混ぜ合わせます。

熱したフライパンにゴマ油をひき、一気に流し入れます。半熟状になったら半分に折り返し、両面焼いたらまな板にのせ、切ってお皿に乗せ、大根おろしにしょうゆやポン酢を添えれば完成です!

2.ニラ餃子

ボウルに豚ひき肉、ニラ、キャベツ、白ネギ、<調味料>の材料を入れ、よく混ぜ合わせます。

餃子の皮に混ぜ合わせたタネをのせ、皮のフチに水をむり、包みます。フライパンにサラダ油を中火で熱し、餃子を焼きます。

餃子が1/4つかるくらいまで分量外の熱湯を入れ、強めの中火にかけます。煮たったらフライパンに蓋をして中火で蒸し焼きにします。

蓋を取り、強火にして底の水気を完全に飛ばし、ゴマ油を少量、縁から流し入れ、焼きます。器に盛り、<つけダレ>の材料を添えれば完成です!

3.モヤシの肉みそ炒め

フライパンにゴマ油を熱して豚ひき肉を炒め、色が変わったらニンニクと豆板醤を加え炒めます。

モヤシ、ニラ、白ネギを加えて炒め、しんなりしたら<調味料>を加え炒めて器にうつせば完成です!

4.餃子メンチカツ

ボウルに<具>と<合わせ調味料>の材料を合わせ、混ぜ合わせます。手に分量外のサラダ油をぬり、<具>と<合わせ調味料>を混ぜ合わせたものを小判型に整えます。薄く小麦粉を振り、溶き卵、パン粉の順に<衣>をつけます。

揚げ油に入れ、キツネ色に揚げて油をきる。器に<添え野菜>、<ソース>と盛り合わせれば完成です!

5.ニラのオムレツ

ニラは根元を切り落として、<卵液>の材料と混ぜ合わせます。フライパンにゴマ油を中火で熱し、切り落としたニラを流し入れて大きく混ぜ、半熟状になったら巻けば完成です!

ニラをおいしく食べて健康!

ニラの保存についていかがでしたか?冷凍保存すればさらに長く活用できますよね。ニラは、体を温める効果や風邪予防など、日頃の体調管理を助けてくれる効果がいっぱいですから、寒い季節にのお食事にとってもおすすめです。ニラを上手に保存して、ぜひいろいろなお料理をたのしんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ キャベツ じゃがいも まとめ

玉ねぎのお味噌汁は、玉ねぎの甘みがあっておいしいですよね。一緒に入れる具材はじゃがいもやキャベツが定番ですが、他にもおいしく食べられるものがありそうです。どんな具材と相性がいいのか、今回は厳選した15種類のレ…

美しい琥珀色のお酒、ブランデー。水割りやソーダ割りなど飲み方によって、また、種類によって女性でも飲みやすくなります。今回は、グランデーの飲み方、種類、おすすめ銘柄など、数百年の歴史を持つ蒸留酒の魅力に迫ります。

レシピ まとめ

今日は生姜焼きにしよう!と決めても、なんだか献立が物足りない……なんて経験ありませんか?残りのメニューは何にしよう?と困ってしまうこともしばしば。そんな時にオススメの、生姜焼きによく合う汁物や副菜、主菜などを…

レシピ まとめ

ジューシーな味わいで人気のロールキャベツ。ロールキャベツの日の献立はどうしていますか?パンやご飯をつけ合わせるだけでもよいのですが、副菜をプラスしてバランスよく立てたいもの。きっと役立つロールキャベツにおすす…

ちくわ 鶏肉 レシピ まとめ

海苔や青のりを衣に使った「磯辺揚げ」。お弁当や居酒屋の定番メニューなので、誰でも一度は食べたことがあるのでは?この磯辺揚げ、作ってみるといろいろな食材にピッタリなんです!野菜や肉、魚介類と多彩なレシピがあるの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク フルーツ ピザ まとめ

世界でも自動販売機が多いことで有名な日本ですが、そんな自販大国日本に住んでいる僕らでも、信じられないような自販機が世界にはあります。その中でも特に驚きのものをまとめてみました。

まとめ

あの芸能人も行い、実際に痩せたというダイエット方法をまとめました。美しさを保つために芸能人の方々も様々な努力をしているようですね!皆さんも参考にして始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

入浴剤に飽きたらこんなものを入れてみてはいかがでしょうか?冬のお風呂に入れたいおすすめの食材を紹介します。保湿効果や美肌効果もあり、冬の乾燥肌にもぴったり!お家にあるもので簡単にできるのも嬉しい♪

日本酒 ワイン まとめ

日本酒というとちょっと飲みにくいイメージを持つ人もいると思いますが、最近ではワインやシャンパン、リキュールみたいに飲みやすい、新感覚の日本酒が続々と登場しています!今回は、その中でも注目の15種類をまとめてみ…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓で悩んだらぜひ読んでみてくだ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

爽やかな柑橘の香りと全く甘くない味わいでお肉料理と相性抜群な「ウィルキンソン・ハード」。ベランダでキャンプ気分を楽しむベランピングにおすすめなんです!こんなにお肉料理に合うのはなんで?おしゃれにベランピングを…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

イワシ おつまみ 缶詰

ささっと済ませたい時や、おつまみにちょうどよい「いわしの水煮缶」。コンビニでも売っていて、温めもせずそのままでおいしいのが嬉しいですね。そんないわしの水煮、実は圧力鍋で作れます!もちろん骨まで柔らかです。

脂質50%OFF、糖質40%OFF、178kcalを実現した話題のカップ麺「カップヌードルナイス」が発売中!ヘルシーなのにこってりという矛盾をクリアしたこの商品を、ふつうのカップヌードル、シーフードヌードルと…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る