ローディング中

Loading...

連載:一日一皿。きょうのおつまみ

和食の定番、イカ大根。よく味が染み込んだ大根に、やわらかなイカがしみじみおいしいひと品ですよね。大根の下処理さえすませば、鍋ひとつで簡単にできあがります。晩酌でイカ大根を出すと、喜ばれること間違いなしです!ぜひ、作ってみてくださいね〜。

コツを押さえておいしいイカ大根を作ろう

イカの香りが全体に広がり、煮汁に染まりほっくりと炊き上がった大根。イカ大根は、お酒を呑む時に出されると嬉しい鉄板料理ですよね。和食というと難しく感じがちですが、コツさえ押さえればそんなに難しくありません。

大事なのは、しっかりと大根を下茹でして味しみを良くすること。そしてイカを煮すぎて硬くしないこと。この2つに気をつければ、調味料は必要最低限でも、イカから旨味が出るので勝手においしくなってくれるんです

イカのさばき方も、魚をさばくことに比べて実はとっても簡単。この機会に、ぜひチャレンジしてみませんか?

『イカが柔らか!イカ大根』の作り方

分量(2人分)

イカ 1ぱい
大根 1/4本(350〜400g)
刻みネギ おこのみで
米(なければ省略可) 小さじ1
A 水 250cc
A 酒 50cc
A 砂糖 大さじ1
醤油 大さじ2
みりん 大さじ1

作り方

①大根は皮を剥き、1.5〜2cmの厚さに輪切りし、半月状に切る。
②鍋に米を混ぜたたっぷりの水を用意し、大根を水から15分ほど煮て柔らかくする。
竹串を刺した時にすっと入るようになれば、茹で上がりです。米のとぎ汁を使用すると大根の臭みがぬけますが、ない場合は省略しても大丈夫です。
③イカをさばく。
写真のように胴体に指を入れて、くっついている部分を離していきます。離し終わったら、左手で胴体を持ち、右手で目やゲソの部分を持ってゆっくりと引っ張ると、①胴体と②内臓・ゲソ部分の2つに分かれます。
取り出した内臓は使わないので、目の下1〜2cmのところで切り落とし、ゲソと分けましょう。胴体に写真中央に写っている軟骨が残っていることがあるので、確認して取り除きましょう。あとは外側、内側の両方を流水で洗えば、イカのさばきは完成!
胴体は輪切りにし、ゲソやミミは食べやすい大きさに切りましょう。胴体の根本(目に近い部分)には硬い部分があるので、輪切りにする際に包丁でこそぎ落とすといいですよ。
④鍋に大根、イカ、Aを加えてひと煮立ちする。
⑤沸いたら弱火にして5分ほど煮て、アクを取り除く。
火が強いとイカが固くなってしまいます。沸騰したら、必ず弱火に。
⑥醤油とみりんを加えてひと煮立ち。
⑦落し蓋をして、弱火で20〜30分煮て、冷ます。
醤油とみりんを加えてひと煮立ちしたら、火加減はとろ火〜弱火にしてじっくりと火を入れましょう。煮物は火を止めてから味が染みます

煮たあとは、必ずいったん冷まして味を染み込ませましょう。余熱でイカが柔らかく仕上がり、大根にもよく味が染みるようになります。

ネギを散らして、できあがり

食べる直前に、軽く温めてお召し上がりください。イカのほんのり赤みがかった色に煮汁が染まって、食欲をそそります。イカの柔らかさに驚きますよ!じゅわっと味が染み込んだ大根も絶品です。

色は濃いですが、イカの色の影響もあるので味はくどくありません。見た目よりすっきりとした後味で、どんどん箸が進みます。

できたてよりも、作り置いておいた方がおいしいので、晩酌にはもってこいです!ビールにハイボール、酎ハイ、日本酒に梅酒など、お好きなお酒と合わせてお楽しみください。

《一日一皿。きょうのおつまみ》の記事一覧

きのこ パスタ 〆ご飯 おつまみ

お酒を飲んだ後、ちょっとお腹に入れたいことってありますよね。「でも、カロリーが気になるし……」と躊躇してしまう時は、ローカロリーな和風パスタはいかがでしょう?しめじをたっぷり使用。…

大根 和食 おつまみ

リーズナブルで脂が乗ったぶりのあら。くさみ抜きが大変そうに思うかもしれませんが、実はとってもカンタン!骨から旨味が滲み出て、寒い日にほっとする煮物です。今回は、基本の『ぶり大根』をおさらいしてみましょう!

中華料理 中華 にんにく おつまみ

女性にうれしい栄養がたっぷりのレバーを、おいしいおつまみに!強火でジュッと加熱すれば、とってもカンタンにレバーの臭み抜きができますよ。軽く焼き揚げしたレバーに甘辛いタレをからめれば、こたえられない味わいに!

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ まとめ 焼きそば アレンジレシピ

スーパーで3食入りで販売されている焼きそば。そこに一緒についてくる粉末ソースの元。液体ではないので麺が柔らかくなりすぎずちょうどいいんですよね。でも、困るのが余ってしまったとき・・。今回はその余った粉末ソース…

レシピ まとめ

どこのご家庭にもある市販の焼肉のたれ。お肉を焼くのは当然ですが、アッ!と驚く使い方が出来るって知ってましたか?今回は、数あるレシピの中から本当に驚いた作り方をチョイス。自家製のタレの作り方や保存方法も紹介して…

レシピ まとめ フルーツ

レモンカードとはLemon curdと書き、レモンバタークリームということみたいです。イギリス発祥のこのクリームは、イギリスではバケットにたっぷりぬって焼いたものがアフタヌーンティーの定番だそうですよ♪cur…

スイーツ レシピ まとめ お弁当

お弁当にやっぱり入ってると嬉しいデザートですが、あまり汁気のあるものじゃマズいし、ちょっと悩めるところですよね^^;そこで今回はお弁当におすすめのデザートの作り方についてご紹介したいと思います。お弁当作りに参…

レシピ まとめ

タモリさんと言えば、「笑っていいとも」を長年帯番組として司会を務め、ギネスブックに記録を残すほどのすごい人ですが、お料理の腕も絶品。さてそんなタモリさんのレシピを再現している方がやっぱりたくさんいらっしゃるみ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

レシピ おしゃれ まとめ

秋から冬にかけて、紫いもが食べ頃になる季節です。この時期こそ、目を引く色あいの料理を作ってみませんか?メインからスイーツまで幅広く利用出来、美容と健康にもいい紫いもを使わない手はありません!

浅草

浅草やスカイツリータウンにお店を構える「アメシン」。店頭にはシロクマやパンダなど、まるで生きているかのような飴細工がたくさん。繊細できれいな飴細工はお土産にもぴったりですよね。ぜひ、お店に脚を運んでみて下さい。

前田未希

料理家 フードコーディネーター レシピライター 料理教室講師 st...

http://studio-racconto.com/