ローディング中

Loading...

冷めてしまった焼き魚、どうしても上手に温められず、いつもべちゃっとしてがっかり。そんな人におくる失敗しない温め直しのワザです。これさえ覚えておけば、お魚ライフがもっと気楽に楽しめますね。ちょっとの工夫で焼きたての頃のように復活!

焼き魚は熱々で食べたいけれど

魚が体にいいことはわかっているし、旬の焼き魚は本当においしいものです。でも、家族全員がタイミングよく食卓につくのは大変。ときにはできあいの焼き魚も利用したいけれど、温め直すとなんだか生臭い、べちゃっとしてしまうという人が多いのでは。おいしく温めるテクを覚えれば、いつでも香ばしい焼き魚を食卓に並べられますよ。

温め方別のポイントはここ!

電子レンジならラップなし

冷めたおかずを電子レンジで温めるときは、ラップをかけて乾燥を防ぎますよね。でも焼き魚ではNG。ラップをかけることで水分がこもってしまい、魚の表面がパリッと仕上がらないだけでなく、匂いがこもって生臭い印象に。ラップをかけずに表面の水分を飛ばすように温めると、いい感じ。一尾魚の場合、魚の下に割り箸を2本渡して魚をのせると、下側もこもらないので、さらに上手に温められます。

魚焼きグリルならパリッと仕上がる

おすすめなのは、魚焼きグリルで表面をカリッとするように焼き直しつつ温める方法。これならこんがりとした焼き色がよみがえり、香ばしい状態でおいしく食べられます。でも、火力の強い魚焼きグリルで中まで温めようとすると、表面が焦げてしまうことも。こんなときお助けなのが電子レンジで軽く温めてから、グリルに入れるひと手間です。こうすることで、中心までしっかり温まり、熱々になるだけでなく、表面が適度にパリッと焼きあがり、焼きたてと変わらないおいしさに。

オーブントースターは焦げに注意

カリッと仕上げるのなら、オーブントースターも優秀ですが、熱源と魚の距離が近いのが難点。表面だけ急激に加熱されるので焦がしてしまいがち。オーブントースターもグリル同様に、あらかじめ電子レンジで温めて、表面の水分を飛ばしてから焼き上げるといいでしょう。熱源に近い部分が焦げてきたら、アルミホイルをかぶせると均等に焼き上がります。

フライパン+クッキングシートはラクテク

グリルはあと片付けが大変、オーブントースターに魚の匂いがつくのもイヤ!というとき、意外にうまく温められるのがフライパン+クッキングシートの組み合わせ。フライパンの底と同じくらいの大きさに切ったクッキングシートを敷き、魚をのせて加熱すれば、焦げつくこともなく温めることができます。
途中、ひっくり返して両面を焼くときも、クッキングシートを敷いていればくっついてしまう失敗がないんです。脂の多い魚の場合、焼いている途中で脂肪が溶け出してくることも。そんなときにはキッチンペーパーで余分な脂を吸い取ると、ベタつかず、カロリーカットにもなるので一石二鳥。水分が出てきたときも同様です。あらかじめ、小さく折りたたんだキッチンペーパーを用意しておきましょう。

焼き魚を温めるとっておきテク

冷めてしまった魚を温めなおすと、どうしても魚の匂いが出てきてしまうのが難点です。そんなときの秘策が少量の日本酒をかけること。電子レンジでもグリルでも使えるテクです。このほか、照り焼きならしょうゆをほんのひとたらしすると香りよくでき立ての印象に。ムニエルやバター焼きなら、仕上げにバターをごく少量足すと風味が復活しておいしく食べられます。ワインを加えてもいいですね。

冷めた焼き魚はアレンジレシピで

時間のたった焼き魚の食べ方は温めるだけではありません。ちょっとひと手間で、そのまま温めるより何倍もおいしく食べられるアイディアが。わざわざ作ったような凝ったひと品が、残り魚があるだけで簡単にできるのだからうれしい!

余った焼き魚はほぐして出汁茶漬けに

さばやあじなどの青背魚の塩焼きが残ったら、だし茶漬けはいかがでしょう?魚はほぐして骨を取り、熱々ごはんにのせ、沸騰しただしを少量のしょうゆで調味して、ねぎとともにごはんにかけるだけ!わさびを添えれば、お店の締めごはんに負けません。飲んで帰ってきただんなさまの夜食にも喜ばれること請け合いです。

残った焼き魚をふりかけに!

残った塩焼きの魚を使って、翌日のお弁当に役立つふりかけができちゃいます。ぶりやあじなど、魚はなんでもOK。骨を取ってほぐしたら、ごま油少々を加えて炒め、水分が飛んでパラリとしたら酒としょうゆ、みりんなどで甘辛く味付けします。ポロポロになるまで焦がさないように炒りつければでき上がり。熱々ごはんにのせれば、全く違うひと品に。いろいろなお魚で試してみてくださいね。

おいしく温め魚をもっと楽しもう!

焼き魚は焼きたてじゃないとおいしくないと決めつけていませんか?それで焼き魚を敬遠しているのは損。血液をサラサラにしたり脳の働きをよくしてくれる青背魚、カロリー控えめで消化もいい白身魚など、魚は健康にも役立つ食材です。じょうずに焼いて、冷めてもおいしく食べるテクニックを覚えれば、料理上手と呼ばれるだけでなく、ヘルシーな食生活に一歩近づくことができます。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

和食

2013年に無形文化遺産に登録された日本食は、その繊細な味のみならず、盛りつけや器の美しさも注目されています。しかし、海外の日本食チェーン店では、にわかに信じがたいものが“本物の日本食&rdquo…

大根 おつまみ 和食 作り置き

肌寒い季節、アツアツのぶり大根はいかがでしょう?前日に煮て冷蔵庫で寝かせておけば、翌日はしっかりと味が染みて旨みがジュワー!だし不要、切り身を使うお手軽なのに本格的なレシピを紹介します。時間が経つほどに美味し…

和食

滋賀県で発見された「日野菜」という伝統野菜をご存じですか?漬物にすることが多く、辛味と苦味のバランスがいいのでサラダや天ぷらにもぴったり!日野菜の基本的な漬け方、栽培方法、おすすめレシピなどをまとめました。

そば 和食 まとめ

福島県は大内宿の名物「ねぎそば」をご存知でしょうか?お箸の代わりに丸ごとねぎで食べるそばのことです。テレビの旅番組でも取り上げられているんですよ。今回はその歴史や由来、食べ方をお伝えしつつ、今でも味わえるおす…

鎌倉 和食 ランチ

「元麻布かんだ」で修行し、「アコメヤ厨房」で料理長を務めた女性料理長が、鎌倉・長谷に和食店「空花」を2016年9月にオープンしました。土鍋白御飯をはじめ、天然素材を使用した身体の中から美しく綺麗になる和食が提…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ 炊き込みご飯 ラーメン まとめ

突然食べたくなって買ったはいいが、一袋食べ終えるまでに湿気たり飽きたりしがちな「おせんべい」。ほったらかしはもったいない。お米から作られる「おせんべい」を有効活用するレシピを集めてみました。

おしゃれ レシピ まとめ 豚肉

給料日前で家計がピンチ!外食どころか自炊もまともに出来そうも無い…そんなことありませんか?僕はけっこうあります…そんなとき、テンションを下げずに食卓をお安く豪華に、しかも美味しく出…

レシピ アレンジレシピ まとめ

朝食を食べないといけないのはわかってるけど、時間がない!手間のかかるものなんて作れない…そんな女性も多くいらっしゃると思います。ですが、これからご紹介するレシピはなんと、5分でできちゃうんです。…

レシピ シチュー おでん まとめ

寒い日に温かいものが食べたい・・・そんな時、シチューが頭に浮かぶことはありませんか?定番のビーフシチュー、ホワイトシチューをはじめ、チャレンジしてみたいレシピまとめをご紹介します。今日の献立はシチューにしてみ…

カリフラワー レシピ まとめ

日本ではいまいち人気がないと言われる「カリフラワー」、実は揚げるととってもおいしいんです♪しかも高血圧予防や高血糖予防にも効果的☆テレビでも紹介され今年大注目「カリフラワー」の揚げておいしいレシピをまとめてご…

レシピ スイーツ まとめ アレンジレシピ

ココットを使用したレシピのご紹介です。アイデア次第で、多彩な料理に使えるココット。朝食からしっかり系のごはん、そしてスイーツまでも作れます。ご家庭にココットがある方はぜひ参考にしてみてください。

ごぼう レシピ おしゃれ まとめ

少しずつ暖かくなってきましたね。もうすぐ"新ごぼう"の季節です。やわらかくて、上品な優しい香りが特徴。今回は、ごぼうを使った美味しいレシピをご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

肌の乾燥や冬太りが気になる季節。『ナチュラルヘルシースタンダード』のスムージーやクレンズスープで、おいしくオシャレに体の内側から美しくなりませんか?MAX50%OFFになる史上最大規模のセールや、プレゼントキ…

チョコレート

もうすぐクリスマス!macaroniでは、ロッテ「ガーナチョコレート」を使ってクリスマスチョコスイーツを作り、「#手作りチョコガーナ」のハッシュタグをつけてSNSに投稿していただくキャンペーンを実施します。ぜ…

レシピ まとめ 豚肉

煮込み料理が美味しく作れる女性って素敵ですよね♡でも、いざ作ると味がきちんとしみこまなかったり…そんな経験ありませんか?そんな方に見て欲しい、美味しい豚バラ大根のレシピを8選しました♪

おしゃれ まとめ

夫婦やカップルにとって、ペアの物ってとっても嬉しいですよね。定番なのはマグカップだと思いますが、今回はとってもかわいくておしゃれな"おちょこ"をご紹介します。これらのおちょこで是非二人揃っ…

大島浅海

食べるのが好き!飲むのが好きな料理編集者。企画から執筆、イベントま...