ローディング中

Loading...

古くから栄養豊富で健康にいい、と言われてきた牛乳が体に悪いと言われ始めていることをご存じですか?給食などでも毎日のように食卓にのぼる牛乳が、体に悪いとはにわかには信じられないですね。牛乳が体に悪いというその背景はどこにあるのでしょうか?

牛乳は体に悪い?

牛乳といえばカルシウムを筆頭に、豊富な栄養素を持つ飲み物の代表ですね。学校の給食でも毎日のように出てきたものです。背を伸ばしたいこどもが牛乳をたくさん飲むのもおなじみの光景です。ところが、最近、牛乳は体に悪いという意見が注目されていることをご存じですか?
牛乳は健康にいいとされる身近な飲み物です。とくに小さなお子様は口にする頻度が高いものですから、“体に悪い”と言われるとこどもを持つお母さん方はドキッとしてしまいますね。
牛乳は古くから世界中で飲まれてきたもので、古代メソポタミアの壁画には牛乳を搾る様子が描かれています。日本でも飛鳥時代には薬として珍重されてきたといいますから、牛乳が健康にいいとされてから相当の歳月が経っています。そんな牛乳が体に悪いと言われるようになった背景にはどんな経緯があるのでしょうか。

なぜ牛乳は体に悪いと言われているの?

牛乳が体に悪いと大々的に言われ始めたきっかけは、2005年発行のベストセラー本だと言われています。それまでも、牛乳が健康によくないとされる説はぽつぽつとあったものの、胃腸内視鏡の外科医が著書のなかで、“牛乳が体に悪い”と主張したことから注目を集めるようになったのです。
ベストセラー本になったことで、筆者がテレビなどのマスコミに取り上げられる機会も多くなりました。なかでも“牛乳が体に悪い”という主張は、それまでの常識をくつがえす衝撃的な内容だったためひんぱんに取り上げられました。
また、その数年前、聖書に次ぐベストセラーと言われている育児書の改訂版のなかでも、乳製品は2歳以降は必要ないと訂正されました。この育児書の著者自身が体調を崩し、乳製品を含むすべての動物性食品の摂取をやめるマクロビオティックを実践したことで、体調が回復したため、人間には動物性たんぱく質は不要とする考え方に変わったことが原因だと言われています。
マクロビオティックは牛乳のみならず、すべての動物性食品を必要ないと考えており、著者は牛乳だけが体に悪いと言っているわけではないのですが、支持者の多い育児書の著者が提言したことによって、その反響が大きかったのです。

実際のところはどうなの?

実は現在、牛乳が体に悪いとする研究報告はなされていません。科学的根拠がないのです。そのため、現在では、牛乳は“体に悪い”とする側と“健康にいい”と主張する側が真っ向から対立している状態なのです。
牛乳が体に悪いという主張のなかには、牛乳自体が人間の体にそぐわないという意見があります。そもそも、牛乳は母牛が子牛を育てるための母乳です。牛乳は牛を育てるために有効な成分を備えていて、それを最大限有効に利用できるのは牛であり、異種生物である人間はそれを享受できない、という意見です。
また、実際に臨床現場に携わる医師や研究者の主観として、日常的に牛乳や乳製品を摂るひとの腸相がよくない、という意見もあります。腸相とは腸の見た目の状態のことを言いますが、大腸内視鏡検査をすると牛乳を常食しているひとほど腸相がよくない、といいます。

ヨーグルトは?

牛乳が体に悪いというならば、乳製品であるヨーグルトはどうなのでしょうか。ヨーグルトは牛乳に乳酸菌などを加えて発酵させた食品で、消化吸収率が高くなったり、腸の調子を整える効果があるため、大人でも積極的に摂っている食品ですね。
牛乳が体に悪いと主張する医師や研究者は、ヨーグルトもまた、健康にいいとは言いません。ヨーグルトが腸の調子を整えるのは乳酸菌の働きだと言われています。しかし、乳酸菌は人間の体内にも常在していて、体外から取り入れた乳酸菌は除外されてしまうという説があります。
わたしたちがヨーグルトを摂ることで得られる便秘の解消などは、実は軽い下痢の状態だと言います。腸の調子を整えているのではなく、ヨーグルトを食べることによって軽い消化不良を起こしているということです。

牛乳は骨をもろくする?

牛乳の栄養といえば、カルシウムを思い出すかたも多いことでしょう。カルシウムは骨を形成する重要な栄養素のひとつですが、牛乳を飲むことによって骨を丈夫にするどころか、反対にもろくするという意見があるのです。
牛乳が骨をもろくするという説に大きく関係しているのが、牛乳に多く含まれるリンの存在です。牛乳に含まれるリンの量は多く、人間の母乳の約6倍にあたります。そして、リンは骨の形成には必要な要素ですが、大量に摂取するとカルシウムを奪い、骨をもろくさせる作用があるのです。
また、牛乳に含まれるカルシウムはほかの食品に含まれるカルシウムと比べ、人間の体内に吸収しやすいと言われ、カルシウムは牛乳で摂取することを推奨されてきましたが、これはどうも違うということも分かって来たようです。
通常、人間の体内にあるカルシウムの濃度は一定になるように調節されています。これが、カルシウムを豊富に含む牛乳を摂取することにより、一時的に高い濃度に跳ね上がります。そこで、体は跳ね上がったカルシウム濃度を下げるために、余分なカルシウムを腎臓から尿と一緒に排出してしまうのです。
つまり、カルシウムの豊富な牛乳を積極的に摂取することで、体内のカルシウム量は増えることはなく、骨に悪影響をもたらすリンの量ばかりが増えてしまうというわけです。このため、牛乳消費量の多いアメリカや北欧では、骨粗しょう症患者が多いと言われているのです。

虫歯になりやすくなる?

寝る前に牛乳を飲むかたは意外と多いのではないでしょうか。習慣化してしまって、牛乳を飲まないと寝られないというお子さんも多いと聞きます。牛乳を飲むことで虫歯になりやすくなるのであれば、大変なことです。
虫歯は、口の中にあるミュータンス菌と糖が反応して酸を作り出すことで起こります。牛乳には乳糖という糖が含まれています。乳糖は虫歯になりにくい糖と言われていますが、虫歯にならないわけではありません。とくに、夜間は唾液の分泌量も下がるため、歯磨きをせずに寝てしまうことで、牛乳が虫歯の原因になることはおおいに考えられます。
牛乳を飲むことで虫歯になりやすくなる、という所見は今のところ立証されていません。虫歯になりやすくなるという主張は、やはり牛乳に含まれるリンの量が影響していると考えられます。歯の質によって、虫歯になりやすい人、そうでない人に分かれる傾向が高いため、リンを摂りすぎると質のもろい歯になってしまうという考え方から派生したものと思われます。
虫歯になりにくい歯とは、歯の基礎となるたんぱく質や石灰化に必要なカルシウム、またビタミンなどをきちんと摂れている歯の状態を指します。特に歯が作られる時期が大きく影響しているため、妊娠中の母親の栄養状態、また、こどもが小さなうちからバランスのとれた食生活を送っているかが大きく関わってくるのです。牛乳に限らず、栄養バランスのとれた食生活を基盤に生まれた歯は、虫歯になりにくいと言えるのですね。

牛乳は栄養も満点

牛乳は栄養豊富な食品として知られています。牛乳は、栄養素密度が高く、カルシウムをはじめ、たんぱく質、脂質、ミネラル、ビタミンなど成長期に必要な栄養をバランスよく含んだ準完全栄養食品です。さらに、栄養素密度が高い食品のため、少ないカロリーで栄養素を効率よく摂れる食品なのです。
牛乳は良質なたんぱく質の摂取にも向いています。とくに、多機能たんぱく質と呼ばれるラクトフェリンという糖たんぱく質が含まれています。“ラクトフェリン”は現在もっとも注目を集めている栄養成分で、抗菌作用や免疫力アップ、ダイエット効果などが期待されている栄養成分なのです。
また、意外なことに牛乳にはビタミンも豊富に含まれています。ビタミンCこそ少ないものの、活性酸素の発生を抑え、細胞の老化を防ぐ働きのある“ビタミンA”や、細胞の再生や脂質などの代謝を促進する働きのある“ビタミンB2”が多く含まれているのです。
牛乳に含まれる栄養は、体の健康だけでなく、精神の健康にも役立ちます。牛乳に多く含まれる“トリプトファン”というアミノ酸の1種は、脳内のセロトニンやメラトニンを作り出す物質です。トリプトファンが不足すると不眠症などの睡眠障害やうつ病などを発症する可能性があります。

飲み過ぎには注意

牛乳を飲むとおなかが痛くなる、というかたはいませんか?これは牛乳に含まれる乳糖を分解するラクターゼが少ないために起こる消化不良です。ラクターゼが少ないために消化不良を起こしてしまう症状を“乳糖不耐症”といい、日本人は欧米人と比べると乳糖不耐症の率が高く、自身で気付いていないひとが多いと言われてます。
さらに、牛乳を大量に摂取するひとは“牛乳貧血”にも注意が必要です。牛乳は鉄分が殆ど含まれていません。そのうえ、牛乳に含まれる大量のカルシウムが鉄分の吸収を阻害します。その結果、牛乳を毎日多量に摂取し続けることで貧血になってしまうのです。
牛乳は栄養的に優れた食品ではありますが、どんなに優れた食品であっても、そればかりを大量に摂取することはリスクを招きます。牛乳の適正量は1日に400ml程度です。牛乳が大好きで毎日1ℓ以上飲む、というかたは明らかに飲みすぎと言えるでしょう。

バランスよく摂取しよう

牛乳は水に次いで、わたしたちには身近な飲み物です。日本人が今のように生乳を飲むようになったのは、戦後GHQの指導によるもので、栄養豊富な牛乳が戦後食糧難時代の日本人の健康を救ったとも言われています。
しかし、時代は変わり、現在は栄養過多の時代と言われています。単一の食品ばかりを食べ続けることで、反対に健康被害が引き起こされる可能性も示唆されています。栄養豊富な牛乳は、こどもの大好きな飲料でもあります。
牛乳が体に悪いという科学的根拠は、現在のところはっきりしませんが、牛乳を飲みすぎることによって健康を損ねる可能性があることは確かです。栄養豊富な牛乳を含め、さまざまな食品をバランスよく摂ることで、本当の意味で健康な体を手に入れることができるのではないでしょうか。
▼牛乳を摂るタイミングはいつがいいの?と思った方はこちらの記事もどうぞ

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ヨーグルト シフォンケーキ スコーン マンゴー ドリンク スイーツ まとめ

スターバックスコーヒーはアメリカ発祥の本格コーヒーチェーン店。ドリンクメニューも豊富でファンもたくさん。そんなスタバから、夏の新作スイーツが続々登場です。スコーン、ヨーグルト、シブースト、シフォンケーキ……早…

パスタ レシピ アレンジレシピ チーズ イタリアン

カルボナーラというと、こってりしていて濃厚なパスタですよね!でも牛乳を使えばさっぱりと食べやすく、おまけにダマにもならずに作れるんです。今回は全卵、チーズを使った混ぜるだけの簡単カルボナーラのレシピをご紹介し…

じゃがいも グラタン まとめ

ホクホクのじゃがいもで作るポテトグラタンは、どこか懐かしい気持ちになります。今回は、濃厚ソースでも、あっさりソースでもおいしいポテトグラタンの人気レシピを、23選ご紹介します。ホワイトソースなしの簡単レシピも…

レシピ まとめ

クリームパスタといえば生クリームが必要なイメージがありますが、実は牛乳で手軽に作ることができるんですよ♩そこで今回は、カルボナーラやクリームスープパスタなど、生クリームいらずで作れるクリーム系パスタのレシピを…

タルト スイーツ マンゴー ヨーグルト

焼きたてチーズタルト専門店PABLO(パブロ)から焼きたてミニチーズタルト マンゴー×ヨーグルト」がプレミアムカフェにて季節限定で発売されます。ジューシーなマンゴーの香りが鮮烈に広がる、暑い季節にピッタリなチ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

みなさんは料理名の由来をいくつ知っていますか? 例えば、「ハンバーグ」はドイツのハンブルグで誕生したことに由来していることは案外有名な話。でも、タルタルソースの「タルタル」や、最近日本にも定着してきた「エッグ…

まとめ

人間には無害でも、ある動物にとっては有害…という食材もあるそうです。ペットを危険から守るにはしっかりと知っておくべき知識です。あなたの愛するペットを守るためにも把握しておきましょう!

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

東京にはおしゃれなカフェがいっぱい!今回は雑誌の撮影などで使われるお店を中心に、SNS映えする店内やフォトジェニックでおいしい料理が食べられるカフェを厳選しました。これで行きたいお店が見つかるはずです!

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

おつまみ

大分の漁師たちの贅沢まかない飯「あつめし」。鮮度抜群な出来立ての味わいを家庭で楽しめるんですよ!きゅっと身がしまって脂ノリのよい大分産ブリが、丼に、お茶漬けに、サラダアレンジに……と大活躍!実際に食べた感想を…

トレンドの「#朝ベジ」写真をインスタグラムに投稿すると、“朝食が楽しくなるアイテム”が合計10名に当たるキャンペーンを「おうちごはん」で開催中!バルミューダや人気北欧ブランドのテーブルウェアをゲットするチャン…

B級グルメ 青森 山形 まとめ

地方に行ったら必ずある、地元で大人気のちょっとお安いグルメたち♪今回は東北六県を探ってみました!これ知ってた!?というB級グルメでいっぱいの東北から、特に気になるB級たちをピックアップです!

マシュマロ スイーツ レシピ スモア

最近マシュマロを使ったスイーツのレシピをよく見かけますが、そのまま食べるだけでなく、溶かしてアイシングに使ったり、フロスティングに使ったりその用途は色々とある様です。保存の仕方や使い方等、マシュマロに関する豆…

yuco_1111

高校男女の子どもを持つアラフィフ母です。 兼業ライターをやりつつ、...

ページTOPに戻る