ローディング中

Loading...

みなさん、「とんすい」ってご存じですか。名前は知らなくても、「お鍋を食べる時に使うあの小鉢」というとすぐに想像できる人も多いのではないでしょうか。今回は、そのとんすいの歴史や正しい使い方、おすすめのとんすいなどをご紹介します。

「とんすい」とは

とんすいは主におかずを入れるもので、小皿とお椀の間ぐらいの大きさをした食器です。あまり聞きなれない名前ですが、写真を見れば「あ、この食器か!」と一目瞭然ですよね。ご家庭にある方はそう多くないかもしれませんが、実は使い勝手が良く意外と活躍してくれる優秀な食器なのです。
電子レンジ対応のものが多いのも嬉しいところ。最近では専門店だけでなく、雑貨屋さんにあったり、料理研究家監修のものが販売されたりもしているようですね。一番よく見かけるのは、鍋料理を食べるときではないでしょうか。取り皿として出てくる印象がみなさんにもありませんか。
わずかに飛び出した取っ手が熱い具材を入れるときには活躍してくれます。取っ手の部分に指を掛けて持てば安定し、熱さも感じにくく持つことができます。

とんすいの由来

由来

とんすいができた歴史は所説あり、どの説が正しいのかははっきりと分かっていませんが、いくつか簡単にご紹介します。
とんすいができた歴史は所説あり、本当のところは分かっていないようですが、名前の歴史については、中国の蓮の花の形をした陶器のさじである「湯匙(たんし)」が日本に伝わるときに“とんすい”と誤って伝わったという説があります。

蓮の花がモチーフなので、昔は取っ手ももっと長かったと言われているそう。また、単にとんすいは長崎方面の方言であるという説もあるそうですよ。
形についての歴史としては、「呑水」と書くことから、元々は水をくんで飲むために使われた器でだったのではないか、と言われています。取っ手がついているのも、水をおけなどからすくうときに使われたということですね。

とんすいの持ち方と使い方

とんすいの持ち方のマナーは特にないよう。つまむように取っ手だけを持つと滑って落としてしまいかねませんので、出っ張りの部分に親指を掛けて持ったら、器全体をささえるように手をそえるとよいですよ。

また、器にレンゲを置くとき、滑らせて落としてしまうことがありますよね。そんなときは、とんすいの取っ手にレンゲを裏返してひっかけると安定しますよ。とんすいとレンゲがセットで売られていることが多いのは、そんな使い方ができるからなのですね。
とんすいは主に鍋料理の取り皿として使います。その他、そうめんのつけダレを入れたり、小鉢の代りに使ったりしている方もいるでしょう。取っ手はついていますが、使わなくてはならない食材などがあるわけではありませんから、汁の多い副菜を入れる際に利用してもよいですね。

食卓に並べる時の取っ手の向き

食卓の配膳は、お箸を右手に持ちお茶碗を左手に持つことを基本に、食べやすいように配置します。ご飯が左手前、汁物が右手前、焼き物や煮物が左奥、右奥に刺身、真ん中に副菜と並べるのが一般的。
とんすいは煮物を入れたり、副菜を入れることが多いので、左奥か真ん中に配置するのがよいでしょう。取っ手の向きは左に向けるのが正解です。小鉢は持ち上げていい食器なので、左手で持ち上げることを考えて左に取っ手が向くようにします。
▼日本人なら覚えておきたい和食マナー!

素朴だけど上質なおすすめのとんすい

1 とんすい(白磁・ルリ・黄磁) 阿部春弥

長野県上田市の白磁 陶芸作家、阿部春弥さんによって作られたとんすい。阿部春弥さんは若くして独立し、長いキャリアをもつ陶芸家です。 かすかに青味がかった美しい白磁の器は、料理を美しく引き立ててくれます。丹念に施された縞模様など、細かな細工の魅力です。

2 TOJIKI TONYAのとんすい

こちらは「TOJIKI TONYA」(トウジキトンヤ)。代々陶磁器製品の卸売を生業とする問屋業者の集合体なので、複数の作家さんの作品を扱っています。現代のライフスタイルに合わせたおしゃれな提案が人気のようです。
デザインだけでなく質感にもこだわりがあり、上質な手触りから伝わってくる料理のあたたかみにも感動を覚えそうですね。

3 小谷田潤

若手陶芸家の小谷田潤(こやたじゅん)さんの作品は、土の質感を生かした温かみのある器。毎年オリジナルのとんすいを作り続けているのだとか。毎日の暮らしに自然に溶け込むような色、デザインで使いやすさも人気です。

4 のらや

「のらや」は大阪発祥の手打草部うどんのお店ですが、使われている猫の食器があまりにかわいく、猫をモチーフにした食器を販売するようになったそう。猫の耳をとんすいの取っ手にしているのが特徴です。料理を入れても大きな耳のおかげですぐに猫の器だとわかるので、毎日の食卓をたのしくしてくれます。
大きさの種類も豊富なので、お子さんから大人用、その他用途に分けていろいろなシーンで使いたくなりますね。ほっこりと温かい気持ちになれる、おすすめのとんすいです。

お気に入りのとんすいを見つけて食卓を華やかに

今回は、身近にありながら名前もあまり知られていないとんすいについてご紹介しました。とんすいの取っ手の存在は、小さくても実はとても役立つ便利なものであることもわかりました。
また料理を引き立ててよりおいしく感じさせてくれるだけでなく、味わいのあるその形は食卓におしゃれな雰囲気も与えてくれます。シンプルなものから猫のモチーフなどまで、デザインもさまざま。冬にお鍋を囲む日にはもちろん、ぜひ毎日の食卓でも気軽に使ってみたいものですね。みなさんもよかったらお気に入りのとんすいを見つけてみてくださいね。
▼おしゃれな食器で食卓を華やかに彩る♩

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ゼリー おしゃれ スイーツ レシピ まとめ

食後のデザートに、おしゃれなゼリーはいかがでしょうか。「お持たせ」でも大人気のゼリー。今回は、みかんの缶詰を使ったものや、2層のゼリー、炭酸ゼリーなど簡単な作り方をご紹介します。大きなタッパーで作れば、常備で…

レシピ 調味料 和食 まとめ

青柚子に同色の青唐辛子をミックスした、舌をピリリと刺激する柚子胡椒を使ったレシピをご紹介。手作りの柚子胡椒レシピやパスタ、ドレッシングへの応用法も含めて、使い方をまとめてみました。これから夏に向けての必須アイ…

ハム おしゃれ まとめ

サンドイッチやサラダ、ワインのおつまみにも人気の生ハム。みなさんは生ハムの食べ方どうしていますか?クラッカーにのせたシンプルな食べ方ももちろんおいしいのですが、もっとおいしく、しかも簡単な生ハムの食べ方はまだ…

和食

作りすぎてしまった肉じゃがは、どんな保存方法が適しているのでしょうか?冷凍?冷蔵?上手な保存方法のご紹介と共に、リメイクレシピもご紹介します。肉じゃがを保存するときのコツを覚えて、無駄なくおいしく食べましょう。

レシピ 和食 まとめ

カレーの付け合わせとしておなじみの福神漬け。名前の由来ってご存じですか?カレーの必需品なのに、そもそも材料は何だったかな?という方、お家での作り方や手軽なアレンジレシピをお伝えしますので、ぜひ試してみてくださ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ フレンチフライ まとめ

カフェメニューのカロリー第二弾。今回は、カフェのフードメニューカロリーをまとめてみました。 好きなものはカロリーが高いって少し憂鬱ですね。でもカロリーを把握しておけば、コントロールできると思います。

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介します!…

日本酒 チーズ おつまみ まとめ

日本酒とチーズって実は相性抜群なんです。定番のおつまみや各種料理との相性もバッチリな日本酒ですが、今回は新しくて美味しい組み合わせ「日本酒×チーズ」の楽しみ方をご紹介します。

アメリカ まとめ

そのネーミングからか、アメリカオリジナルだと思っていた代表的な食べ物が、実はアメリカ人の発明ではなかった....そんな食べ物9選を紹介します。あなたは幾つご存知でしたか?

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

アサヒビールの「クリアアサヒ」は食事と相性がいい。まことしやかに囁かれていたこのウワサ・・・、ついに科学的に実証されました!今回は、特殊な味覚センサーによる測定で明らかになった好相性の料理を4つ、実食レビュー…

ほんのりピンク色にそまった宝石のようなお米「べっぴん御膳」が登場!美容や健康にうれしい成分を効率よく取り入れられる、大人の女性におすすめしたい逸品です。おいしく食べて、お肌やお腹にごほうびをあげてはいかが?味…

寿司 お土産 お菓子 築地

お菓子屋ニューエストの「寿司あられ」をご存じでしょうか。お寿司なの?あられなの?実は寿司あられとは、新鮮な寿司ネタがフィルムに印刷された「あられ」なんです。まるで本物かと見間違うような見た目で外国からの観光客…

大阪 レストラン まとめ

バレンタインは恋人たちのための特別な1日ですよね。そんなバレンタインに素敵なディナーを楽しみたいという方のために、大阪の素敵なレストランを9選集めてみました。バレンタイン限定のおしゃれなディナー、ぜひ楽しんで…

ちあき

育児のかたわらライターをしています。元出版社勤務、料理も食べ歩きも...

ページTOPに戻る