ローディング中

Loading...

お湯を注いで3分で完成する、おなじみカップヌードル。でも電気もガスも使えない、そんな非常事態も時にありますね。嗚呼、水でカップヌードルが作れたら……実は常温の水で作れます!おなじみペヤング焼きそばも水で食べてみたので詳細ご確認ください。

困った、お湯がない!!

お湯を注いで数分待てばおいしく食べられる便利なカップ麺。でも、もし熱湯がすぐ手に入らなかったら?目の前にカップ麺があるのに食べられず、お腹は空くばかり。

お湯を沸かしたいだけなのに、ガスが使えない、電気も使えないーー人生には時折、そんな非常事態が起こり得ます。

じゃあ、水で作ってみるのはどうでしょう?
通常よりもふたをして待つ時間は長くなりますが、常温の水でだってカップ麺が食べられるんです。

ということで、「シーフードヌードル」と「ペヤングやきそば」を水から作って食べてみました。

水でカップヌードルを作ると…

用意したのは日清カップヌードルのシーフード味ひとつと、ペットボトルの水だけ。

作り方は容器に印刷された通りです。通常は容器の内側まで熱湯を注ぎますが、今回は常温の水を注ぎます。
カップヌードルは3分で完成しますが、水だとさすがに3分では食べられそうにありません。

水の場合は、もっと長く待ったほうが良い様子。今回は、30分、45分、60分の時点でそれぞれ食べてみました。

30分経過

ふたを開けてみるとだいぶ麺が膨らんでいて、なんだかすでに食べられそうな雰囲気もします。
実際に食べてみると、やや芯を感じるものの食べられない固さではありません。が、麺に味があまりしみていない印象。だいぶ味は薄いです。かやくに入っているたこもゴムのような食感で戻りきっていない感じがしました。

45分経過

見た目は、かなりスープが減ったように見えますよね。
食べてみると、30分の時よりも食感はやわらかく、味も先ほどよりしっかりついて、冷たいけれど普段食べているカップヌードルのおいしさは感じられるレベルです。

60分経過

15分前の状態と比べて、麺の変化はわからない程度。
味は一番濃く、冷たさはありますが味は普段食べているカップヌードルの味とほとんど変わりありません。熱湯を注いだカップヌードルよりもおいしい!とまでは言えませんが、満足感を得られるくらいのおいしさがあります。
何人かに食べてもらい感想を聞いたところ、やはり時間が経過するほどに味は濃くなっていると感じるようでした。60分経ったものでも、お湯で使ったものと比べると、薄味に感じるという人が多かったですよ。
結論:常温の水でカップヌードルを食べるなら、おすすめの待ち時間は60分。

カップ焼きそばもいけるかも!?

カップヌードルが意外とおいしかったので、これは焼きそばもいけるかも?

「ペヤングやきそば」も常温の水で作ってみました。

30分経過

同じように60分待とうと思っていたのですが、30分経過してふたを開けてみると、随分と麺がふくらんでいて、すでに食べられそうな様子。

ちょっと食べてみた

ちょっと麺を食べてみると、もうだいぶやわらかいです。これは、60分たったらフニャフニャになって箸で食べるのが困難になりそうなので、このままソースとふりかけをかけて、一気に完成させることに。

しっかり食べてみた

ソースを回しかけ、麺をかき混ぜますがソースがなかなか麺に絡みません。お湯に比べて温度が低いため、麺の油分が溶け出してくれない様子。
結果、ソースよりも麺の色が目立つ焼きそばになってしまいました。味は、カップヌードルの時同様に、通常のものよりも味は薄い印象です。しかし、麺はやわらかすぎるほどで、これであれば20分でも十分だったかもしれません。気になったのは“かやく”。お肉がお水では戻りきってない感じがあり、ゴリゴリとした食感でちょっと食べにくさがありました。かやくだけ少し長く水につけておくと、食べやすかったかもしれません。
結論:硬めの麺が好きなら10分から15分がベスト。かやくは先に取り出しておいて、長めに戻したほうが良さそう。

とはいえ、温かい麺が食べたい

どうしてもお湯が沸かせないときの非常食として便利な食べ方ですが、やはり温かいカップ麺が食べたいという時に役立つお湯を沸かす方法がありますよ。

黒いポリタンクを使う

小学生の理科の実験などで、黒い画用紙などに虫眼鏡で太陽光を集めて火をおこした経験がなかったでしょうか?その原理を利用し、黒いポリタンクの中の水を温める方法です。

黒いポリタンクに水を入れたら、太陽光がよく当たる場所に置いておきます。太陽光の当たる表面積を増やすため、横倒しにして置くのがポイント。地面の表面温度が40度ある場所では,40度のお湯を作ることができます。

灯油を入れるための赤いものが多いですが、黒いポリタンクもネットショップなどを利用すると購入することができます。

黒いやかんを使う

黒いやかんとポリ袋を組み合わせる方法です。黒いやかんに水を入れてポリ袋で包んだら、太陽の光がよく当たる場所に置いておくと、快晴の日なら秋でも3時間弱で70℃以上のお湯になるそうですよ。

手作りソーラークッカーを使う

ソーラークッカーはガスや電気を使わず、太陽光のみを熱源として利用した調理道具で、アウトドアや災害時などに活用されています。ソーラークッカーは、身近にあるもので手作りすることができますよ。
【ソーラークッカーの作り方】
ビニール傘の内側にアルミホイルを貼り付けます。空き缶の上部を缶切りなどで切り取って水を入れ、アルミホイルを貼り付けた傘の中央に設置し、太陽光の下に置きます。この方法で、3月くらいのまだ穏やかな太陽光でも、80度以上のお湯を作ることができます。

いつか役に立つときが来るかも

水で作るカップ麺の作り方、いかがでしたか?災害時だけでなく、電気やガスに何か不具合が起きた時の対応策にもなりそうですね。いつ何がおこるかわからない世の中、覚えておくといざという時に役立つかもしれません。

カップヌードルや、カップ焼きそば以外にも、同じような形のカップ麺であればどれも水で作れますよ。油分を多く使っているものは、水ではなかなかよい状態になりにくいので、シンプルなものがおすすめです。検証もかねて、みなさんも一度試してみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お弁当 アレンジレシピ

毎日のお弁当作り、たまにはキャラ弁でも……と思っても、なかなかハードル高く感じませんか。そんな人こそぜひチャレンジしてほしい、簡単ステップの超絶かわいいレシピ。お弁当にお花が咲きほ…

レシピ おつまみ サラダ パスタ ソーセージ

サラミと言えば、お酒のおつまみという印象が強いですよね。ほどよい塩加減で料理のトッピングに役立ちます。今回は、サラミを使ったパスタやサラダなどの人気レシピを15選まとめました。さらに、お家でできるサラミの作り…

〆ご飯 豚肉 レシピ

一日頑張った自分にご褒美〆ご飯を作ってあげませんか?今回は飲んだあとにちょっとだけ食べたい!そんな欲求を満たしてくれる、あると嬉しいちょっとご飯「〆そぼろご飯」の作り方をご紹介したいと思います。

餃子 スープ レシピ まとめ

寒い日は、温かいスープが食べたくなりますよね。今回ご紹介するのはボリュームたっぷりで、大人も子供も大好きな餃子スープの作り方!冷凍もので簡単に作れるし、餃子の大量消費にもぴったりな餃子スープの人気レシピ15選…

じゃがいも レシピ

じゃがいもは生でも食べられるって知っていましたか?日頃の食卓で煮物や炒め物、揚げ物はもちろん、和風、洋風問わず食べられる身近な野菜ですよね。なじみのあるじゃがいもですが、今回はじゃがいもを生で食べる方法と、お…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

羽田空港 お土産 スイーツ 東京 まとめ

羽田空港には、選びきれないほど多くのお土産があります。でも、空港にいる時間はわずか……。そんなときにおすすめしたい、喜ばれること間違いなしのお土産をまとめてみました!旅行や帰省のと…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

スイーツ 新宿 お土産 まとめ

新宿でのお土産、どこで何を買うか悩みませんか?"夢のデパート"伊勢丹新宿店なら、あなたのお望みのものがそろうはず。お呼ばれの際の手土産はもちろん、自分へのご褒美にもぴったりな和菓子やスイー…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート デニッシュ パン

イトーヨーカドーの「デニッシュブレッド」がとびきりおいしいデザートパンに大変身!その名も「オリジナル濃厚チョコデニッシュ」。ベルギーチョコがたっぷりと入り、しっとりとした食感になったこのパンの味わいを、発売前…

台湾 韓国料理 食べ歩き アジア料理

海外旅行が好きな方、食べることが好きな方、ぜひご注目を!このたびmacaroniでは、「DeNAトラベル」の協力を得て、韓国「明洞屋台」&台湾「夜市」の2大食べ歩きエリアを特派員として取材してきてくださる記者…

フランス まとめ

フランス発「デュカンダイエット」をご存じですか?パリジェンヌや海外セレブも取り入れているという海外で人気のダイエット法です。今回は、デュカンダイエットの効果、やり方について詳しくまとめてみました。ぜひ試してみ…

表参道 レシピ

おいしい「まかない飯」を求めてmacaroni編集部がキッチンにお邪魔する連載企画。今回は表参道にあるこだわり食材を使用した和食処「豊和」でグリーンカレーを教わりました。骨ごと煮込んだ鶏手羽と秘伝のコラーゲン…

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...