ローディング中

Loading...

ミシュラン3つ星を獲得した名店や数々の美食家からも愛されるお店まで。銀座でおすすめの天ぷら屋さんを20店をご紹介します。銀座で天ぷらなんて手が届かなそうですが、ランチなら意外とリーズナブルに頂けますよ。

銀座で天ぷらを食べよう!

天ぷらは、南蛮料理がルーツであると言われています。外国から入ったお料理ですが、今や和食を代表するお料理として多くの人に愛されています。油で揚げるのは、単に火を通すだけでなく、生でも食べるられるような新鮮な材料でも加熱することによって水分を飛ばし、うま味を凝縮させる目的があります。また、サックリと揚がった衣の食感も素材にはない大きな魅力です。

銀座には老舗の天ぷら屋さんがいくつもありますが、場所柄、敷居が高いですよね。お気軽にランチタイムにうかがえるお店を知ってれば便利ですし、たまには、本当においしい天ぷらが味わえる本格的なお店も知っておいて損はありませんよね。その両方のタイプのお店をそれぞれ10店舗ずつ選びました。

では、さっそくおすすめのメニューとともにお店のご紹介をしましょう。

銀座ランチにおすすめの天ぷらのお店10選

1.てんぷら 阿部 銀座本店

「日本料理なだ万」で30年間天ぷらを揚げていたというご主人を筆頭に、職人技の素晴らしさを実感できるお店です。お店は銀座4丁目の交差点近くの地下1階。エレベーターで降りると、昼時は行列ができていることが多い人気店です。夜のコースメニューはそれなりのお値段ですが、ランチメニューは平日なら1,000円からと良心的です。

ランチかき揚げ丼(平日限定)1,000円(税込)

平日のみの提供で、しかも数量限定です。たっぷりのご飯に野菜と海老のかき揚げ・野菜2品の他、半熟玉子の天ぷら加わって盛りだくさんです。銀座の真ん中で、これは本当にお値打ちですよ。かき揚げ丼の他には、大海老2本とお野菜の天丼や天ぷら定食もあります。

夜は、記念日向きの金箔付き赤飯やあわびの天ぷらが入った豪華なコースがあり、貸し切りも可能です。今年2016年4月には、銀座8丁目に2号店がオープンしました。

お店の情報はこちら

■店舗名:てんぷら 阿部 銀座本店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座4-3-7 スバルビル B1F
■電話番号:03-6228-6077
■営業時間:【月~金】ランチ 11:30~14:00、ディナー 17:00~21:00【土日祝】ランチ 11:30~15:00、ディナー 17:00~21:00
■定休日:大晦日、元旦のみ
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13092132/

2.明月庵 ぎんざ 田中屋 銀座本店

天ぷら屋さんではありませんが、おそば屋でも天ぷらは、なくてはならないお馴染みのお料理のひとつです。「天ぷらそば」や「天丼」はもちろんのこと、昔から”そば前”と言って蕎麦の前に、お酒とともにおつまみをいただく"そば屋酒"をたしなむのが通な楽しみ方です。天ぷらだけの盛り合わせもありますよ。

大海老天丼・蕎麦定食 2,260円

お店の「おすすめ限定メニュー」です。平日はランチタイムのみですが、土日祝は終日オーダーOKです。天丼とおそばのボリューミーなセット。おひとりでは量が多いようならシェアしたり、ご飯なしの天せいろ(1,680円)もありますよ。油は太白胡麻油を使用して香り豊かにサックリと揚げています。

お店の情報はこちら

■店舗名:明月庵 ぎんざ 田中屋 銀座本店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座6-6-19
■電話番号:03-3571-8228
■営業時間:[月~金]11:30~21:15(L.O)、[土日祝]11:30~20:50(L.O)
■定休日:年末年始を除き無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002617/
■公式HP:http://www.soba-tanakaya.com/index.html

※平成28年10月14日(金)~11月9日(水)まで、厨房改修工事のため休業となりますのでご注意ください。お近くに銀座松屋店があります。

3.天ぷら かんだ

天ぷらをメインと居酒屋さんです。銀座インズ2の地下1階にお店があり、1966年の創業なので、今年でちょうど50年になります。天ぷらが安くておいしいと評判で、大きなかきあげが名物となっています。

特盛 定食

穴子・えび・魚・かき揚げ・野菜2種、計6種類の天ぷらを盛り合わせたボリュームランチ。
天丼と定食がチョイスできます。名物のかきあげはボリュームがありすぎて食べきれないという方はこちらがおすすめですよ。

お店の情報はこちら

■店舗名:天ぷら かんだ
■最寄駅:有楽町駅
■住所:東京都中央区銀座西2-2 銀座インズ2 B1F
■電話番号:03-3561-4309
■営業時間:ランチ 11:00~14:00、ディナー 17:00~22:00(月〜金)/16:30~20:30(土)
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13028326/

4.ひさご 銀座三越店

大正7年の創業という100年近い歴史ある江戸前天ぷらの専門店が、銀座三越新館12階にお店を出しています。アクセスの良さに加えて窓際の席からは素晴らしい眺望。特注の太白胡麻油をメインに使った独自ブレンドの揚げ油と熟練の職人ワザによる、その歴史と味わいを体現できるよろこび。敷居の高さを「エイッ!」と乗り越えて、ランチタイムなら少し肩の力を抜いて伺えるでしょう。

お昼の天丼 1,800円(税込)

ランチとしてはちょっと贅沢なお値段だし、デパートの中のお店なので休日に訪れるのがおすすめです。頑張ったご自分へのご褒美ランチにいかがでしょうか?これでもディナーメニューに比べればかなりリーズナブル。海老2点・魚介2点・野菜3点、それに女子にうれしいサラダと赤だしのお味噌汁、香の物がセットという満足感たっぷりの内容ですよ。

丼物は苦手という方には「お昼のサービス定食」(税込 2,080円)もあります。しかもこちらはデザート付きなんですよ。思わず顔がほころんじゃいますね。

お店の情報はこちら

■店舗名:ひさご 銀座三越店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座4-6-16 銀座三越 12F
■電話番号:03-6228-6546
■営業時間:11:00~23:00(L.O.21:30)
■定休日:不定休(銀座三越新館に準ずる)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13134433/

5.銀座 ハゲ天 銀座本店

昭和3年の創業以来、数々の美食家に愛されて来た名店です。現在は北海道から京阪地区まで93ヶ所もの事業所を展開しています。銀座の本店はその総本山ですが、銀座にありながらとても親しみやすい雰囲気で敷居の高さを感じません。

平日メニュー!特製天丼  1,260円 (税込)

平日のみの限定メニューです。天ぷら7品(海老2尾・魚介1品・穴子一本揚げ・半熟玉子・海苔/かき揚げ)が豪快に盛られています。生野菜と赤だしのおみそ汁、お漬物がセットになっています。食べごたえは十分ですが、特製ブレンドのごま油でカラリと揚げているのでお箸が進み、女性でもペロリといただけますよ。

年間200種以上の天種をあつかっているそうですが、10月は季節限定の「牡蠣入り季節天丼」1,250円+(税100円)や「むかごの炊き込みご飯」がありますよ。旬の素材に食欲を刺激されますね。

お店の情報はこちら

■店舗名:銀座ハゲ天 本店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座3-4-6
■電話番号:050-5785-3694
■営業時間:11:00~22:00
■定休日:無
■参考URL:http://r.gnavi.co.jp/p407900/
■公式HP:http://www.hageten.com/

6.天ぷら新宿つな八 銀座店

大正13年に創業した『天ぷら新宿つな八』は、「常に最強の天ぷらをお手頃な価格で」をモットーとして庶民的な価格で職人の技による極上の天ぷらを提供し続けてきました。銀座店は「松屋」の8階レストランフロアーにあり、アクセスが便利な上にどなたでも入りやすい雰囲気が特徴です。

ランチ天麩羅膳 2,160円(税込)

もっともベーシックなセットメニューになります。海老二尾、魚介、野菜、穴子、口替り、
かき揚げ、おそろいという構成。品数が増える「上天麩羅膳」(2,916円)、ランチ綱八丼は2,268円です。

お飲み物は、日本酒やビールはもちろんですが、シャンパンやワインのご用意もあります。魚介類には白ワインが合いますよ。特におすすめは、オーストリアのグリューナー・フェルトリナーです。フルーティーな辛口で酸がくっきりとした味わいで、揚げ物との相性が抜群です。グラスでいただけますので、休日のちょっとリッチなランチにどうぞ。

お店情報はこちら

■店舗名:新宿つな八 銀座店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座3-6-1 松屋銀座8F
■電話番号:03-3567-1374
■営業時間:11:00~22:00(L.O.21:30)
■定休日:不定休 (銀座松屋店に準ずる)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13010664/
■公式HP:http://www.tunahachi.co.jp/store/15.html

7.銀座 天國

明治18年、銀座3丁目に小さな屋台店として創業。当時の銀座は1丁目から4丁目までしかなかったそうで、それ以来、移り変わる街の変遷と共に多くの人に愛されてきました。大正13年に銀座8丁目の現在の場所へ出店。当時は立派な木造建築でしたが、昭和59年に現在の銀座天國ビルが完成しました。

お昼の天丼 1,100円(税込)

1階・2階テーブル席フロアのランチメニューです。海老2尾・きす・イカかき揚におみそ汁と香の物付です。特製のごま油を使用してカラリと揚げた天ぷらに江戸前の甘辛のタレが絡みます。伝統のお味をさあ、召しあがれ。

お店情報はこちら

■店舗名:銀座天國
■最寄駅:新橋駅
■住所:東京都中央区銀座8-9-11
■電話番号:03-3571-1092
■営業時間:11:30~22:00(L.O.21:00)
■定休日:年末年始以外は無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002559/
■公式HP:http://www.tenkuni.com/

8.天ぷら茂竹(もちく)

カウンター8席だけの小さなお店ですが、創業100年を越える老舗です。メニューの数も少なく、お値段も安いとは言えませんが、しっかりとした固定客がついているようです。料理にかける職人の技とホスピタリティを感じる温かい接客ぶりが人気の理由なんですよ。

野菜天丼

外のメニューには、庶民にはちょっと勇気のいるお値段が並んでいますが、店内のお品書きには比較的お手頃な「野菜天丼」が載っています。彩りも美しいお野菜がうす衣でカラリと揚げられ、魚の骨と海老の頭の素揚げが付き、小鉢・赤だしのおみそ汁・香の物、さらに手作りのデザートもセットになっていて、ひとつひとつのクオリティが極めて高く、とても満足度の高い内容です。

お店情報はこちら

■店舗名:茂竹 (もちく)
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座6-5-16 三楽ビル 2F
■電話番号:03-3571-1578
■営業時間:ランチ 11:30~14:00/ディナー 17:00~21:00
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13007760/

9.天ぷら銀座卯兵衛 銀座インズ店

銀座インズ1の2階、飲食フロアにある天ぷら専門店で、ビアホールで有名なニュートーキョーの経営です。店内のレイアウトはカウンター席のみ14席のオープンキッチンとなっています。

特製天丼

海老、イカ、白身と野菜に半熟トロトロの玉子天ものってこのお値段です。しかも赤だしのおみそ汁付きで、ご飯の大盛りもサービスです。白いご飯がお好きな方は、レディース定食(880円)がおすすめですよ。玉子天含む天ぷら5点盛りとサラダ、アイスもついたお得なセットで、男性の注文もOKなのがうれしいですね。

お店情報はこちら

■店舗名:天ぷら 銀座 卯兵衛 銀座インズ店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座西3-1 銀座インズ1 2F
■電話番号:03-3564-0272
■営業時間:[平日]ランチ 11:30~16:00(L.O.15:30)/ディナー 18:00〜23:15(L.O.22:00)[土日祝]11:30~23:15(L.O22:00) 
■定休日:年中無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13187530/
■公式HP:http://www.newtokyo.co.jp/tempo/uhei/ginza-inz/uhei-ginza.htm

10.天あさ

老舗の天ぷら店が多い銀座では、このお店はちょっと異色。ジョエル・ロブションやピザーラなどの多業態の飲食店を展開する(株)フォーシーズが経営するお店。夜のお食事は1万円を越すメニューも出していますが、ランチは比較的リーズナブル。サラリーマンのランチ向きではありませんが、マダム会や休日の少しリッチな贅沢ランチに。

天丼 1,500円(税抜)

ランチタイムにお手軽な天丼ですが、その丼は異形。天ぷら好きにはうれしい海老の頭が入っています。カラッと上がった殻の中の味噌がおいしいんです。しかも赤い海老殻の色に含まれるアスタキサンチンは強力な抗酸化作用があるんですよ。女子にぜひとも食べてほしい逸品です。

ちなみに、お土産にはジョエル・ロブションの焼菓子等詰合せが用意されています。ご購入は、2営業日前までにお申し付け下さいね。

お店情報はこちら

■店舗名:銀座 天あさ
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座8-7-19 すずりゅうビル1階
■電話番号:03-5568-6200
■営業時間:ランチ 11:30〜14:30(L.O.14:00)/ディナー 17:00〜22:00(L.O.21:30)
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13005013/
■公式HP:http://www.four-seeds.co.jp/brand/tenasa/

銀座で本当においしい天ぷら屋10選

1.てんぷら 近藤

店主の近藤さんは既存の天ぷらのイメージを打ち破り、”前衛的”とも言える独自のスタイルを確立した天ぷら界の寵児です。油のなかで転がしながら30分以上もかけてじっくりと揚げる「さつまいも」や、細切りにして立体的に揚げた「にんじん」など、他店では見られないアイデンティティーを見せます。

サツマイモの天ぷら(単品メニュー)

このお店の特徴のひとつに野菜が多いことがあげられます。江戸前の天ぷらと言えば魚介類がメインで、野菜は脇役。近藤さんは、それがずっと疑問だったそうで「こんなにおいしい素材(野菜)があるのに」と思い続けていたといいます。だから、さつまもは薄切りではなく、この迫力。「高いお金を払ってお芋を食べるのはな……」という声もあります。でも、他店では決して味わえない孤高のサツマイモがここにあるんです。

メインのコースは1,1000円、14,000円、18,000円の3種類。

かつてテレビ番組の中で「天ぷらは揚げ物ではなく、蒸し料理なんですよ」と近藤さんはおっしゃってました。衣で素材をコーティングして、余分な水分を適度に抜きながら油の中で蒸し上げる。ここが素揚げとは違うところ。天ぷら屋の極太の菜ばしは、衣を破らないようにするためなんだと。ぜひ一度は、その匠のワザとお味を体験してみてください。

お店情報はこちら

■店舗名:てんぷら 近藤
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座5-5-13 坂口ビル 9F
■電話番号:03-5568-0923
■営業時間:ランチ 12:00~13:30(L.O.)/ディナー 17:00~20:30(L.O.)
■定休日:日曜
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13004993/

2.天一 本店

昭和5年創業の老舗。その知名度は国内はもとより、世界のVIPにも愛される国際的な名店のひとつです。季節毎に旬の素材を吟味して毎日築地市場から仕入れ、熟練した職人の技で素材の持ち味を極限まで引き出して提供。心地よいインテリアと心配りの利いたサービスでお客の心をおもてなししてくれます。あなたも世界のVIPと同じ気分になれますよ。

コース料理

どれを食べても絶品の天ぷら。ランチタイムの天丼は4,000円という高級店ですが、一見の価値はあるでしょう。予約できる最もベーシックなコースは「梅」。お通し・和風サラダ・天ぷら12品・御飯(天丼もしくは天茶)・赤だし・お新香・果物という構成。天ぷらだけで12品も堪能できます。単品での追加注文も可能で、秋のおすすめは贅沢な松茸です。

お店情報はこちら

■店舗名:天一 本店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座6-6-5
■電話番号:03-3571-1949
■営業時間:ランチ 11:30~16:00/ディナー 16:00~22:00L.O.21:30)※12月31日、1月2日の営業時間は11:30~20:00(L.O.19:00)です。
■定休日:年中無休(但し1月1日は除く)
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002572/
■公式HP:http://www.tenichi.co.jp/index.html

3.天ぷら料亭 一宝(いっぽう) 東京店

天ぷらと言えば、江戸前のお寿司・江戸そばと共に江戸3大料理のひとつですが、こちらのお店の本店は大阪にあります。しかも創業100年余りの大阪を代表する老舗。料亭ならではの高い格式を守り、関西風のお座敷天ぷらを提供しています。

ホール席の「月」コース 11,000円(別途サービス料)

江戸前の天ぷらとは違う特徴があり、大阪ではごま油は使わず、こちらのお店では紅花油100%で揚げていて軽い食感です。天種も、お麩・太刀魚・常用饅頭・水なすなど関東の天ぷら屋さんでは扱わない食材を出しています。

お店情報はこちら

■店舗名:天ぷら料亭 一宝 東京店
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座6丁目8-7 交詢ビルディング 5階
■電話番号:03-3289-5011
■営業時間:[月~金]11:30~14:00、17:30~21:00 [土日祝]11:30~20:00
■定休日:無休
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13000491/
■公式HP:http://www.ippoh.com/index.html

4. 天冨良 いわ井

1998年に銀座6丁目で創業し、昨年2015年に銀座7丁目の交詢ビルに移転しました。お料理のスタイルは、店主自ら築地市場で厳しいプロの目で選んだ新鮮な素材を活かした「おまかせコース」のみ。だから決まったメニューはありません。

夜のおまかせコース 12,000円~

揚げ油は、竹本油脂の生搾り太白胡麻油を使用。常に新しい油しか使わない贅沢な揚げで、洗練された味わい。天ぷらは、海老とその頭、帆立、キス、メゴチ、ウニ、鱧、アスパラ、稚鮎など。お食事は天丼、天茶、天ばらの3種類から選べます。ワインセラーがあり、女子にうれしいシャンパンのご用意もありますよ。落ち着いた極上の食空間がここにあります。

お店情報はこちら

■店舗名:天冨良 いわ井
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座7-4-5 銀座745ビル 6F
■電話番号:03-3571-5252
■営業時間:ランチ 12:00~14:00(予約制)メニューはディナーと同じ/ディナー 18:00~20:30(予約制)
■定休日:日・月曜日
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13183675/
■公式HP:http://tempura-iwai.com/jp/index.html

5. てんぷら 真(まさ)

天ぷら鍋を前にした、わずか8席のみのシェフズ・テーブルならぬカウンターのお店です。テーブル席はありません。おひとりか、大切な人とのカップルで訪れるのがおすすめですよ。グループでの来客はむずしいかもしれません。もちろん予約は必須です。

あわびの天ぷら

ランチは天丼が2,500円、コースは5,000円から。ディナーはコース9,000円から、おまかせは17,000円というお値段。それに見合ったお客と店主の良い意味での食における闘いの場が、ここにあります。

調理は素材の特性を生かして切り幅などを工夫し、温度の違う2つの鍋を駆使して旬の材料を揚げてゆきます。カウンター席の長所は、客の食べるスピードを見ながら料理人が調理できること。ベストなタイミングで揚げたての天ぷらが提供できます。それこそが、天ぷらの醍醐味というものです。

お店情報はこちら

■店舗名:てんぷら 真(まさ)
■最寄駅:新橋駅
■住所:東京都中央区銀座7-7-16 西七番館ビル1F
■電話番号:03-3571-1380
■営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O)/ディナー 17:00~21:30(L.O)
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13094471/
■公式HP:http://tempura-masa.jimdo.com/

6.天利(てんとし)

1988年の創業。外堀通り沿い能楽堂ビル2階にありますが、居酒屋チェーンの大きな看板のせいか目立たない店構えです。関西風の天ぷらだそうですが、揚げ油は関西風にありがちなサラダ油ではなく、ごま油とのブレンドで軽さとコクを併せ持っています。店内のレイアウトは椅子のカウンター席とお座敷カウンターがあります。

ランチもおすすめ

夜のコースでは、お通し、海老のおどりと白身魚のお造り /旬の素材の天ぷら・サラダ ・お吸い物・ご飯(かき揚げにて、天バラ・天丼・天茶を選べます)・味噌汁・香の物・シャーベット。10月は、かわはぎや銀杏、松茸などが味わえます。

「てんぷら近藤」と同様に、このお店も「天ぷらは蒸し物」と表現しています。サクッとした衣に包まれて、素材のうま味と心地よい食感が見事に引き出されています。

お店情報はこちら

■店舗名:天利(てんとし)
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座6-5-15
銀座能楽堂ビル 2階
■電話番号:03-3574-7771
■営業時間:ランチ 11:30~14:00(L.O.13:30)/ディナー 17:30~22:00(L.O.21:00)  土曜日 17:00~21:00(L.O.20:00)
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13015053/
■公式HP:http://tentoshi.com/

7. 七丁目京星

初代のお店は韓国で創業して戦後に引き上げて、現在のご主人で4代目になるそうです。店名は”7丁目”ですが、現在の住所は5丁目に移転しています。ミシュラン3つ星を獲得した名店です。とても気軽には伺えないお値段ですが、メニューは昼・夜ともにおまかせのコースのみです。

おまかせコース 32,000円

コースの品数は20品目以上と多く、車海老が何度も出されます。そのアイテムもオーソドックスな素材の他に、海老サンド・こんにゃく・とらふぐ・無花果(いちじく)・和牛などユニークな品も出されます。

ご飯は、天丼・天茶・天ぷらとご飯の3種類から選べ、量も大小からチョイスできます。ご訪問は必ず予約が必要です。

お店情報はこちら

■店舗名:七丁目京星
■最寄駅:銀座駅
■住所:東京都中央区銀座5-5-9 オージオ銀座ビル 6F
■電話番号:03-3572-3568
■営業時間:ランチ 12:00~15:00/ディナー 17:00~21:00
■定休日:お盆・正月
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13002637/

8.てんぷら 銀座天亭

今年2016年の夏、このお店は創業30周年を迎えられました。新橋寄りの銀座8丁目のビルの地下にあり、店内は20席と小体ですが、職人さんのライブ感あふれるカウンター席は目でも楽しめる特等席。銀座という場所にあっては、お値段が比較的リーズナブルですが、旬の素材・良質な太白胡麻油・季節を先取りした食楽、そして熟練の調理をモットーにしています。

さくら(夜のメニュー)8,500円

こちらのコースは、季節の魚、野菜などてんぷら12品、ごはん、赤だし、御新香、フルーツという内容で、ごはんは小天丼か天茶を選べます。

最近は、素材が透けて見えるような薄衣のお店が増える一方ですが、このお店ではやや厚めの衣。これはしっかりと素材をコーティングすることで「蒸し料理」を確かにしています。その分、食べやすいように天つゆの他に塩・カレー塩・レモンなどを用意し、素材ごとにおすすめの食べ方をご案内していただけます。

お店情報はこちら

■店舗名:てんぷら 銀座天亭
■最寄駅:新橋駅
■住所:東京都中央区銀座8–6–3 新橋会館 B1
■電話番号:03–3571–8524
■営業時間:ランチ 11:30~16:00/ディナー 17:00~21:30
■定休日:日曜日※祝祭日(振替休日を含む)はお昼のみの営業となります
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130103/13002621/
■公式HP:http://ginza-tentei.jp/

9.天ぷら 銀座おのでら

昨年2015年10月にオープンした新進気鋭のお店です。完全禁煙の店内で、カウンター席11席のみのレイアウト。職人の技をつぶさに見られるだけでなく、お店側にとってはお客とダイレクトにコミュニケーションが取れ、個人の風貌を記憶したり、その食べる表情で心に伝わる料理を提供できているのかを推測することができます。

銀座には老舗や高級店がいくつもあり、最高ランクの味を提供するのは当たり前。でも、このお店ほど女性に対する気配りの利いたお店は他にありません。天ぷらは女性がひと口でも食べられるように軽く小さめにしたり、コース料理も重すぎず量にも配慮。飲み物は、シャンパンやワインも用意しています。大切な夜に伺いたくなるお店ですよ。

〆もおすすめ

このコースは、先付け・車海老2本・旬の魚3品・お勧め野菜4品、かき揚げで食事(天丼・天茶・天バラのいずれか)お椀・香の物・デサートというほどよい量の構成。もっとたっぷりと召しあがりたい方には品数の多いコースもあります。

お店情報はこちら

■店舗名:天ぷら 銀座おのでら本店
■最寄駅:新橋駅
■住所:東京都中央区銀座8-5-10 金成ビル6階
■電話番号:03-6264-5738
■営業時間:ランチ 11:30 ~14:00/ディナー 18:00 ~22:00
■定休日:なし
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13186911/
■公式HP:https://onodera-group.com/

10.銀座天ぷらよしたけ

2013年12月の開店。老舗が多い銀座では新しいお店です。お店はビルの地下1階。うっかりすると通り過ぎてしまいます。店内はカウンターを取り囲んだ8席と半個室のテーブル席というレイアウト。小体なお店なので、要予約です。

うにの天ぷら

夜のコースは8,000円から。豪華なウニの天ぷらは一度食べてみたい逸品。秋の時期なら松茸や栗の天ぷらが出されます。途中にお刺身なども出されて、お客をあきさせない緩急自在な演出ぶりですね。数ある銀座の天ぷら屋さんの中で、このお店がトップとする人もいます。今後の更なる飛躍に目が離せないお店です。

お店情報はこちら

■店舗名:銀座天ぷらよしたけ
■最寄駅:新橋駅
■住所:東京都中央区銀座8-5-1 プラザG8 B1F
■電話番号:03-6274-6499
■営業時間:ランチ 11:30~14:30/ディナー 17:30~22:00
■定休日:日祝
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1301/A130101/13163793/

銀座で天ぷらを堪能しよう♩

銀座の街は華やかであこがれますが、ちょっと敷居が高いイメージもありますね。

でも、リーズナブルなランチから職人技の極みときめ細かなサービスを体験できるお店まで、そのありさまはバラエティに富んでいます。

ご自分好みのお店を探して、花のお江戸の食の悦びを満喫してくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

自分好みにカスタマイズ出来るのが魅力のスタバドリンク。これまで数々の裏メニューが話題になりましたが、その中のひとつ「ゴディバ風のフラペチーノ」をご存じですか?なんとゴディバのショコリキサーを再現しているんだと…

うなぎ まとめ レシピ

食欲を奪う夏の救世主といえば、そう「うなぎ」です。でも高くて手が出ない……なんてお悩みの方は身近食材を使って、うなぎを代用しちゃいましょう♩今回は、なんちゃってうなぎのレシピをご紹介します。作り方もとっても簡…

アボカド おしゃれ

世界には、アボカドに芸術品さながらの彫刻をほどこすアーティストがいるのを知っていますか?さまざまなものにアレンジしてはSNSで発信し、見る人を驚かせています!信じられないほど美しく繊細なアボカドアートの世界を…

じゃがいも バター まとめ

電子レンジやオーブンを使って簡単に作れるベイクドポテト。皮は「パリッ」中は「ホクホク」で、おいしい食感が楽しめますよね。今回は、ベイクドポテトの基本の作り方からアレンジレシピまで紹介します。軽食やおかずにぜひ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

中目黒 まとめ

お酒が好きな人なあなたに!世界の珍しいお酒が味わえる中目黒のオシャレバーを紹介します!

ラーメン 大阪 まとめ

攻めのラーメンも伝統のラーメンも混在しているエリアです。

大阪 デート 個室 ダイニングバー まとめ

難波、梅田、福島など大阪でデートに最適な夜景が見れるお店をまとめてみました。好きなお相手と是非楽しんでください。きっと素敵な記念日を送ることができると思いますよ。

赤坂 六本木 ミシュラン 恵比寿 接待 まとめ

赤坂「帰燕(きえん)」はミシュラン1つ星を獲得したこともある都内の日本料理屋で随一の店。料理長の信念があらわれた、3種の懐石料理『吉』『福』『特選』が絶品と話題になっています!

カフェ まとめ

東京からもほど近く、夏のおでかけに人気な避暑地「那須」のおすすめカフェ7選をご紹介します。自然も豊かで、プレイスポットも多いことからお子さんのいる家族連れにも人気ですよ。おいしいものを食べながら、日頃の疲れを…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

寿司 東京

今回、竹芝客船ターミナル内に伊豆大島で連日売り切れ続出の大人気お弁当「島島弁当」を販売するレストラン「鼈甲鮨(べっこうずし)」が10月26日にオープンするということで、一足先に拝見&試食に行ってきました!

2015年10月27日(火)、新業態の亜細亜的バル 「シンチャオ(Xinchao)」が三軒茶屋にオープンします。「舌に、体に、ココロに優しい」をコンセプトにした、「野菜で包む」メニューを中心とするアジアンヘル…

shucyan

フードアナリスト・江戸ソバリエ・ソルトマイスター・「日本ワインを愛...

http://sinnomikui.blog69.fc2.com/

ページTOPに戻る