ローディング中

Loading...

大人の男のたしなみというイメージのある、バーボン。これを楽しめたら、女性でもとってもかっこいいですよね。今回はそんなバーボンの基礎知識から、様々な飲み方までご紹介。初めての人でも飲みやすい飲み方もありますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

バーボンって?

アメリカ連邦議会が、バーボンは「アメリカ生まれの唯一のスピリッツ(蒸留酒)、偉大な発明品」と宣言したことがあります。アメリカ開拓時代を支えたお酒で、スコッチウイスキーとは異なる材料と製法で作られます。

原料にトウモロコシを使い、醸造と蒸留を経て、内側を焦がしたホワイトオークの新樽で2年以上熟成させます。原料からくる風味、熟成に使う樽からしみ出すバニラ香や液色が特徴のお酒です。

バーボンの基本的な飲み方

ストレート

バーボンは西部劇から連想される男らしいお酒です。荒削りで尖ったイメージがありますね。往年のロックミュージシャンたちが好んで飲み、歌にも取り上げたことでイメージが定着しました。バーボン本来の味を、イメージといっしょに味わうならストレートがおすすめです。

グラスの半分程度までバーボンを注ぎます。グイグイ飲むと、アルコールで舌が麻痺してしまいますので、チェイサー(「追いかける」という意味)と呼ばれる水を用意します。内蔵の負担を軽減させる目的もあります。

氷を入れたミネラルウォーターを別のグラスに入れておき、バーボンと交互に飲むことで、いつでも最初の一口のような新鮮さを味わえます。チェイサーには、よく冷えた水が合います。

ロック

バーボンとスコッチ、同じウイスキーでも味は結構違います。別のお酒と思われたほうがいいでしょう。オン・ザ・ロックはグラスに入った氷をカラカラいわせながら飲む、オシャレな大人の飲み方です。

ストレートはちょっときついかも、という方におすすめ。製氷機で作ったものではない、大きめの氷を1~2つグラスに入れて、氷を回転させてグラスを冷やします。氷が溶けないうちに飲み切れるよう少なめにバーボンを注ぎます。大きめの氷を使うのは、氷が溶けにくいからです。

大きめの氷が入る口が広いグラスがおすすめです。冷たさが大切ですから、グラスも冷やしておきましょう。氷がグラスに触れる音や氷どうしが触れあう音。そんな音も雰囲気を演出してくれます。

水割り

バーボンはアメリカ中東部にあるケンタッキー州バーボン郡が発祥といわれますが、隣接するテネシー州でも製造されています。ケンターキーの主な銘柄は、『ジン・ビーム』、『フォア・ローゼス』、『アーリータイムス』、『ワイルドターキー』や『IWハーパー』などがあります。

テネシーの銘柄では、『ジャック・ダニエルズ』が有名です。銘柄によって香りや風味が微妙に違います。水割りにすると滑らかで甘みを感じやすくなりますので、水との相性は悪くありません。それぞれの銘柄のコツをつかんで、深い味に仕上げましょう。

基本はしっかりと冷やすことです。まず、グラスいっぱいに氷を入れて冷やします。バーボンを注ぎ、マドラーでかき混ぜます。氷が減れば足します。最後にミネラルウォーターを注ぎ、かき混ぜます。「バーボン1:水2~2.5」がおいしい水割りの割合と言われ、バーボンの個性をやわらかく包みます。

オススメの飲み方

トワイスアップ

バーボン特有の香りを堪能できる飲み方です。お酒はアルコール分20%程度のときが、最もバランスのよい香りが立ち上るとされています。室温のバーボンをグラスに適量注ぎ、同じ量の冷えていないミネラルウォーターを注ぎます。

「バーボン1:水1」の割合、水でトワイス(「2倍」という意味です)に希釈する飲み方です。冷えると香りが立ちにくくなりますので、氷は入れません。グラスを軽く揺らし、立ち上るバーボンの香りを楽しみます。テイスティングにも用いられる飲み方だそうです。グラスの脚が持てるワイングラスやシェリーグラスがよいでしょう。

ハイボール

トウモロコシ由来の独特の甘みや香ばしさ。液色やバニラ香は、熟成で使うオーク樽の影響といわれます。そんなバーボンの特徴を引き立てる飲み方がハイボールです。

作り方は、グラスに氷をたっぷり入れてかき混ぜ、グラスを冷やします。そしてバーボンを適量注ぎ、かき混ぜます。ソーダを加えます。「バーボン1:ソーダ4」の割合が黄金比率です。マドラーでタテに1回まぜます。爽快感も味わいたいので、炭酸を逃がさないようにかき混ぜるのがコツです。かき混ぜすぎると泡が立って炭酸が逃げてしまいます。

バーボン、ソーダーとグラスはしっかり冷やしておきます。さらにレモンを軽くしぼると爽快感が増します。ついつい飲み過ぎてしまうの難点ですが、ぜひ試してみたい飲み方です。でも、ソーダ割りじゃ飲みづらいという方は、ブラックハイボール(コーラ割り)はいかがでょう。

バーボンには、独特の香りとコクがありますから、炭酸のさわやかさ、コーラの甘さとうまくバランスがとれているはずです。レモンをしぼって加えると、より爽やかになりますよ。

ミストスタイル

氷はクラッシュドアイス(砕いた粒状の氷)を使います。キンキンに冷やしたグラスにクラッシュドアイスをたっぷり詰めます。氷の上から適量のバーボンを静かに注ぎます。砕かれて表面積が大きくなった氷でバーボンがよく冷やされ、グラスの表面に霧(ミスト)がつき、清涼感が演出できます。

レモンピールで香りつけすると爽快感もプラスされ、暑い季節にぜひ試してみたい飲み方です。飲み始めはロック、氷が溶け始めれば水割りになります。よく冷えるだけに、立ち上がるアルコールの香りが消されて口あたりがよくなります。飲みすぎにはご注意下さい。

おわりに

ケンタッキー州バーボン郡が発祥といわれるバーボンですが、いまでも世界中の95%がケンタッキーで生産されています。ケンタッキー州の人口は430万人ですが、バーボンを熟成している樽の数は490万個もあります。

バーボンで有名な州ですが、他にもケンタッキーフライドチキンの1号店や、チャーチルダウンズ競馬場で開催されるアメリカ三冠レースの第一弾・ケンタキーダービーなどが有名です。

ぜひアメリカに思いを馳せながら、バーボンを楽しんでみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

「マウントレーニア」の蓋は実はコースターだったという話を耳にしたことはありますか?蓋として使うどころかストローをさして飲んだ後は捨ててしまうという人の方が多いかもしれません。でも、思い出してみてください、蓋の…

お茶 レシピ

幻のお茶とも呼ばれている「碁石茶」をご存じですか?乳酸菌をたっぷりと含んでいる、高知県発症のお茶なのですが、初めて聞いたという方も多いかもしれませんね。今回は、そんな碁石茶の効果効能や歴史、おすすめ商品などを…

みなさんはお酒を飲む際、まず何をオーダーしますか。ビール、ワイン、カクテル……中でも梅酒は女性から圧倒的な支持を得ています。では、その度数は?おすすめの飲み方は?甘くて飲みやすいこ…

強いお酒だからといって敬遠するのはもったいない!ブランデーの本当の魅力、その一端でも知ってしまったら、もうほかのお酒は飲めなくなってしまうかも……。今回は、それを知るための方法とし…

カクテル ドリンク まとめ

美しい瓶が特徴の「ボンベイサファイア」。ボンベイ・スピリッツ社がイングランドのチェシャー州で製造し、バカルディ社が1987年から発売しているジンのブランド名です。今回は「ボンベイサファイア」の特徴やおすすめの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ 東京 お土産 まとめ

海外では最高のスイーツのひとつとして愛されている「エッグタルト」。しかし日本ではパンケーキやチーズケーキの影に隠れてしまっているのか、あまり注目されてないですよね。一度食べたら、今まで気付かなかったことを後悔…

サンドイッチ 東京 洋食 テイクアウト まとめ

肉好きならどうしても食べたい日が来る「カツサンド」。今回は、都内でカツサンドを食べたくなった時に行くべきお店を14店厳選してご紹介します。レアな焼き具合からじっくり揚がったものまで、あなたのお好みに合うものを…

日本酒 まとめ

新年と言えば、初詣にお節、お雑煮、そして欠かせないのがお酒ですよね。しかもお正月は日本酒を飲む機会もなぜか増える。その中でも日本酒には縁起の良い名前のお酒があるのをご存知ですか?是非とも年明けから運気を呼びこ…

おつまみ スイーツ チョコレート まとめ

ウイスキーは商品によって全く味が異なりますよね。いつも同じおつまみになっていませんか?定番のチョコを毎回用意するのも良いですが、実は法則があるんです。ピッタリなおつまみを合わせれば、お気に入りのウイスキーも格…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー ドリンク

4月からの新生活、環境の変化によって食生活が乱れていませんか?そんなあなたの朝食に取り入れてほしいのが、ナチュラルヘルシースタンダードの「ミネラル酵素スムージー」。この春のリニューアルにより、さらにおいしく、…

ドリンク

2017年4月25日(火)、「サントリー天然水 プレミアムモーニングティー レモン」が発売されます!フリーアナウンサーの内田恭子さん、人気マンガ編集者の佐渡島庸平さんによる発売記念トークイベントの様子と合わせ…

スイーツ パンケーキ レシピ カップケーキ

お酒を加えたアルコール入りのカップケーキはコクが加わってちょっぴり大人の味がしそう♪甘いカクテルや、フルーティーなお酒を使ってもおいしいカップケーキに仕上がります。お酒好きにはたまらない「カップケーキ」のアイ…

お菓子 奈良

奈良県にある小さな製菓屋さん「イコマ製菓本舗」がつくるレインボーラムネが今大人気!買いたくても買えない人が続出し「幻のラムネ」といわれているそうです…。販売店では行列ができ、ネットでは抽選になっ…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...