ローディング中

Loading...

油揚げの油抜きは、ひと手間さくだけでお料理の仕上がりに格段の差がつきます。上品な見た目に加えカロリーもカット。油臭さがとれ、おだしの味がしっかり染みた、ふっくら食感のお揚げになりますよ。お味噌汁やいなり寿司を作るときにぜひおすすめです。

お料理をおいしくするひと手間

リーズナブルでスーパーでも手軽に変える油揚げは、お味噌汁やいなり寿司、おでんの巾着などになり、食卓に並ぶ機会も結構多いものですよね。油をいっぱい含んだ油揚げを使用する際には、調理の前に油抜きの作業が必要です。お湯をかけたり、いったん茹でたりと、ちょっとの手間がかかるため面倒な気持ちが先立ち、油抜きしないまま使ってしまっている方もいるかもしれません。

油抜きをせずに使ってもさほど違いはないようにも思えますが、油抜きをした料理としない料理とでは、実は格段に味に違いが出るんです。たったひと手間ですが、この工程ひとつでおいしくて上品な仕上がりになりますよ。電子レンジで簡単にできる方法もあるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

油抜きをするのはなぜ?

上質な味に仕上げるため

油揚げはご存知のようにお豆腐を油で揚げて作った食材。そのままお料理に使うと表面の油膜が邪魔をして、だしや素材の旨みが染み込みにくく、ふっくらとした油揚げの食感も損ねてしまいかねません。

油抜きをすると油臭さがお料理につくことを防ぎ、全体の風味も豊かになります。油揚げ自体にも味がよくつき、おいしい具材のひとつに変わります。お味噌汁や煮込み料理に使った際に油が浮くのも防げますから、見た目も上品になりますよ。

カロリーダウン

油揚げの1枚(約60g)のカロリーは、約230kcal。ヘルシーなお豆腐でできた食材ですが、1枚食べきると、ごはん茶碗に軽く1杯分のエネルギーがあり、思ったよりも高カロリーな印象。表面の油分を取り除けば、余分なカロリーをカットできますよ。

油抜きの方法にもよりますが、油揚げ1枚につきおよそ10~15kcalのカロリーダウンができ、丁寧に熱湯を使って湯通しすれば、さらに余分な油を落とせます。

お味噌汁や炒めものとは違い、いなり寿司はお揚げ半枚を一度に食べるメニュー。2つ3つ食べると、酢飯を使ったいなり寿司は油分に加え糖分も多いため、さらにカロリーを摂取することになります。しっかり油抜きをした油揚げを使えば、ダイエット中に食べるときにも便利ですよ。

油抜きの方法4選

1. 基本的な油抜きの方法

1. 油揚げ、ザルまたは鍋と熱湯を準備します

2. ザルにのせた油揚げに熱湯をかけます。油揚げを裏返し、裏面も丁寧に熱湯をかけます

3. 油揚げを冷水にとって冷まし、水分をしっかりとしぼったら完了です

2. 熱湯に入れる方法

1. 熱湯の中油揚げを入れて1~2分、振り洗いをするようにしてじっくり油抜きします

2. 冷水にとって冷まし水気を絞ったあと、キッチンペーパーでさらに水分をふきとると、カロリーをよりおさえられます

※いなり寿司を作る際には、油揚げ自体にしっかり味を染みこませたいため、お揚げの表面についた油を茹でてしっかり落とします。茹で上がった油揚げはよくしぼって使います

3. 煮込む方法

1. 鍋に水を入れ、大さじ1弱ほどの塩を入れて沸騰させます

2. 沸騰したお湯に油揚げを入れてぐつぐつと煮立つくらい数分ゆでたら冷水にさらし、優しくしぼって水気を切ります。油揚げを触っても油が手にほとんどつかないくらい、十分な油抜きができます

いなり寿司やダシをきかせた和食のように、油揚げ自体にしっかり味を染み込ませたいお料理の場合は、煮込む方法で油を抜くのがよいでしょう

4. 電子レンジを使う方法

1. 油揚げを1枚をキッチンペーパーで包みます

2. 500wの電子レンジで1分加熱します。2枚一度に加熱する場合には、1分20秒が目安です

3. 電子レンジから出したら、油揚げを包んでいるキッチンペーパーを強く押し当てて油をしぼります

4. 熱が冷めたら、新しいキッチンペーパーを使って、再度油を吸い取って完了です

冷凍油揚げの油抜き

油揚げをまとめて買ってきて冷凍した場合には、冷凍したものを油抜きすることもできます。 使う直前に熱湯をかけて油抜きをすれば、同時に解凍もできて便利です。解凍方法は、凍ったままの油揚げをそのまま鍋に入れて茹でる方法でも大丈夫ですし、電子レンジを使った解凍も可能です。

解凍する前に油揚げをあらかじめ適度なサイズにカットしても、油抜きが終わってからカットしても、仕上がりの味や状態にさほど変わりはありません。
※長期間保存する場合には、先に油抜きをしてから冷凍するのがおすすめです。その際は、よく水分をふきとって保存してくださいまた、油抜きをしてから冷凍庫に入れれば庫内に嫌な匂いがうつることも防げます。

自然解凍をした油揚げの油抜き

すぐに調理する必要が無い場合は、自然解凍した後に油抜きをしても味にほとんど差は出ません。味をよく染み込ませたいお料理には、自然解凍した油揚げが向いています。

ひと手間かけて上質なお料理を

油揚げの油抜きは、ちょっと面倒に感じるかもしれませんが、余分な油を取り除いて使うと油臭さがなくなり、お味噌汁を作ればだしや素材の味、いなり寿司であれば酢飯や具材の味など、全体のバランスがよい味わいになり、お揚げ自体の食感もやわらかく仕上げられます。

また、カロリーをおさえることもできるので、おいしさとヘルシーさで一石二鳥。ぜひ、一度試してみてはいかがでしょうか。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カレー レシピ

プチプラファッションで人気の「しまむら」。そのしまむらで買えるスヌーピーのデコカレーがかわいいと話題になっていることをご存知でしょうか。今回はしまむらのライス型を使った、簡単でかわいいスヌーピーカレーの作り方…

レシピ ハンバーグ まとめ

とってもおいしい煮込みハンバーグ。自宅で作るとき、どんな献立にすればいいか、迷うことはありませんか?もうひと品つけたしたい、栄養バランスが気になる……そんな方に、煮込みハンバーグに合うスープや副菜をレシピ付き…

とうもろこし おつまみ 唐揚げ レシピ まとめ

夏が旬のとうもろこし。茹でたり焼いたりして食べるのが一般的ですが、唐揚げにするとビールが進む絶品おつまみに大変身します!そんなとうもろこしの唐揚げを実際に作って食べてみました!詳しい作り方やアレンジレシピもご…

パン レシピ

最近インスタなどで話題になっている「アイスパン」をご存知でしょうか。名前からはいろいろなビジュアルを想像すると思いますが、アイスパンとはソフトクリームの形をしたパンなんです。今回はそんなかわいいアイスパンの作…

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

調味料、普段どこに保存していますか?常温で保存しているもの、冷蔵庫に入れているものなど色々あるかと思いますが、それは本当に正しいのでしょうか?劣化を遅らせて、風味をきちんと保つためにも、正しい保存方法を確認し…

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですが、頼み方がわからない人も多いのでは?そこで今回は人気の「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてくださ…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

パン まとめ

コストコの人気定番商品『ディナーロール』。安いのにたっぷり入っており、冷凍しておくことで色々なレシピに使うことができるんです。今回はおいしく食べられる冷凍&解凍法と、アレンジレシピをご紹介!ぜひ買ってみてはい…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

まとめ

自分の家でキッチングッズを揃えると、ついついシンプルなものにしてしまいがちですが、出来ることならかわいいキッチンを作りたい、という人も多いと思います。そこで、かわいいキッチンを実現している海外のキッチンを見て…

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

kamomm

定番よりも、つい珍しいものを選んでしまうのは ひねくれ者でしょうか...

ページTOPに戻る