ローディング中

Loading...

中華くらげ、お家の料理に使ったことはありますか?中華料理屋さんで食べたことしかない!という人が多いかもしれませんね。意外と知らない中華くらげの種類や、簡単に作れる中華くらげを使ったメニューなど、ご紹介します!

中華くらげとは

コリコリとした食感が特徴的な「中華くらげ」。中華料理店では、ササミやきゅうりと一緒に和え物でいただくことが多いですよね。

お店で中華くらげを食べた際に、前に食べた中華くらげと食感が違うと感じたことはありませんか?実は、中華くらげにはいくつかの種類があるのです。日本で普段食べられている中華くらげは、6種類に分けられます。

1. キャノンボールクラゲ
2. ビゼンクラゲ
3. ヒゼンクラゲ
4. エチゼンクラゲ
5. ホワイトクラゲ
6. チラチャップクラゲ


この中でも多く食べられるのは、エチゼンクラゲとビゼンクラゲです。塩とミョウバンに漬け込んで水分を抜いて乾燥させて、中華くらげは仕上げられます。

海外(特に中国)の大衆中華料理店やスーパーなどで売られている中華くらげのほとんどは日本産です。日本産の中華くらげは食感が良く人気が高いためです。しかし、中国産のものに比べて値段も高くなってもいますが、人気の高い食べ物なのです。

中華くらげのカロリーは?

中華くらげは非常に低カロリーでダイエット食品としても人気が高くなっています。中華くらげ100gに含まれているカロリーは、たったの22gなのです。

ただし、酢や香辛料、ごま油などを使って食べることによって食欲がそそられるため、つい食べ過ぎてしまうのも事実です。そうすると、当然ながら太ってしまうので注意が必要です。低カロリーでコラーゲンも豊富な中華くらげは女性に人気の高い食べ物と言えます。

基本的な作り方

中華くらげはスーパーなどで買わなくても自宅で簡単に作れることをご存知ですか?実は自宅にある調味料を組み合わせることで作ることが出来ますので、一度は試して頂きたいほどです。では、中華くらげを作るのに必要な材料からご紹介していきます。

材料

・ くらげ400g
・ 砂糖 大さじ1/2
・ 酢 大さじ2
・ 醤油 大さじ3
・ 味の素 少々
・ ゴマ油 大さじ1

これで、おいしい中華くらげを作ることが出来るのです。

手順

中華くらげに必要な材料をそろえたら、いよいよ調理開始!手順を守りながら調味料を混ぜ合わせていくだけで、おいしい中華くらげが完成しますよ。

1. くらげを水洗いし、食感を出すために80度の熱湯にくぐらせます。この工程を4度ほど繰り返すことで、くらげの食感を出していきます。

2. 塩抜きのためにたっぷりの水に8時間ほど水を替えながら漬けておきます。ボウルで砂糖、酢を混ぜ合わせていき、そこに醤油と味の素を加えていきます。味の素で味を調えていくイメージです。

3. 水をしっかりと切ったくらげを2のボウルに入れ、混ぜ合わせます。風味を出すためにゴマ油を入れてさらによく混ぜ合わせます。味がなじんだら完成です。

風味豊かでこりっとした食感の中華くらげを手軽に味わうことが出来ますね。

きゅうり以外を使ったレシピ5選!

大根の中華くらげ和え

中華くらげは基本的にはそのまま食べられることが多く、他の食材と和えたり、合わせたりして食べることが大半です。今回は、中華くらげと相性抜群と言われている定番食材「きゅうり」以外の食材との組み合わせをご紹介していきます。

まずは、「中華くらげ」と「大根」の組み合わせです。中華くらげのコリコリとした食感と大根の水水しい味わいがたまらないひと品です。

材料
・ 中華くらげ 
・ 大根 
・ 青ネギ 
・ 顆粒だし

作り方
大根を細切りにカットしていきます。少し水に漬けておくと食べた際にみずみずしい味わいが残ります。その大根に中華くらげを和えていき、青ネギと味の素を加えたら完成です。お好みで味の素で味の調整をしたり、ゴマを入れてもおいしいですよ!

ゴーヤともやしの中華くらげ和え

夏に人気な栄養の宝庫「ゴーヤ」。ほろ苦い味わいがクセになる食べ物です。このゴーヤと中華くらげの相性は非常に良く、ピリッとした辛味とゴーヤの苦味、そして食感を存分に楽しめます。

材料
・ 中華くらげ
・ ゴーヤ
・ もやし
・ 砂糖
・ ゴマ油

作り方
ゴーヤを薄くスライスして水にさらしてから、沸騰したお湯でゴーヤをサッと湯通ししていきます。ゴーヤが茹で上がる少し前にもやしも入れていきます。ゴーヤともやしを冷水でしっかりと冷まして水気を取ったら中華くらげと合わせて完成です。砂糖とゴマ油で味の調整もしていきましょう。

タコと中華クラゲのごまドレッシング和え

海の幸の中でも際立った食感を持つのが「タコ」。中華くらげとは又違うコリッとした食感がたまりません!ここにしっとりとしたワカメを加えることで食感と味わいのバランスが取れたひと品が完成します。

材料
・ 中華くらげ
・ 茹でタコ
・ ワカメ
・ ごまドレッシング
・ ごま油 

作り方
水で戻したワカメ、茹でてひと口大にカットしたタコ、中華くらげを合わせていきます。ごま油で味の調整をして完成!さっぱりとしたいときは、ここにごまドレッシングを追加していくことで、サラダ感覚で味わうことが出来ます。

中華くらげのキムチ和え

シンプルながらも、ついつい箸がのびてしまう中華くらげとキムチの合わせ料理です。野菜の旨味と中華くらげの食感、そして何より辛味が食欲をそそるひと品に仕上がっていきます。

材料
・ 中華くらげ 
・ キムチ

レシピ
ピリッとした辛味のある中華くらげと、スーパーなどに売っている野菜たっぷりのキムチをお好みの分量で合わせていきます。どちらも既に味付けがされているため、味付けの手間もなく楽ちん!ひと晩置くことによって、より味がなじんでおいしさも増していきます。

鶏肉と中華クラゲのマリネ

準備するのは中華くらげと鶏肉の2つのみ。これだけシンプルながらも鶏むね肉の旨みたっぷりな味わいと中華くらげの食感がたまらないひと品に仕上がっていきます。自宅で試す価値ありですよ。

材料
・ 中華くらげ
・ 鶏むね肉

作り方
しっかり茹でてひと口大にさいた鶏むね肉と中華くらげを和えたら完成。なんと味付けいらずの非常にシンプルなひと品。素材の旨みを存分に味わいましょう!

おわりに

ひとえに「中華くらげ」と言っても、その種類は豊富にあります。それぞれの中華くらげによって味も食感も変わってきますので、好みに合った中華くらげを探してみるのも楽しいものですよ。

女性にとっては、低カロリーでダイエット効果が見込め、またコラーゲンも豊富と言うこともあり、食べれば美しい肌ツヤを手にすることにもつながっていきます。自宅でも簡単に作ることが出来ますので、他の食材と合わせたり定番のきゅうりと掛け合わせていくのも良いかもしれませんね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ オートミール クッキー まとめ

オートミールは、精白をしていない全粒穀物で栄養素が豊富です。また、オートミールをクッキーの材料に使うことで、小麦粉だけのクッキーよりも低カロリーになります。今回は簡単にできるオートミールクッキーの作り方とアレ…

レシピ 大根

ゆずの香りが食欲をそそる、「ゆず味噌ふろふき大根」のレシピをご紹介します。お出汁がじゅわっと大根から染み出してくるので、温かい日にはぴったりです♩ゆず味噌は自宅で簡単に作れる上においしいので、おすすめですよ!

ハンバーグ レシピ

今回ご紹介するレシピは、大好物な方も多いであろう「ハンバーグ」と「お餅」のコラボレーション!マンネリ化してしまいがちなハンバーグですが、お餅をプラスするだけでいつもと違った食感をもつ新感覚のハンバーグができる…

サンドイッチ 焼きそば レシピ

少し変わったサンドイッチを作ってみたい。そんな時にぴったりな「厚焼きそば玉子サンド」のレシピをご紹介します!ふわふわ玉子と焼きそばの相性はバッチリ!結構ボリューミーなので、男性の方にも喜ばれると思います。お弁…

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージはもちろん、グミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンでは品薄になってしまうくらい大人気!日本では通販で購入することもできます♩

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

日本酒 花見 まとめ

お祝いごとにはもちろん、四季折々の行事にも日本酒は欠かせませんよね。日本人なら是非知っておきたい、日本酒に関わる伝統的な季節の年中行事をまとめました。和食文化の中でも歴史の長い日本酒の、風流な楽しみ方をご紹介…

ココナッツオイル まとめ

モデルのミランダ・カーや道端ジェシカも愛用していることで日本でも一気に人気が高まったココナッツオイルですが、実は意外なことにもつかえるとても便利なオイルだったのです。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

チョコレート

今年も魅力的なショコラギフトがたくさんそろったイトーヨーカドー。素敵なアイテムばかりで、目移りしちゃいそうです。そこでこの記事では、注目ブランドからおすすめのギフトを厳選。その魅力を詳しくご紹介いたします。

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

ランチ カフェ 銀座 和食 おしゃれ

福井県の郷土料理を味わえる、東京・銀座に店を構える「お結びcafe」。温もり溢れる空間は女性一人でも入りやすく、場所は銀座でもリーズナブル!ランチにも、夜の食事にもお勧めなカフェです♪

ワイン おつまみ

ワインを飲むとき、どんな料理と一緒に食べるべきか、悩んだことってありませんか?せっかく食事をするなら満足のいく料理とともに楽しい時を過ごしたいですよね。そこで今回は、失敗しないワインと料理のマリアージュの基本…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...