ローディング中

Loading...

博多の水炊きやもつ鍋、屋台もいいけど……ソウルフードのB級グルメも忘れてはいけません!そこで今回は、博多に行ったら何度でも食べたくなる、安さが魅力の福岡グルメをご紹介します。居酒屋やうどん、餃子、屋台などさまざまなお店が盛りだくさんですよ♩

博多のB級グルメはここにあり!

B級といったらどんなものを思い浮かべますか?気軽に手軽においしく食べれられそうなものですよね。博多は「博多ラーメン」や「久留米ラーメン」などの知名度が高いですが、地元に人気のお店はまだまだあるのです。今回は、博多の街にあるB級グルメをどんどん紹介しちゃいます。

1. パクパク食べられるあっさり餃子「旭軒」

昭和29年に屋台から始まった有名餃子専門店。週末には1日5,000個も焼く人気ぶり!

出典: r.gnavi.co.jp

1度に250コ焼けるという鉄板でいつも餃子を焼いているお店の方々。

博多一口餃子といえば「鉄なべ」という方もいらっしゃると思いますが、福岡の餃子といえばこちらの旭軒をおすすめしたい!

酢と醤油をベースにしたタレと柚子こしょうで何個でもいけちゃいます。小ぶりでクセのないあっさりした味なので、女性にも大人気。14種類の素材が入っているそうです。

ひとくち餃子の中でもカナリ小さい方なのだが、ツマミとしてパクパク食べられるライトな感じが酒を進めてくれる。


1人前が少ないので、ひとりで2~3人前は食べられます。
ビール片手にどんどん追加注文するお客さんも多い!

出典: b-lunch.com

メインのメニューは餃子と手羽先のみ!?
焼餃子 水餃子 340円(一人前10個)
手羽先 90円

餃子と手羽先しかない…ではなく、餃子と手羽先さえあれば良い!ってなっちゃうのが魅力です。
他に、ご飯、みそ汁や小鉢(酢モツも絶品!)などがあります。

出典: b-lunch.com

水餃子は仕上がりが早いので、まず最初に少し注文して焼き餃子を待つのが良いかもしれません。

いつもすでに仕込まれた1日分の手羽先がカウンターに山盛りになっています。
こちらも餃子と並んで絶品!
ただ大人気のため、遅い時間の来店になると売り切れの可能性が大です…。

テイクアウトもあり
お持ち帰りテイクアウトの方も人気があり、直接お店に来たり電話で予約をするお客さんもカナリ多い。

餃子も手羽先もテイクアウトできるので、持ち帰って部屋で飲みながら~でも良いですね。
ガイドブックに載っているのか中国や韓国の観光客がテイクアウトする姿も見られます。

出典: b-lunch.com

店舗情報

住所:福岡市博多区博多駅前2-15-22
(JR博多駅から徒歩4分)
電話:092-451-7896
営業時間:15:00~翌1:00(L.O. 24:30)
※ただし餃子が売切れたら終了!
定休日:日曜日
禁煙・喫煙:全面喫煙可
平均予算:1,500円

2. クセになるニンニクたっぷりの鉄板焼き肉「びっくり亭」

西鉄高宮駅近くにも系列の高宮店があります。
他にも本家とは(おそらく)関係のない類似店もいたるところで見かけますが、やっぱりこのお店が一番美味しい!

ほとんどのお客さんは焼き肉とご飯の組み合わせでオーダーしているようですが、夜にはビールや焼酎を飲みながら焼肉をつまむ、というお客さんもちょこちょこ見かけます。

焼き肉一人前700円と、ご飯少150円・中200円、特大300円から選ぶだけ!なんてシンプル!

一応ラーメンなど焼き肉以外のメニューもありますが、やっぱりみんな焼き肉を食べに来る!

出典: ameblo.jp

すさまじいニンニクの香ばしい匂い… これが食欲を異常なまでに掻き立てます。

出典: twitfukuoka.com

正直、何の肉だよとツッコミたくなる固いお肉の食感と濃い味付けが中毒になってまた食べたくなるんです。

オリジナルの辛みそをつけて食べます。
この辛みそが他では味わえない美味しさ!

この極秘味噌があってこその「びっくり亭」と言っても過言ではありません。お肉(豚肉)とキャベツに激しくマッチするこの極秘味噌をタップリと使って食すのがセオリーです。

出典: twitfukuoka.com

油が大量に出るため、「びっくり棒」を鉄板の下に引き、鉄板を斜めにすることで油を切ってから食べます。

店舗情報

住所:福岡市博多区寿町2-8-12
(JR南福岡駅から徒歩30秒)
電話:092-571-0692
営業時間:11:30~0:00(L.O. 23:25)
定休日:木曜日
平均予算:1,000~2,000円
禁煙・喫煙:全面喫煙可

3. どっしりした食べごたえ!お好み焼きの老舗「ふきや」

天神と博多にも系列のお店があります。
詳細は公式ウェブサイトへ。
http://www.fukiya-co.jp/index.htm

生地がしっかりしていて、かなり食べごたえがあります!
ふわっではなく、ドシっとしたお好み焼。

関西風でも広島風でもない『ふきやのお好み焼き』

出典: hakata.livedoor.biz

粘度の高いオリジナルのソース。
常連の方々はこれでもかというほどたっぷりつけて食べます。

そして、手作りのマヨネーズ!
市販のものに比べるとマイルドな薄味なので、こちらもたっぷりつけて召し上がります。

このオリジナルのソース&マヨネーズこそが「ふきや」!
クセになるんですよね。

メニュー
肉焼き 550円
イカ焼き 550円
肉玉 600円
ミックス 850円 など。
無料で大きめにすることもできるんです!

サイドメニューのやきそば(焦げつきで香ばしい!)もグッド。

ただし、お好み焼きでかなりおなか一杯になるので頼みすぎにはご注意を!

店舗情報

住所:福岡市中央区赤坂1丁目9-10 赤坂門市場内
(地下鉄赤坂駅から徒歩3分)
電話:092-741-6023
営業時間:11:00~21:00(L.O. 20:30)
定休日:日曜日
平均予算:~1,000円

4. 磯の香りのスープがたまらない「大助うどん」

実はうどんの発祥は博多だった!?
承天寺(博多)を開いたお坊さん・聖一(しょういち)国師(こくし)は仁治2年(1241年)に中国から帰国した際に、製粉の技術を持ち帰ったといわれます。

発祥地ということもあり、実は福岡ではラーメンと並んでうどんもアツいんです!!

出典: www.city.fukuoka.lg.jp

「さざえ天うどん」には、さざえ天が予想していた量の3倍ほど入っておりびっくりしました。満足度が高い!
このメニューにはありませんが、丼モノも美味しい。
「穴子天丼」おすすめです!

店主は生粋の職人肌で、ダシ、麺、一品料理まで全て自ら手掛けています。

店主は根っからの職人さんのようで、たくさんのお弟子さんも育てられています。
お客さんには愛想が良く気持ちの良い接客をしてくださいますよ。

出典: ii-kiji.com

名物の「ゴボウ天うどん」。人気No.1!
器からはみ出る大迫力のゴボウ天!
てんぷらはもちろん揚げたてサクサクです。

最後まで飲んでしまう優しい味のスープ
スープは、さば・うるめ・かつおぶし・北海道産だし昆布を使用したコクのある薄味スープです。

深く香ばしい磯の香りがたまりません!

出典: www.daisukeudon.jp

このスープ、色んな味を感じ、手間ひま掛けて作られているのがよく分かる感じなんです

出典: yaplog.jp

細めながらも歯ごたえ抜群の麺
3mmほどの細麺はうっすらと透明感があり、
噛み締めるとその細さからは想像できないほどのコシがあるんです。

出典: ii-kiji.com

人気No.2の「どんちゃん」
「どんちゃん」とは麺がうどんのチャンポンです。

たくさんの野菜が入ってます。
多分丼の半量以上は野菜とスープかも。
海鮮・肉・さつま揚げなどからも出汁が出るし、
もともとの昆布系のうどんつゆが良いから美味さマシマシです。

出典: hakata.livedoor.biz

店舗情報

住所:福岡市早良区藤崎1-1-4 1F
(地下鉄藤崎駅から徒歩30秒)
電話:092-821-0830
営業時間:11:00~23:00
※麺がなくなり次第終了
定休日:不定休
平均予算:~1,000円

5. らるきい

福岡では行列のできるお店として有名な「らるきい」。外観は、おしゃれなイタリアン料理店のようです。パスタを中心にメニュー展開がされています。
店内には、野球選手に関連したグッズが飾られています。そう、こちらのお店は、プロ野球の監督が訪れたことでも有名なお店なのです。チームや選手への愛が感じられますね。

ぺぺたま(1080円)

このパスタメニューは、「ぺぺたま」という名称で地元の方達から親しまれています。パスタに卵が絡められていますが、カルボナーラのような濃厚さはなく、辛さのあるスパイスとにんにくがきいた味です。ぺぺたまをベースに、いろいろな食材をプラスしたメニューもあるのでそちらもチェックしてみてください。

店舗情報

住所:福岡県福岡市中央区大手門3-7-9
電話番号:092-724-8185
営業時間:[月〜土]11:00~15:00(LO14:30)18:00~22:00(LO21:30)[日・祭日]11:00~15:00(LO14:30)18:00~21:00(LO20:30)
休業日:基本、水曜日定休(たまに連休があるのでホムペのカレンダー要確認)
禁煙・喫煙:分煙
平均予算:1,000~1,999円
公式URL:http://www.rarukii.co.jp/

6. うどん平

「うどん平」の暖簾がかけられたシンプルな店構えです。
店内では、カウンター席やテーブル席があります。カウンター席からは、うどんを手早く作っている店員さんが見える、オープンキッチンのスタイルです。作っているところを眺めていたら、あっという間にメニューが運ばれてきますよ。

ごぼう天うどん(430円)

こちらが名物の「ごぼう天うどん」です。汁はあっさりとしていますが、スライスされたごぼう天に汁がよく染み込み、ごぼう天の油といいバランスの味になっています。麺は、柔らかめで少しもちっとしているようです。

店舗情報

住所:福岡県福岡市博多区博多駅前3-17-10
電話番号:092-431-9703
営業時間:[月~金]11:30~16:00[土]11:30~15:00
休業日:日曜・祝日
禁煙・喫煙:完全禁煙
平均予算:~1,000円

7. 天ぷら ひらお

サクサクの天ぷらが人気の「ひらお」。福岡空港にほど近い場所にあり、滑走路が見えます。行列は当たり前なお店なのだとか。
店内はカウンター席のみ。最初に食券を購入してから順番が来るまで待ちます。手際よくあげられる天ぷらの匂いに、お腹の空きぐあいもピークになりそう。

天ぷら定食(720円)

人気の「天ぷら定食」は、ご飯や味噌汁が運ばれてきたあと、揚げたての天ぷらがどんどん提供されてきます。揚げたてならではのベタつきのない衣の油が、食べやすくちょうどいいですね。カウンターには、食べるラー油や漬物などがセルフサービスで置いてあるので、ご飯のおともにどうぞ。

店舗情報

住所:福岡県福岡市博多区東平尾2-4-1
電話番号:092-611-1666
営業時間:10:30~21:30(L.O.21:00)
休業日:年末年始
禁煙・喫煙:完全禁煙
平均予算:~1,000円
公式URL:http://www.hirao-foods.net/

8. ごはん家 椒房庵

博多の駅ビル「JR博多シティ」の9階にテナントとしてお店を構える「ごはん家 椒房庵」。明太子で有名な「椒房庵」が展開している飲食店です。
店内は、和風の照明や落ち着いた色味のインテリアが高級感を演出してくれます。カウンター席からは、羽釜が見え、明太子に合うご飯へのこだわりも感じられます。

焼きたて玉子焼き御膳(1480円)

羽釜で炊かれたご飯と、大きな玉子焼きに明太子が付いてくるランチタイムのメニューです。ふわふわの厚焼き卵は、少し甘みがあります。コシヒカリの炊きたてのご飯と、ひかえめな辛さの明太子の組み合わせはたまらなくおいしいです!、夜は、土鍋で炊かれたご飯になり、もちろん椒房庵の明太子もでてきます。

店舗情報

住所:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 アミュプラザ博多 9F
電話番号:092-409-6611
営業時間:11:00~16:00(L.O.15:30)17:00~23:00(L.O.22:00)
休業日:無休
禁煙・喫煙:完全禁煙
平均予算:[ランチ]1,000〜2,000円、[ディナー]4,000〜5,000円
公式URL:http://www.shobo-an.co.jp/gohanya/

9. はかた風土

焼き鳥やもつ鍋など、お酒がによくあうB級グルメが食べられる「はかた 風土」。緑の看板が目印です。
カウンター席、テーブル席、お座敷など、宴会場として使えそうな居酒屋さん。B級グルメを求めて、たくさんのお客さんがわいわいする風景が浮かびますね。

元祖綱つくね(250円)

「はかた 風土」でおすすめなのが、風土名物の「元祖綱つくね」です。豚風のミンチに風土こだわりの味付けをし、練り込んだつくねは絶品です。竹炭を使って焼かれたつくねは、外側はいい具合にカリカリに焼けていて、なかはとってもジューシーな感じに仕上がっています。旨みがとじ込められたひと品です。

店舗情報

住所:福岡県福岡市博多区博多駅東2-4-17 第六岡部ビル 1F
電話番号:050-5868-7195
営業時間:[月~木]17:00~翌3:00(L.O.翌2:30)[金・土・祝日前]17:00~翌4:00(L.O.翌3:30)[日・祝]17:00~翌1:00(L.O.翌12:30)
休業日:不定休
禁煙・喫煙:分煙
平均予算:3,000〜5,000円
公式URL:http://www.hakata-food.jp/

10. たくみちゃん

広島風お好み焼きをメインとした「たくみちゃん」。博多区のお好み焼きやさんとしては有名なので、満席になっていることも多々ありますが、そんな時はテイクアウトしちゃいましょう。
店内は庶民的な雰囲気なので、自分の家のように少しだらっとできそうですね。気取らずにこれるお店です。席で焼くのではなく、できあがったものを提供されるスタイルです。

ベーシックお好み焼き(650円)

何を頼もうか迷ったらまずは「ベーシックお好み焼き」にするといいでしょう。キャベツ、豚肉、麺が基本的な具材になり、料金をプラスしていろいろなトッピングを追加することが可能です。焼きたてのもっちりした生地にソースとマヨネーズがよく合い、キャベツの甘みも感じられるシンプルな味です。

店舗情報

住所:福岡県福岡市博多区上呉服町11-17 三豊呉服町ビル1F
電話番号:092-262-7251
営業時間:11:00~22:30(LO)
休業日:第1・第3日曜日
平均予算:〜1,000円

博多のB級グルメから目が離せない

いかがでしたか?いろいろなところで博多のB級グルメを発見することができました。地元の方に人気なグルメをぜひ堪能してくださいね。
▼福岡へ行ったら食べたい!博多のおすすめグルメはこちらをチェック!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ 豚肉 鶏肉 まとめ

ラーメンのトッピングでおなじみのチャーシュー、甘辛のジューシーな味わいで人気です。今回は炊飯器を使った簡単豚バラチャーシューの作り方と圧力鍋・電子レンジ・醤油味・味噌味・ヘルシー鶏むね肉などバラエティ豊かな人…

まとめ

ヘルシーな野菜を贅沢に食べられる「バーニャカウダ」は、女性を中心に大人気の料理ですね。専用のポットがあれば、お家でも本格的な味を楽しむことができます。そこで今回は、見た目も機能もこだわった、おすすめの商品15…

サムギョプサル 京都 ランチ 韓国料理 まとめ

男性にも女性にも大人気の韓国料理「サムギョプサル」。雅やかな印象の京都ですが、京都にも絶品サムギョプサルが食べられる人気のお店があるんですよ!今回は京都に行ったらぜひ立ち寄ってみてほしいサムギョプサルが食べら…

ブランチ ポーチドエッグ まとめ

エッグベネディクトはアメリカ発祥の朝食メニューです。日本では2014年ごろ大ブームが起きましたよね!イングリッシュマフィンにベーコン、ポーチドエッグの取り合わせはボリューム・おいしさ満点です。今回は調理のコツ…

スイーツ かき氷 和菓子 まとめ

今回は、2017年の夏限定スイーツを厳選してご紹介します。暑い日に食べたくなる老舗のかき氷から、巷で話題のシューアイスなど。冷たくてさっぱりとしたスイーツ達は、この夏絶対食べ逃せない!販売期間や取扱店舗も合わ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ジビエ レストラン まとめ

森ガール、山ガールに続き「狩りガール」なるジャンルが静かなブームを巻き起こしているという。彼女た地の多くは「ジビエ」という狩猟で得た野生の動物の肉のこと。でも、この季節は狩猟シーズンオフ。今回は、都内でも「狩…

タイ料理 イタリアン ドイツ料理 有楽町 まとめ

仕事終わりのサラリーマンが集まる有楽町のガード下。さまざまなお店が集結していますが、今回は居酒屋を始め、イタリアンや寿司屋など幅広いジャンルを揃えました。仕事終わりやサクッと飲みたいときに、ぜひ立ち寄ってみて…

デート おしゃれ レストラン バー ダイニングバー まとめ

愛知県名古屋市のデートや女子会にぴったりな個室やカップルシートのあるお店をまとめてみました。居酒屋にダイニングバー、イタリアンやフレンチなどお洒落なお店ばかり★名古屋に旅行の際にも、是非立ち寄ってみて下さい♪

まとめ カレー 東京

カレーマンがブログ創立1周年を記念して過去に掲載したお店の中から「カレーマンが選ぶ食べログ3.5点未満の名店5選~カレー以外編~」をまとめました!ハワイアンな気分を味わえるお店からアジアンなお店、はたまたしっ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

パン屋

梅ヶ丘駅から徒歩3分ほどのところにある「パン・ド・ラサ(Pain de LASA)」は、おいしいのにコストパフォーマンスがいいパンが人気となっています。豊富な種類と素朴な味で地元の人から愛されているパンを紹介…

カフェ 代々木

現在、健康志向のベジカフェがブームになっています。しかしベジタリアンメニューって、味気なかったり、物足りないイメージがありますよね。今回はそ、んなイメージをくつがえすような新感覚のベジカフェ「ボジュントミガヤ…

rinda

全国食べ歩きが趣味です。あとフードイベント系はもっと大好きです。

ページTOPに戻る