ローディング中

Loading...

そのままではおいしく食べることができない「渋柿」ですが、渋抜きをすることで甘柿のようにおいしくなるって知っていましたか?今回は、焼酎(アルコール)やドライアイス、りんごを用いた渋抜きの方法について詳しくご紹介します。

秋の味覚に欠かせない「柿」

秋が旬の果物といえば「柿」ですよね。10月に旬をむかえる柿は、デザートとしてはもちろん、料理などに使われることもあります。

フルーツとしては、一見地味な印象の柿ですが、「柿が赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるほど栄養価が高いくだものとして、古くから親しまれてきました。1個食べるだけで1日で摂取するのに必要なビタミンCが摂れるというから驚きです。

そんな健康や美容に定評がある柿には、渋柿と甘柿の2種類があるということをご存じでしょうか?とても甘い甘柿に対し、そのままでは渋くて食べることができない渋柿。今回は、そんな渋柿が甘くなる理由や渋くなる原因、渋抜きの方法など気になる情報をたくさんお伝えします。これを読めば、間違えて渋柿を買ってしまった!というときにも役立つはずですよ。それでは、さっそく見ていきましょう。

甘柿と渋柿

同じ柿なのに甘柿と渋柿では全然味が違いますよね。どうしてこんなに差があるの?と思ったことはありませんか?実は、味の違いにはちゃんとした理由があるんです。

渋柿の果肉には、「タンニン」と呼ばれる成分が含まれています。タンニンは、液体に溶けやすい性質を持っていて、口に入れると溶け出しタンパク質と結合。私たちに渋みを感じさせるようです。

では、なぜ甘柿を食べても渋くないのかというと、成熟する過程でタンニンが水に溶けにくい性質に変化をするからと言われています。口のなかに渋み成分が溶けださないので、渋さを感じることなくおいしく食べることができるのです。

渋柿は渋抜きすれば甘くなる!

渋みを発生させるタンニンは、渋抜きをすることで溶けださないように変化をさせることができます。つまり、渋抜きをすれば、渋柿もおいしく食べられるようになるということです。

渋抜きをした柿は、とろとろの甘さになります。甘柿とはまた違う食感を楽しむことができますよ。この食感がクセになって、あえて渋柿を購入するという人もなかにはいるようです。

渋抜きは、アルコールやドライアイスを使った方法が一般的ですが、ほかにもさまざまなやり方があるようです。ここからは、定番から珍しいりんごを使った方法まで4つをご紹介。自分がやってみたいと思った方法があれば、ぜひ挑戦してみてくださいね。

アルコールを使って渋抜き

用意するもの

・渋柿
・アルコール(焼酎など)
・ビニール袋

手順

柿のヘタの部分にアルコールを2〜3秒つけ、ビニール袋のなかにいれます。量が多い場合は、ヘタが重ならないように入れてください。柿を並べたら空気を抜いて、輪ゴムで口を縛ります。10〜14日ほどで渋が抜けるそうですよ。

焼酎などのアルコールで簡単に渋抜きができるおすすめの方法です。長期間放置するとやわらかくなりすぎるそうなので、10日ほどたったら渋が抜けているか確認してくださいね。

ドライアイスを使って渋抜き

用意するもの

・渋柿
・ビニール袋
・ドライアイス
・新聞紙
・掃除機

手順

ビニール袋に新聞紙を敷いた上に柿を並べます。新聞紙でくるんだドライアイスを柿の上に置き、掃除機で空気を抜いてください。口をしっかりと閉じて、日陰に4日ほど放置すると渋が抜けるそうですよ。

掃除機でしっかりと空気を抜くというのがポイント。ドライアイスは蒸発してビニール袋を膨らませてしまいます。蒸発した空気でビニール袋が破裂しないようにするためにも空気を出来るだけ抜くようにしてください。

りんごを使って渋抜き

用意するもの

・渋柿
・りんご
・ビニール袋

手順

りんごは、くだものの熟成を手助けしてくれる働きがあるエチレンガスを発生させるそう。このエチレンガスを利用して渋柿を甘くする方法です。

ビニール袋にりんごと渋柿を1:5の割合で入れます。数か所に爪楊枝などで穴を開け、1週間ほど放置すれば完成です。スプーンですくって食べれるほど、とろとろになるそうですよ。

冷凍庫で渋抜き

用意するもの

・渋柿
・ラップ

手順

皮をむいた渋柿をラップで包み、2日〜3日冷凍庫に入れるだけで渋抜きができます。冷凍庫から出してすぐは固いので、5分ほど経ってから包丁で切って食べましょう。

冷凍庫での渋抜きは、ほかの渋抜きとは違いシャーベットのような食感になるのが特徴です。シャリシャリの間に食べてもよし、やわらかくなってから食べてもよし。お好みの固さで味わってくださいね。

これで渋柿も甘くなる!

渋柿を甘くする渋抜きの方法についてご紹介しましたがいかがでしたでしょうか?冷凍庫で渋抜きをする方法は、簡単にできる上にシャーベットのような食感になっておすすめです。新しい柿の食感にぜひ、トライしてみてくださいね。

とろとろの歯触りを楽しみたいという人には、アルコールでの渋抜きがいいでしょう。とろとろに熟した柿は、秋ならではのおいしさです。

今年の秋はあえて渋柿を買って、自分で甘くしてみるというのもいいかもしれませんね。甘い柿を存分に楽しんでくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

きのこ まとめ

低カロリーで食物繊維が豊富なきのこ。旨み成分たっぷりで、噛むほどにおいしい♩今回はダイエット中の方、肌荒れが気になる方におすすめの「きのこのご飯」を紹介します。お気に入りのレシピが見つかったら、ぜひ作ってみて…

まとめ

シンプルなのに大人気な丼といえば「しらす丼」。生でも釜揚げでもおいしいしらすは、ごはんに乗せるだけでごちそうに大変身します。今回は、それらのしらすを使った丼ものレシピを20選ご紹介します。今すぐ、コンビニで買…

ポトフ まとめ

野菜たっぷりのポトフ、パンやライスと一緒にだけでも満足できますが、献立に迷うこともありますよね。そんなときに「これっ!」というひと品をレシピ付きでご紹介します。ぜひポトフの日には、その日の気分に合ったもう1品…

レシピ まとめ

がっつりとスタミナをつけたいなら、豚丼はいかがでしょう?しょうがとにんにくで食欲をそそるレシピがいっぱい!豚バラ、豚こま、豚ひき、部位や用途に合わせた、簡単で人気のレシピ21選をご紹介します。冷蔵庫にストック…

ハンバーガー バー まとめ

ネイビーバーガーをご存知でしょうか。横須賀基地で親しまれてきたハンバーガーのレシピが海軍から横須賀市に伝わり、それを基に作られた横須賀のハンバーガーです。今回は横須賀でネイビーバーガーが食べられる、おすすめの…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

コーヒーは眠気覚まし・ダイエットには「ちょこっと食べ」・・・今までそう思っていたことが、実は反対だった!?そんな、意外と知らない健康に関する海外での研究結果をご紹介します。

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

「長芋を食べると元気になる」とよく聞きますが、気になるのはカロリー。また意外と知られていませんが、あのネバネバには栄養がたくさん含まれているんです!じつはダイエットにもぴったりな長芋のおすすめな食べ方もご紹介…

ピーマン

ピーマンにダイエット効果があることを知っていましたか?ピーマンはビタミンなどの栄養素が豊富なうえに、低カロリー。そのため、ダイエットにはもってこいの食材なのです。その栄養と効能、カロリーまでまとめてご紹介しま…

kkk_ooo

食べることが好きな20代。甘いスイーツが大好きです。 趣味は映画...

ページTOPに戻る