ローディング中

Loading...

秋になり、だんだんと干し柿がおいしくなる季節。そのまま食べる人が多いことと思いますが、実は副菜として、スイーツとして、多様に変化することができるのです!今回は、そんな干し柿を使ったさまざまなアイデアレシピをご紹介します。

まずは干し柿について知ろう!

干し柿がおいしい季節になってきましたね。
ただ、干し柿について詳しく知っている人は、なかなかいないことと思います。一体干し柿は、どんな栄養素が含まれているのか、また、干し柿はどんなアレンジをして楽しむことができるのか……。

今回は、そんな干し柿の特徴と、活用レシピをまとめてみました。

干し柿の栄養素は美容効果抜群

干し柿の主成分は、炭水化物です。また、食物繊維の豊富に含まれています。他にもミネラルも豊富に含まれており、特にマンガンやカリウムが多く含まれています。

干し柿は普通の柿と違い、ビタミンCが含まれていません。干すことによって壊れてしまうからです。その分、βカロチンが甘柿の3倍も多く含んでいます。タンニンも豊富なので、抗酸化作用が期待できますね。

気になるカロリーは、1個あたり約100kcalほど。これは、お茶碗半分くらい、バナナ1本くらいに値しますので、小さいながらも高カロリーなのです。そのため、ダイエットにはあまり向いていない食品になります。

干し柿を使ったアレンジレシピ 15選

干し柿は、お菓子としてしか食べれないと思っているそこのあなた。干し柿はお菓子だけではなく、野菜などの副菜にも使うことができます。一体、どのようなアレンジレシピがあるのでしょうか。

1.きな粉と干し柿のさくさく棒

サクサクしたきな粉生地に、干し柿のねちっとした弾力と、優しい甘さがクセになります。ポイントは、しっかりと焼くこと。そうすれば、食感の違いをより楽しむことができますよ。お菓子にも朝・昼ご飯でもどちらでも合います。

2.干し柿とクルミのビスコッティ

型どりが必要ないので、クッキーよりも簡単に作ることができます。サックサクの食感に、やみつきになること間違いありません。干し柿だけではなく、ドライフルーツも一緒に入れてもいろいろな味を楽しめますよ。

3.ラム漬け干し柿でスパイシーアイスクリーム

アイスクリームとスパイシーさは、無縁だと思われがちですが、これがとっても合います。大人な味に仕上がるのです。ラム酒漬け干し柿を使うことによって、味だけではなく香りから楽しむことができます。

4.干し柿のラムケーキ

干し柿を、ちょっぴり贅沢なお菓子に。干し柿の酸味、甘さ、食感を、パウンドケーキが優しく包み込んでくれます。もっちりしっとりしたパウンドケーキは、お土産、ホームパーティーなどにも映えること間違いありません。

5.干し柿のクリームチーズサンド

干し柿の間にクリームチーズを入れるだけの、お手軽簡単レシピです。色合いもとてもバランスがよく、味なんかはもう最高です。冷やして食べるとよりおいしくなりますので、時間のあるときは冷やしてからいただいてください。

6.干し柿入りなます

なますにだって、干し柿を入れることができます。なんとなく味が一定だったなますも、干し柿を入れることによっていい味のアクセントになります。大根、三つ葉なども入っているので、色が綺麗なのもいいですね。

7.干し柿とりんごと白菜のサラダ

白菜のサラダに入っている食材で、代表的なもののひとつがレーズン。そのレーズンの代わりに、干し柿を入れてみたこちらのレシピです。これが、かなり絶妙!切って混ぜるだけなので、簡単にできますよ。

8.干し柿の天ぷら

干し柿の天ぷらなんて、とても珍しいですよね。干し柿の酸味、甘さが、天ぷらにするとまろやかになります。食感も、周りサクサク中しっとりと、おもしろくなります。クリームチーズは、先ほどもあった通り、やはり干し柿との相性抜群なのです。

9.干し柿のドレッシングモッツァレラチーズのサラダ

干し柿の自然な甘さが、モッツァレラチーズとよく合います。シンプルなドレッシングなので、フルーツがよく映えます。フルーツはりんごやブドウ、かんきつ類などもよく合いますので、お好みで。

10.干し柿インヨーグルト

干し柿がヨーグルトの水分を奪うので、干し柿がとても柔らかくなり、食べやすくなります。今までに味わったことのない干し柿の食感です。逆に、ヨーグルトは少し固くなるので、おもしろい食感をふたつも楽しめます。

11.かぶと干し柿の和えもの

和えものにもできる干し柿。本当に万能の食材ですね。干し柿がしっかりと味がついているので、味付けは薄味でも十分にしっかりとした味付けを楽しむことができます。かぶと干し柿の相性は抜群です。

12.干し柿と野菜の白和え

豆腐は、しっかりと水切りするようにしてください。そうすることによって、味がより隅々まで染みわたります。練りゴマの風味、干し柿の風味がそれぞれ活かされていて、からだに優しい一品です。

13.干し柿とれんこんのしゃっきりサラダ

れんこんのシャキシャキとした食感をひきたててくれる具材のひとつに、干し柿もプラスしてください。和風のサラダにも、干し柿の甘さはとてもよく合い、味のいいアクセントになります。

14.干し柿ごまミルク

干し柿は、こんな風に変貌を遂げることもできます。小さく刻んだ干し柿ですが、甘みがしっかりと残っていて、味のアクセントになっています。黒ゴマのまろやかさとも相性抜群。牛乳で、濃さを調整してみてくださいね。

15.干し柿パンプティング

フルフルとした柔らかい食感が、とても癒されます。パンも入っているので、おやつにはもちろん、これひとつでお腹いっぱいになることもできます。授乳期、妊娠期のおやつにも向いています。

これからは干し柿の時代!

いかがでしたでしょうか。
ワンパターンしか食べ方がないと思っていた干し柿。実は、こんなにもアレンジがあったのです。これはこの秋試すしかありませんね。

ぜひお気に入りのレシピを見つけて、干し柿を堪能してください。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

まとめ

宇都宮にある「ドー・ドーナツ(dough-doughnuts)」。ふわふわでかわいいドーナツが人気のドーナツ専門店です。いまこちらの「ドーナツパフェ」が人気をあつめているそうですよ。厳選された素材で作られるス…

まとめ

有吉反省会がきっかけでちょっとした話題になっている「シャリキン」。聞いたことはありますか?シャリシャリキンキンのことでしょ?と思ってしまった方はNG!飲み会でこれを知らないと恥をかいてしまうかも?どんなものか…

ブロッコリー スープ レシピ まとめ

ブロッコリーはサラダで食べることが多いですが、意外にも簡単にスープにすることができ、そのスープレシピはアレンジがたくさんあるのです。食感や色、味を活かしたスープはどれもおいしいですよ。年中スーパーに並ぶブロッ…

塩麹 鶏肉 鶏肉料理 まとめ

高タンパクなのに低脂肪のヘルシーな鶏胸肉。でもちょっとパサパサが気になる、ということはありませんか?塩麹を使うと鶏胸肉がやわらかくなり旨味もアップ!今回は、定番の唐揚げ、チキン南蛮、塩麹焼き、そのほか炒め物系…

キッシュ レシピ ピザ パイ まとめ

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に、卵とクリームを流し込んで焼くフランスの料理。サクッとおいしいキッシュですが、生地を手作りするのは大変ですよね。実は生地を餃子の皮で代用できるのです。今回は餃子の皮で作る簡…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

レシピ チーズ まとめ アレンジレシピ

雪印メグミルクから販売されている「さけるチーズ」を使ったアレンジレシピを10選しました。そのまま食べてもクセになるほど美味しいと評判ですが、アレンジして食べるとまた違った楽しみ方ができます♡

プリン スイーツ レシピ まとめ

プールいっぱいにプリンやゼリーを作ってみたい!と思ったことないですか?プールは無理だけど、お腹いっぱいたっぷりプリンを食べたい!という願いがついに叶うかも!?おなかいっぱい土鍋プリンレシピ、集めてみました!ひ…

お花見 お弁当 揚げ物 レシピ まとめ

お花見などのお弁当には欠かせない揚げ物料理。お花見ではお酒を飲む方も多いと思いますが、おつまみにもなるレシピを8選ご紹介します。彼とお花見を計画している方、必見ですよ♡

マヨネーズ レシピ まとめ

今、オイスターソースとマヨネーズを合わせた「オイマヨソース」が大人気なんです。2つの調味料を合わせることで、どんな料理にでも合う万能ソースに変身しちゃいます♪今回は、そんなオイマヨを使った人気レシピを紹介しま…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

ハロウィン スイーツ まとめ

ハロウィンのお菓子としてスティックつきで食べやすいスイーツ「ポップ」があります。ハロウィンのキャラクターをかたどったもので見ているだけでも楽しい♪今回はそんなポップのアイデアを海外から紹介しますね。ぜひあなた…

タルト レシピ

日々いろんな話題を提供してくれるインスタグラムで、このところ人気上昇中なのが「型なしタルト」。型がなくても手軽に焼けるから、思い立ったらタルトを楽しめちゃいます♡インスタグラムの皆さんはどんなアイデアで焼いて…

りこぴん

1児の新米ママしています☆ ママ目線で、女性目線で、主婦目線で、 ...