ローディング中

Loading...

カティサークとは、飲みやすさとお手ごろ価格で人気のスコッチウイスキー。いろいろな飲み方ができるので、初心者から通の方にまでおすすめしたいお酒なんです。今回はそんなカティサークの魅力をご紹介!カティサーク片手に素敵な夜を過ごしてみませんか?

カティサークとは?

みなさん、「カティサーク(CUTTY SARK)」というお酒はご存じでしょうか?世界中で愛されるスコッチウイスキーなのですが、お酒好きの間で人気を集めているんですよ。今回は、そんなカティサークについて詳しくご紹介していきます。

カティサークはゲール語(インド・ヨーロッパ語族ケルト語派に属する言語)で、“短い袖”という意味を表しています。1869年にその名をつけた帆船がスコットランドで進水されました。その帆船脚の速さで一躍有名となりました。カティサークは、その名を取って1923年に開発されたウイスキーです。ラベルには、船の雄姿が描かれています。スコッチの中では比較的飲みやすく、価格もお手頃なことから初心者の方におすすめだと言われています。

また、カティサークの名を有名にしたのは村上春樹でしょう。彼の作品のなかにカティサークはたびたび登場し、彼の小説を読むとカティサークが飲みたくなるという声もあがるくらいなのです。

カティサークの種類とアルコール度数

オリジナル/40度

http://macaro-ni.jp/33265

出典:楽天市場

カティーサーク 700ml 正規品 カティサーク_[リカーズベスト]_02P03Sep16

¥907

楽天市場で購入
カティサークの原点とも呼ぶべき商品。ライトな味わいとスムーズな口当たりで、幅広い層の人々に支持されているロングセラーです。その飲みやすさから、全世界で愛されているんですよ。

12年デラックス/40度

http://macaro-ni.jp/33265

出典:www.amazon.co.jp

カティサーク 12年デラックス 700ml

¥3217

Amazonで購入
12年デラックスは、カティサークのベーシックスタイルであるライトな琥珀色、エレガントな味わいを引き継ぎながらも、一層味わいに奥行きを与えた商品です。その深い味わいは飲む人に感動を与えるほどです。

ストーム/40度

http://macaro-ni.jp/33265

出典:www.amazon.co.jp

カティサーク ストーム 700ml 40度

¥1480

Amazonで購入
長い間熟成された「マッカラン」をはじめとする高級シングルモルトウイスキーと高品質なグレーンウイスキーのブレンドで造られたウイスキーです。長い熟成年数とモルトウイスキーの割合を高めたことで力強い印象深さを持つ、リッチな味わいですよ。

プロヒビジョン/50度

アメリカンオークのなかで熟成された高級シングルモルトと、高品質のクオリティーのグレーンウイスキーをブレンドした逸品です。力強い味わいを楽しめるように、アルコール度数を50%でボトリングしてあるそう。

アルコール度数はどのくらい?

ウイスキーの平均的なアルコール度数は、40度から60度だといわれています。カティサークのアルコール度数は40度ですので、ウイスキーのなかでは、比較的ライトでこれが飲みやすいのが特徴です。しかし、カティサークプロヒビジョンについてはアルコール度数が50度あるので注意してくださいね。

カティサークのおすすめの飲み方

飲みやすさが魅力のカティサーク。もちろん、そのままロックでいただくのもおすすめですが、ここではカティサークの魅力を存分に味わえる飲み方をご紹介しましょう。ウイスキーが苦手だという方もぜひ試してみてくださいね。

ハイボールで

カティサークはキリッとした味わいで、色合い淡くもさわやかなので、ハイボールにぴったりです。すっきりと流れるような喉ごしが、ハイボールでさらに際立ちます。

よく冷えたハイボールはウイスキー本来のおいしさを引き立たせてくれます。氷をグラスいっぱいに入れてカティサークを適量注ぎます。減った氷を足し、ソーダを入れ、マドラーで混ぜます。この際、カティサーク1に対してソーダ3~4くらいがおすすめですよ。

ホットウイスキーで

ウイスキーの香りの成分は非常に揮発しやすいので温めると芳醇な香りがさらに強くなるといわれています。グラスから立ちあがるカティサークのさわやかな香りを楽しめるのが、冬の定番ホットウイスキーです。作り方はとても簡単。耐熱用グラスの3分の1から4分の1くらいまでウイスキーを注いで、お湯を入れます。濃い目のウイスキーがよければウイスキーの倍量のお湯を、薄めがよければウイスキーの3倍くらいのお湯を入れるといいでしょう。

それだけで、カティサークの濃厚な香りが鼻をくすぐり、ウイスキーの真のおいしさを味わうことができますよ。

ウイスキーベースのカクテルにして

カティサークのコク、さわやかさを生かしたカクテルもおすすめです。おしゃれなカクテルは飲みやすくて女性にも人気です。今回はおうちで簡単に作れるカクテルを2つご紹介しましょう。

【ウイスキー・コーク】
氷を入れたタンブラーにカティサークを適量注ぎます。そのあと、コーラを入れ軽くステアします。コーラの甘さとカティサークのバランスが絶妙なカクテルです。

【ケイブル・グラム】
ウイスキー45mlにレモンジュース15~20ml、砂糖をスプーン1杯、ジンジャーエールを適量入れ、混ぜ合わせます。レモンジュースとジンジャーエールがカティサークの味わいを引き立たせてくれる、すっきりとしたカクテルです。

あなたもカティサークを飲んでみない?

そのコクとさわやかさでで世界中の人々をトリコにしているカティサーク。今回はその魅力を詳しくまとめました。あなたも一度、味わってみませんか?ほっと一息したいナイトタイムに、村上春樹の小説を読みながらカティサークを楽しむのもまた素敵ですよね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

ドリンク

ゴディバから、チョコレートドリンク「ショコリキサー」の新フレーバー『ショコリキサー ホワイトチョコレート ダージリンティー』が、2017年5月17日(水)〜11月30日(木)の期間発売されます。上品な香りがた…

アボカド レシピ まとめ

とろとろクリーミーな食感が人気のアボカド。前菜やサラダはもちろん丼にもぴったり。お肉や海鮮と合わせてご飯の上に盛り付けるだけでごちそうになりますよ。さっぱりと食べられるものから、ガッツリお腹いっぱいになるもの…

ドリンク スイーツ

グランドハイアット東京から、この時期にしか味わえない旬のフレッシュチェリーを使った新作スイーツや、雨の日も楽しくなるアイシングクッキー、インパクトのある特大ミルクシェイクが登場!フォトジェニックでかわいいスイ…

レモン ドリンク

コーヒーと輸入食品の小売店カルディコーヒーファームから、オリジナル開発の濃縮紅茶「オリジナル ブラックティーレモン」が発売されます。紅茶の味わいに最適な、酸味と甘みのバランスが追求されたレモンティー。初夏にぴ…

ドリンク

2017年5月21日(日)、ファミマのフラッペシリーズに「ミルクティーフラッペ(ブラックタピオカ入り)」が新登場しました!去年発売されたフラッペよりもウバ茶が増量し、ブラックタピオカも加わったのだとか…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

カフェ コーヒー おしゃれ アメリカ まとめ

スタバのような大型チェーンに負けず、こだわりの一杯で地元の人に愛され続けるアメリカのコーヒーショップを「9」つご紹介します!それらは全て味、雰囲気、サービス、その全てで愛されるお店ばかり。日本にもこんなお店が…

お土産 茨城 納豆 水戸 まとめ

この記事では茨城におでかけしたときに手に入れておきたい、食べてみたいお土産を7つご紹介します。せっかく茨城に行くからには、その土地ならではのお土産を食べてみたいものですよね!ぜひ茨城に行かれる前にチェックして…

お茶 生姜 まとめ

春の足音が聞こえる今日この頃。冷え性に悩まされている人はホッと一息つく季節ですよね。でもその一方で一年中冷え性に苦しんでいる人がいるのも事実。今回は、春から夏にかけても飲める、体が芯から温まる効果があるルピシ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

たまご お弁当 アボカド

インスタグラムの新しいトレンド「#ほめたまごはん」をご存知ですか?黄身の色が鮮やかなたまご「ほめたま」を使った料理写真につけるタグなんです。おいしく美しい「ほめたまごはん」でほめられちゃうかも!? おすすめの…

食べ歩き 韓国料理 韓国

macaroniとDeNAトラベルのコラボ企画「韓国vs台湾 最新食べ歩きグルメを調査せよ」。おかげさまで多数のご応募をいただきました!今回は、当選した特派員によるレポートをお届け。食べ歩きグルメの最新トレン…

レストラン

毎回、日本のどこかで数日だけオープンするプレミアムな野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。これは食を通じて地方に残された美しい自然や伝統文化、歴史、地産物などを再編集し新たな価値として顕…

イタリアン 白金台 レストラン ダイニングバー

プラチナ通りから1本入った閑静な裏通りに、独特な雰囲気を醸し出している1軒のお店があるのをご存じですか?知る人ぞ知る隠れ家的なダイニング&バー「ドラロッソ千年茶館」。そこで過ごすひとときには、ほかでは得られな…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...