ローディング中

Loading...

糸寒天を料理に使ったことはありますか?ゼリーを固めるだけでなく、サラダなど料理の具材としても活用できる糸寒天はダイエットにも効果的な食材です。意外に扱いやすい糸寒天の戻し方、レシピを覚えて、普段の料理に取り入れてみませんか?

糸寒天とはどんなもの?

寒天の原材料はテングサやオゴノリなどの海藻です。寒天という名前は、寒空や冬の空を意味する漢語「寒天」に寒晒心太という意味が加わり、寒天と命名されました。

テングサから抽出して固めて作る「ところてん」を、天突き器で糸状にして凍結乾燥させたものが糸寒天です。国内の主な生産地は岐阜県恵那市山岡町。中国や韓国などの海外でも生産されています。

一般的な寒天との違い

寒天には、粉寒天、角寒天、糸寒天(カット寒天)の3つの種類があります。

それぞれの大きな違いは原材料にあり、粉寒天は通常オゴノリという海藻、角寒天はテングサとオゴノリをブレンドしたもの、糸寒天はテングサの海藻が使われています。また、これらの3種類のほかに、高級和菓子として利用されるフレーク寒天や計量の必要がない固形寒天などもあります。

ちなみに、糸寒天はサラダや酢の物など家庭料理の食材としてだけでなく、和菓子作りにも使われることの多い食材です。

糸寒天の効果とは?

ダイエット

糸寒天がダイエットにいいと言われる理由を知っていますか?

それは、水溶性と不溶性2種類の食物繊維が含まれているからです。水溶性の食物繊維は急激な血糖値の上昇を防ぎ、糖の吸収を抑えてくれます。また、脂肪をつきにくくし、余分な脂質を体外に排出する役割も。加えて、善玉菌を増やすことで腸の調子も整えてくれる、優秀な食物繊維です。

不溶性の食物繊維には満腹感を感じやすいという特長があり、腸が活発になることで体内で熱が作られ、基礎代謝のアップにも繋がります。腸を活発化させたり、便を柔らかくしたりもしてくれるので、便秘解消にも役立ちますよ。

さらに、寒天にはアガロペクチンという天然成分が含まれています。アガロペクチンはシワやたるみの原因を抑え、紫外線から守ってくれる作用があります。

糸寒天の戻し方

糸寒天を戻す際は、まずよく洗って適当な大きさに割っておきましょう。多めの水につけてもみ洗いすると、10~20分程度で溶けてくるので絞って水気をとってください。その状態から料理に使ったり、煮て溶かすなどして使用しましょう。

糸寒天のレシピを紹介

糸寒天のツナサラダ

材料は、糸寒天、きゅうり、ツナ缶、モヤシ袋、レタス、ドレッシングやポン酢など。

糸寒天を水で戻して水を切りましょう。次に、きゅうりを食べやすい大きさにカット。もやしは茹でておきます。

そこへツナ缶を入れ、塩こしょうでしっかりと味つけ。戻した寒天を加えて、ドレッシングやポン酢をかけてお好みの味に調味をしたらできあがりです。

わずかな材料だけで短時間で作れるこのサラダ、覚えておくとかなり便利!食卓の品数が物足りないとき、ぜひ試してみてください。

糸寒天入り!ほうれん草とたまごのスープ

糸寒天でボリュームをアップさせた、見た目よりもはるかに食べ応えのあるスープです。材料は、ほうれん草、卵、糸寒天、水、創味シャンタンDX、醤油。

まずは糸寒天を水で戻し、ほうれん草を茹でます。ほうれん草は水気をしっかりと切り、食べやすい幅にカット。卵はといておきましょう。

次に、鍋に水を沸かして、創味シャンタンDX、醤油、塩を入れて混ぜ合わせます。ほうれん草を入れてひと煮立ちしたら、ときたまごを流し入れてください。

糸寒天を器に入れ、その上からでき上がったスープを注いでできあがり!簡単・短時間でできるので、小腹が空いたときにササッと作ってしまいましょう。

糸寒天とシーフードのサラダ

さっぱりとしたヘルシー糸シーフードサラダ!材料は、寒天、平貝(貝柱など)、えび、いか、グリーンリーフ(サニーレタス)、セルフィーユ(そえ葉)少々、梅干し、酢、サラダ油、醤油など。

糸寒天を水にひたして戻したら、水気を取っておきましょう。平貝は1個を3枚くらいに切っておき、えびはゆでて殻をむいてください。いかには切り込みを入れて食べやすくし、サッと茹でましょう。

梅干し、酢、サラダ油、醤油を合わせてソースを作ったら、お皿にグリーンリーフを敷いて、戻した糸寒天を盛り付けます。さらに平貝、えび、いかを盛り合わせ、セルフィーユを添えましょう。

最後にソースを上からかければ完成!

ぷるるんブルーベリー寒天ゼリー

まずはブルーベリー、糸寒天、ハチミツ、レモン汁、水を用意してください。

水で糸寒天を戻しつつ、ブルーベリーをブレンダーかミキサーにかけ、茶こしで種や皮をこします。糸寒天が十分な弾力を取り戻したら水を捨て、水を沸かした鍋の中へ投入。弱火~中火でよく溶かし、ハチミツを加えましょう。

寒天液を半量づつ器に入れ、ひとつはブルーベリー液を少量とレモン汁を入れて混ぜます。そのまま常温で置いておいてください。

もう一つの寒天液の器にもブルーベリー液とレモン汁を加えて混ぜ、グラスに1/5ほど入れます。器に残った液も冷蔵庫へ入れ、固めましょう。

濃い方のブルーベリー液が冷えたらグラスにもうひとつの液を流し入れ、器のゼリーで星形ゼリー数個を作り、加えます。

グラスにブルーベリーを入れ、全体につやが出るようにし、ミントを飾って冷蔵庫で冷やせば完成。アントシアニンたっぷりのゼリーは、目が疲れたときのおやつにおすすめです。

通販で買えるおすすめの商品

お得な業務用サイズならこちらがおすすめです!糸寒天1㎏(500g×2)細切りしている状態なのでそのまま料理に使えて便利。無添加、無着色、無漂白なのは安心して使えますね。

おわりに

糸寒天の戻し方や使い方はわかりましたか?一見手間がかかりそうなイメージがあるかもしれませが、さっとお湯に戻すだけで自由自在に料理に使えちゃいますね。ダイエットにも向いている糸寒天。上手に使って健康的にキレイに変身しましょう!

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

キッシュ レシピ ピザ パイ まとめ

キッシュとは、パイ生地やタルト生地に、卵とクリームを流し込んで焼くフランスの料理。サクッとおいしいキッシュですが、生地を手作りするのは大変ですよね。実は生地を餃子の皮で代用できるのです。今回は餃子の皮で作る簡…

おにぎり レシピ まとめ

日本人に欠かせない主食のひとつおにぎりは、昼食としてはもちろん、小腹が空いた時の軽食としても重宝します。そんなおにぎり、どんな風に保存していますか?実はおにぎりは冷凍保存がおすすめ!今回は冷凍保存時のポイント…

レシピ 餃子 女子会

定番中の定番レシピである「餃子」。大好物という方も多いのではないでしょうか。今回ご紹介するレシピは、そんな餃子が美しくできる「薔薇餃子」です。一見、作るのが難しそうと思われがちですが、とっても簡単に作れちゃい…

インド料理 ピザ トマト レシピ まとめ 東京

インドカレーにつきものの「ナン」ですが、2017年は、ナンをピザにして楽しむのが流行しそうだとPinterestでも取り上げられました。東京でナンピザが味わえる四谷のお店や、ご家庭でのレシピ、通販情報をご紹介…

韓国 スイーツ まとめ おしゃれ レシピ お土産

いま韓国のセブンイレブンで販売中の「ヤクルトグミ」。パッケージからヤクルトで、中身のグミもヤクルトの形でとてもかわいいんですよ。市街地のセブンイレブンでは品薄になってしまうくらい、大人気のヤクルトグミについて…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

お弁当 まとめ

みなさんは、コンビニやスーパーで売っているお弁当に入っている、おかずとおかずを仕切る“アレ”の名前をご存知ですか?今回はそんな身近に潜む、意外な知らない食にまつわる正式名称をご紹介しま…

日本酒 まとめ

昨今、海外でも日本酒人気が増えているのはご存知なことでしょう。ワインショップに行けば日本酒の取り扱いも増えており、スパークリングな日本酒やヨーグルトの酸味があるものも好評です。そんな外国の方が酒蔵に行く機会も…

まとめ

気付けば冷蔵庫の中がばらばら…あの食材どこに行ったかな?これ、いつ買ったものだろう…そんな経験はありませんか?そういう時におすすめの、収納のアイデアをご紹介します。冷蔵庫の整理整頓…

とうもろこし まとめ

食用利用されることが多い食材「野菜」。実は世の中には観賞用として栽培される品種もあるんです!今回は、そんな目で見て楽しむための一風変わった野菜をご紹介。味にクセあって食用には適さないものも、インテリアとして…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

宇都宮 ランチ まとめ 栃木

宇都宮市周辺で、美味しいランチが食べられるお店を集めました。餃子だけじゃない!お蕎麦やカレーなど、バラエティに富んでいて、毎日いろんなランチが楽しめます。野菜不足の人にピッタリの、野菜がたっぷりのランチが楽し…

新宿 ランチ まとめ 東京

今回は新宿御苑周辺に行ったら絶対に食べておきたいランチをまとめました。静かで落ち着いた雰囲気のある新宿御苑で、ゆっくりとおいしいランチを味わってみませんか?近くまで来た時はぜひ参考にして訪れてみてください。

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...