ローディング中

Loading...

日本ではお寿司のネタとしても大人気のサーモンですが、その一種「アトランティックサーモン」をご存知ですか?今回はアトランティックサーモンと一般的なサーモンとの違い、オススメの食べ方やレシピなどをご紹介します。

アトランティックサーモンとは?

アトランティックサーモンは別名「タイセイヨウサケ」といわれている鮭の一種です。名前の通り、北大西洋とその流入する川にひろく生息しており、ノルウェーでは養殖もたいへん盛ん。日本で販売されているアトランティックサーモンのほとんどは、この養殖だといわれています。

アトランティックサーモンは鮭の種類の中でも比較的大型で、平均で90cm~110cmほどの大きさです。脂がよくのっているので、お寿司のネタとしてしてはもちろん、フライやムニエル、スモークサーモンなどフレンチ料理としてもオススメの種類と言えます。

アトランティックサーモンとトラウトの違い

アトランティックサーモンは先ほど説明したように鮭の一種ですが、日本でも多く流通しているトラウトサーモンは実は「ニジマス」という”マス”の一種なんです。サーモンと名がついているのに本当はニジマスとは驚きですよね。

詳しく説明すると、トラウトサーモンはニジマスを海で養殖したものになります。マスと鮭という品種の差ですが、属性は近いため、大変良く似た種類といえるでしょう。味については、アトランティックサーモンの方が脂がのっていて、価格も少し高いようです。

日本ではトラウトサーモンが手軽に手に入り、脂が少なめなので、味もさっぱりしていて人気です。逆に海外では、脂ののりがよいアトランティックサーモンのほうが人気があります。

アトランティックサーモンのおすすめレシピ

スーパーや通販などでも手に入りやすいアトランティックサーモンは切り身も大きく販売されているものも多く、料理にも使いやすいです。今回はアトランティックサーモンのおすすめレシピをご紹介します。

アトランティックサーモンのタルタル

おうちでちょっとおもてなし料理を作りたい!という時にはアトランティックサーモンのお刺身用を使っておしゃれにアレンジしちゃいましょう。よくあるカルパッチョより少し手間はかかりますが、ごちそう感あふれるおしゃれな料理に仕上がりますよ。

アトランティックサーモンのムニエル

サーモンにレモン汁をかけ、塩コショウを振って味をなじませます。サーモンの表面に小麦粉をつけたら、両面がカリっとなるまで焼きます。トマト、なす、玉ねぎ、きゅうりを1㎝角に切り、フライパンで軽く炒めて冷ましたらボウルに入れ、マヨネーズなどであえます。お皿にサーモンをのせ、タルタルソースを添えたらできあがりです。

アトランティックサーモンの手まり寿司

サーモンを薄切りにして、寿司酢とオリーブオイルに30分ほどつけてマリネします。ごはんにしゃり用の寿司酢を混ぜ、ひと口大に丸めます。ご飯にサーモンを乗せて形を整え、混ぜ合わせたディル(刻み)、マヨネーズ、レモン汁を上に乗せたら完成です。

アトランティックサーモンは危険?

おいしく食べているアトランティックサーモン、実は少し気をつけたいことがあるんです。
これを知るだけで、買うときも外食するときも安全でおいしいサーモンを食べることができますよ。

寄生虫の危険

アトランティックサーモンにはアニサキスという寄生虫の心配があります。ただ、このアニサキスはアトランティックサーモンに限らず、サバやカツオ、アジ、サンマ、ハマチやイカなど、日本人がよく食べる魚のほとんどから検出されることがある寄生虫です。

しかしながら、このアニサキス、養殖では寄生する可能性が低いことに加えて、マイナス20度以下で24時間以上冷凍すると100%死滅すると言われています。養殖で冷凍したものが販売されている日本のアトランティックサーモンの場合、アニサキスによる危険は少ないといえるでしょう。

有害物質による危険

アトランティックサーモンはもうひとつ、有害物質による危険が潜んでいる可能性もあります。それは、養殖の際に与えられる飼料によるものです。

一部の養殖産アトランティックサーモンには、鮮やかな色味を出すための色素配合や、脂身を多く含むようにダイオキシンなどの有害物質を混入させたり、病原体への感染を防ぐために抗生物質などが入れられた餌を与えられていることがわかっており、とても問題視されています。

一度や二度食べたからといって、すぐに健康被害がでるレベルではないものの、特にお子さんや妊婦さんは、きちんとした養殖の実態がわかっていないアトランティックサーモンを食べるのは控えたおいたほうがよいでしょう。

安全性を理解しておいしく食べよう

いかがでしたか?アトランティックサーモンは日本人にはなじみのある食材で、おいしくて食卓に取り入れやすい食材。でも、きちんと食の安全性をわかった上で使いたいですね。

美容や健康効果の高いサーモンは、積極的に取り入れたい食材のひとつです。脂ののった安全なアトランティックサーモンを料理に使って、おいしく健康的な日々を過ごしてみませんか?

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

今日は生姜焼きにしよう!と決めても、なんだか献立が物足りない……なんて経験ありませんか?残りのメニューは何にしよう?と困ってしまうこともしばしば。そんな時にオススメの、生姜焼きによく合う汁物や副菜、主菜などを…

ハンバーグ

ハンバーグをオーブンで焼くと、ふっくらおいしく仕上がることをご存知ですか?時間や温度、焼き方を覚えて、自宅で本格ハンバーグを作りましょう。今回は、ハンバーグをオーブンで上手に仕上げる方法をご紹介します。

カレー

カレーに入れる人参の切り方は千差万別です。好みのよるもので正解というものはないのかもしれません。レシピによって切り方も様々。人参の切り方一つで、カレーの味も変わってくるかもしれませんね。今回は、切り方による違…

お祭りの屋台などでよく見かけるりんご飴。赤くてキュートな棒つきお菓子ですが、食べ方を知らないって方は多いのではないでしょうか。今回は、手がベタベタにならないオススメの食べ方やコツ、りんご飴の発祥などについてを…

おつまみ

ジメジメする梅雨は憂鬱なものですが、この時期ならではの楽しみもあります。今回ご紹介するのは、梅雨時期に旬を迎えるイサキの煮付け。通年見かけるイサキですが、産卵期前の時期は脂がのっていて、一段と美味ですよ。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

アイスクリーム まとめ

美容と健康にいいとされるココナッツミルクやアーモンドバターを使ったヘルシーなアイスのレシピです。ミキサーを使うから手間も時間も大幅カット! 子供のおやつや自分へのご褒美に、心にも体にもうれしいレシピをご紹介し…

レシピ おにぎり まとめ

冷ごはんでも作れる焼きおにぎりのアレンジレシピのご紹介です。食事にはもちろん、小腹が空いた時や夜食にもピッタリ!見た目も可愛く、簡単で美味しいアイディアレシピをぜひ参考にしてみてください♪

豆腐料理 アレンジレシピ まとめ

この1品でメインにもなるボリューミーな厚揚げステーキのアレンジレシピです!低コストで節約料理にも最適な厚揚げステーキが豪華になるレシピをご紹介します☆

アレンジレシピ お弁当 まとめ たまご

「玉子焼き」はお弁当の人気者。。。しかし、最近なんだか慣れ合いになってきてはいないですか?そんな時はサッと一手間。ちょっとの工夫でいつもの玉子焼きがお洒落に変身☆そんな玉子焼きのレシピをご紹介します♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

うなぎ

自分へのご褒美としてプチ贅沢を楽しむ。これは誰でもしていることですね!土用の丑の日を間近に控えた今は、おいしいうなぎを食べることに血道を上げる「うな女」が増加中!彼女たちが望むうなぎの条件から、今年買うべきう…

スープ レシピ まとめ

今回は、ブイヤベースの本格レシピ13選を紹介します!魚介類のダシが詰まった地中海料理の人気料理「ブイヤベース」は、すごく難しいイメージがありますが、具材を煮込むのがメインなので意外に簡単にできちゃうんですよ!…

スフレ アレンジレシピ レシピ まとめ

チーズケーキでおなじみのスフレの基本の作り方と、パンケーキやオムレツなどの人気アレンジレシピを15点ご紹介します。ふわふわした食感と口どけが魅力のスフレ、お家で挑戦して焼き立てのふわふわを召し上がれ♩

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る