ローディング中

Loading...

ぼたん鍋って知っていますか?いのししの肉を使ってぼたんの花を飾ったような赤いお肉が特徴的なお鍋です。ぼたん鍋といわれてきた由来はなんでしょう?今回は、由来からぼたん鍋のレシピ、東京や大阪でぼたん鍋が食べられる美味しいお店までご紹介します。

ぼたん鍋とは

ぼたん鍋とは、いのししの肉を具材に加えた鍋のことです。いのししの肉は日本全国どこでも入手できるので各地でこのような鍋が存在しますが、発祥の地は丹波篠山だと言われています。ぼたん鍋に使われるいのししの肉は古く縄文時代から貴重な食料として食されており、このことは古事記や日本書紀にも見られるほど、一般的に浸透していたようです。

なぜ、猪鍋ではなく「ぼたん鍋」?

なぜ、いのしし肉の鍋が「ぼたん鍋」と呼ばれるようになったのでしょう?これには諸説あります。ひとつは、煮込んだとき脂身が縮まる様子がぼたんの花のように見えることから名付けられたという説。もうひとつは、大皿に花をかたどって飾ることによって、お肉の鮮やかな赤色が、まるでぼたんの花のように見えることから名付けられた説。

さらにここから、猪をぼたん、馬をさくら、鶏をかしわ、と呼ぶことにも注目してみましょう。その起源は仏教が伝来した大化の改新のころだといわれています。仏教の教えにより肉を食すことが固く禁止されていました。しかし肉を食す習慣は根強く残っていたため、気づかれないよう花などの名前に例えて、隠れて食べ続けていた言葉が今に残っているという歴史的背景があるようです。

ぼたん鍋のレシピ

材料

・いのしし肉……200g程度
・しょうが……1片
・ねぎ……1本
・白菜……1/4カット
・にんじん……1/2カット
・しいたけ……3つ
・豆腐……1パック
・かつお節……適量
・かつおだし……小さじ1(パックのものでも可)
・みそ……大さじ3
・日本酒……大さじ4
・みりん……大さじ2
・砂糖……大さじ2

レシピ

1. 薄切りのいのしし肉を用意します。冷凍の場合は、解凍しておきます。

2. 白菜は食べやすい大きさ、ねぎとにんじんは薄く斜めに切ります。豆腐は8等分くらいに切っておきましょう。

3. 鍋に水とかつおだし入れて沸騰させ、味噌を溶かします。砂糖と日本酒を加えて味を調えます。

4. 沸騰したらいのししの肉、にんじん、白菜の芯の部分、しょうがを加えて中火で熱しましょう。

5. あくが出たら丁寧にすくい取りましょう。ここで、豆腐、白菜、ねぎ、しいたけを加えて野菜が煮えたら、完成です。

東京でぼたん鍋が食べられるお店

東京では「ぼたん鍋」という名前ではなく「しし鍋」という名前で呼ばれることも多くあるんですよ。それではここで、東京でおいしいぼたん鍋が食べられるお店をご紹介します。

両国「ももんじや」

山くじらすき焼きの「ももんじや」。両国駅からわずか5分の場所にありアクセスもとても便利です。国技館付近で9代にも渡って続くぼたん鍋の老舗店で、享保3年(1718年)創業のお店です。昔の人はいのししなどの獣肉料理のお店のことを「ももんじ屋」と呼んでいた名残なのだそう。当時はたくさんお店があったようですよ。お店には80席あり、宴会や会食ができる広い座敷は最大で40人が集えるほどの広さがあります。
「ももんじや」では、ぼたん鍋発祥の地とされる兵庫県丹波篠山地方から、天然ものの最高級いのしし肉をお取り寄せして提供しています。いのししの中でも一番おいしいとされる部位である、バラはゆっくりと時間をかけ煮込めば煮込むほど、あぶら身に味が染みわたります。単品でいただけるのはもちろん、前菜、ぼたん鍋のコースは6,300円からあります。

初めてぼたん鍋を食べるという方には、ぼたん鍋とごはん、お新香、なめこ椀がついているお定食がおすすめですよ。ぼたん鍋以外にも、鹿肉の鍋や、熊肉の鍋など、日頃あまり目にすることの少ない珍しいメニューもいただくことができます。
【店舗情報】
■店舗名 :ももんじや
■最寄駅 :総武線両国駅西口より徒歩5分
■住所 :東京都墨田区両国1-10-2
■電話番号:03-3631-5596
■営業時間:[火〜土]ランチ11:30~14:30(L.O.14:00)[月〜土]ディナー17:00~21:00(L.O.20:45)
■定休日:日曜日※大相撲東京場所開催中の日曜日は営業
■参考URL:https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13021813/

目白「ジビエ料理 アンザイ」

「ジビエ料理 アンザイ」は、JR山手線目白駅より徒歩3分の住宅街の中にあって、隠れ家のような存在です。お店は1日1組限定で、お店は友人の家にお呼ばれしたかのようにアットホームな雰囲気です。プライベート空間としてゆったりとくつろいでいただけますよ。

お店の名前にも使われている「ジビエ」料理を専門として提供するお店です。ジビエとは狩猟によって捕獲された野生の鳥獣を指します。
お店で出される、いのしし肉は静岡県浜松市の山中で店主自ら仕留めた天然のものを処理、熟成し冷凍保存したものを使っています。新鮮なまま素早く処理されているので、肉の臭みがなくおいしさも格別だそうですよ。

鍋やサイドメニューに使われる野菜は、店主の地元である静岡県産のものを仕入れて調理するこだわりようです。ほかのお店では、ぼたん鍋といえばみそベースがほとんどですが、このお店ではすき焼き風のしょうゆをベースにしています。

そのほかにも、いのしし肉のレバーやハツのみそ漬け、鹿肉のソテーなど新鮮に調理されているからこそ味わえるメニューがそろいます。
【店舗情報】
■店舗名 :ジビエ料理 アンザイ
■最寄駅 :目白駅
■住所 :東京都新宿区下落合3-1-1
■電話番号:090-3305-6595
■営業時間:[平日]19:00~[土・日・祝]ランチ12:00~15:30/ディナー 18:30~
■定休日:不定休
■参考URL:http://tabelog.com/tokyo/A1305/A130501/13134095/
■公式HP:http://gibier-anzai.com/

大阪でおいしいぼたん鍋が食べられるお店

ぼたん鍋の発祥の地丹波篠山のある兵庫県のお隣にある、大阪でぼたん鍋をいただけるお店をご紹介します。

曽根崎「八幸」

「八幸(はちこう)」は、種類豊富な鍋料理や懐石料理を楽しめるお店です。全席個室になった店内はゆったりとくつろげる座敷が11部屋も用意されています。地下鉄御堂筋線梅田駅より徒歩6分、きれいな店内はいつもお客さんで賑わっています。

※画像は「牛すき焼き」です。

コース料理を各種そろえ、宴会や会席にはぴったりです。ぼたん鍋のほか、牛すき焼きは国産のA5ランクの黒毛和牛を使用、自家製の割り下を使ったコースが4,600円でいただけます。また10~3月はふぐ料理を、5~9月ははも料理もを味わえます。デザートのついた1,000円でいただける日替わりランチは大人気メニューです。
■店舗名:八幸
■最寄駅:東梅田駅
■住所:大阪府大阪市北区曽根崎2-8-9
■電話番号:06-6312-8485
■営業時間:
[月~土] 12:00~14:00、16:00~23:00
[日祝] 12:00~22:00
■定休日:不定休
■参考URL:https://tabelog.com/osaka/A2701/A270101/27000474/
■公式Facebook:https://www.facebook.com/osaka.hachiko/

福島「ちょうじや」

「ちょうじや」は、ゆったりとしたオープンカウンターや宴会もできる個室もある落ち着いた雰囲気のお店です。JR大阪環状線福島駅から徒歩1分という好立地にあります。創業55年の歴史と伝統のある日本料理専門店で、雑炊においては日本でも数少ない専門のお店です。
冬季限定の「丹波篠山産天然猪ボタン鍋」(3,980円)。このほか、カウンター越しに板前さんが作ってくれる料理はどれも絶品。特製のペシャメルソースにかにの身を贅沢にいれた「自家製カニの身たっぷりクリームコロッケ」(350円)は人気のひと品。ぜひ、ぼたん鍋と一緒に味わってみてはいかが?
【店舗情報】
■店舗名 :ちょうじや
■最寄駅 :JR大阪環状線福島駅より徒歩1分
■住所 :大阪府大阪市福島区福島5-6-16 ラグザ大阪 B1F
■電話番号:06-6342-9990
■営業時間:ランチ11:00~15:00 (L.O.14:30) /ディナー17:00~23:00 (L.O.22:30)
■定休日:無休
■参考URL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270108/27050383/
■公式facebook:https://www.facebook.com/tyoujiya

西天満「割烹・雑炊 大美」

「割烹・雑炊大美」は、定食屋さんのような雰囲気で、気軽に立ち寄りたいと思わせてくれるお店です。地下鉄南森町駅から徒歩5分、大阪天満駅より徒歩5分の非常にアクセスのよい場所にありますよ。

※画像は日替わり定食です。

鍋料理の種類が豊富で、だいたい5,000円前後でいただけます。ぼたん鍋には前菜、お造り、雑炊、デザートがつき、味もボリュームも満足していただける内容です。雑炊は近江米を使っており、かつお、昆布、いわし、さばでとった出汁にはしっかりとしたコクがあるそうです。ぜひ、〆の一杯にいかがでしょうか。
【店舗情報】
■店舗名 :割烹・雑炊 大美(だいみ)
■最寄駅 :地下鉄南森町駅より徒歩5分
■住所 :大阪府大阪市北区西天満5-13-13
■電話番号:06-6311-4340
■営業時間:11:30~21:00
■定休日:日曜日・祝日・12月30日~1月3日
■参考URL:http://tabelog.com/osaka/A2701/A270103/27000426/
■公式HP:http://www.daimi.biz/

ぼたん鍋を味わおう

丹波篠山発祥の「ぼたん鍋」についてご紹介しましたが、いかがでしたか?独特な香りと歯ごたえを持つ、いのしし肉は一度食べたらやみつきになること間違いありません。東京や大阪でこだわりのぼたん鍋を食べられるお店はたくさんあるので、ぜひ一度食べてみてくださいね。自分で作ってみるのもおすすめですよ。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ まとめ

ホットプレートで作る、人気のレシピをご紹介します。ご飯メニューだけではなく、おつまみやデザートレシピも!パーティーのときだけではなく、忙しいときに使える簡単&時短レシピもあります。これを読めばホットプレートを…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

宇都宮 ランチ カフェ まとめ

栃木県の中心地・宇都宮には、おいしいランチが食べられるお店がたくさんあります。ここでは数多くのお店の中から宇都宮でおすすめの人気ランチ店をご紹介!おしゃれなカフェランチから個室でゆっくりくつろげるランチまで、…

サラダ レシピ まとめ

シャキシャキの食感が特徴的なレンコン。その特徴をサラダで味わってみませんか?今回は、簡単に作れる人気のレンコンサラダレシピを22選ご紹介したいと思います。和えるだけや、揚げてレンコンチップスにしたものを使うな…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

渋谷 ランチ ハンバーグ まとめ

渋谷は美味しいランチを出すお店がたくさんある中から、特に美味しく手頃なお店をまとめました。

まとめ

ジワジワとブームになっている「台湾スイーツ」。ちょっと前までは、台湾のものは「現地に行かなきゃ食べられない」が常識だったが、いま台湾スイーツの専門店が続々とオープンしている。

東小金井 お好み焼き 鉄板焼き まとめ

先日「王様のブランチ」でも紹介された東小金井にあるお好み焼き店「六甲山」はあのイタリア・セリエAで活躍中の長友佑都選手も海外移籍前によく通ってたという名店。中でも長友選手はいつも「ミックス焼き」を頼んでいたと…

お菓子 アンテナショップ 東京 まとめ

コンビニやスーパーでお馴染のお菓子のできたてを食べてみませんか?今回は限定メニューも楽しめる東京近郊のお菓子のアンテナショップをまとめて紹介します。休日のお出かけ先としてもおすすめです♪

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

きゅうり ピクルス レシピ

そのままかじってもサラダにしてもおいしい、きゅうりですが、気がつくとシナシナになっていることも。きゅうりの保存はどうしたらよいのでしょう?そのままの保存かカットして保存するのかなど、今回は、きゅうりの保存につ…

パン

千葉県行徳駅前に、コッペパン専門店「(食)盛岡製パン」がオープンしました。じゃじゃ麺、前沢牛など、「盛岡」の味が楽しめる専門店なんです。今回はコッペパン発祥の地「盛岡」のコッペパン専門店「(食)盛岡製パン」を…

ニコライ

グルメライター。スイーツやお店の紹介、コラムまで食に関することは幅...

ページTOPに戻る