ローディング中

Loading...

みなさんはロブスターの寿命を知っていますか?3年?5年10年?驚くなかれ、まさかの不老不死!その秘密は、甲殻類特有のあの行為にありました。今回は、謎に満ちたロブスターの生態から不死の秘密に迫っていきます!

ロブスターに寿命なし 〜Lobster never die〜

人類の果てなき夢「不老不死」。人類が数千年かかってもなお手に入れられない特殊能力を、生まれながらにして会得している生物がいます。

それがまさかの、
ロブスター。
そう、ロブスターには寿命がないんです。

生涯不死を追い求めた秦の始皇帝さえ叶えられなかった夢を、よりによって生きている姿すら見る機会が少ない彼らが実現していると聞いて、あなたはどう思いますか?「たかがエビでしょ?」「そもそも長生きしたロブスターの話を聞いたことがない」「だったら超巨大ロブスター発見のニュースがあってもいいのでは?」

今回はロブスターの謎に満ちた生態から、寿命がないといわれる秘密を紐解いていきます!

不老不死の秘密は"脱皮"にあり

甲殻類であるロブスターは、脱皮を繰り返して成長を重ねていきます。この脱皮行為こそが不老不死たらしめている理由なんです!

ロブスターは脱皮する時に、他の甲殻類と違い殻だけでなく内臓も一緒に新しいものに入れ替わります。しかし脱皮によって、食欲、生殖能力、新陳代謝などが落ちることはなく、殻以外は脱皮する前とほぼ同じ。

つまりこれを繰り返していれば、理論上は永遠に生き続けられることになります。
ところが海底には数百歳、数千歳のマスタークラスのロブスターがわんさかいる、ということではないようです。
ロブスターに寿命がないのは、あくまで理論上の話。数年前に「推定140歳の個体が見つかった」と報じるニュースはあったものの、今現在までにそれ以上に長生きしたロブスターが発見されたことはないといいます。
ロブスターだって死ぬときは死ぬんです。それも至極当たり前の理由で。

ロブスターの死因No.1:脱皮不全

完全無欠にみえるロブスターも、脱皮に失敗すれば長生きはできません。現にロブスターの死因の大多数が脱皮不全によるものなんだそう。そりゃすべての臓器ごとリニューアルすれば、死ぬリスクは高いに決まっています。さらに大きくなればなるほど脱皮にかかる時間は増えることになり、外敵に襲われるリスクはおのずと高まるというワケです。
そしてロブスターといえば、西洋料理の代表的食材のひとつです。煮る、焼く、蒸すなど調理方法の豊富さと美味さゆえに欧米の食卓に欠かせない存在になったことが、長生きするうえでハードルになっているのは紛れもない事実でしょう。

やっぱり不老不死って難しい。でも……

弱肉強食の自然環境下では、ロブスターのもっているポテンシャルも無に帰します。それほどまでに永遠の命は得難いものなんです。

現に不老不死を獲得しようと人間たちが歩んできた歴史も困難を極めた旅路でした。例えば、秦の始皇帝は学者たちの進言から水銀を飲みまくったために中毒死し、西洋でも薬の開発のために命をかけた生態実験が絶えず行われてきました。

ロブスターのように脱皮はできなくとも、このように人類には「反復と継続」という武器を備えています。最後にご紹介するには、そんな馬鹿馬鹿しくも愛すべき人間たちの愚直な努力によって生み出された、不老不死の霊薬「エリクサー」の簡単レシピです。

不老不死に興味があるみなさんは必見の内容ですよ。

不老不死の霊薬「エリクサー」のレシピ

http://macaro-ni.jp/32596

※ 画像はイメージ

2014年5月、ニューヨークのチャイナタウンにあるホテル建設現場から、およそ100本ほどの古瓶が偶然出土しました。考古学者のチームの見解によると、そのうちの緑色の瓶がエリクサーの可能性が高いとして分析を進め、ついに原料の特定に成功しています。

では”何らかの医療手引書をもとに解読した”という奇跡のレシピの全貌をお届けしましょう!

材料

水/114ml
穀物アルコール(ウォッカ、ジン)/240ml
スペイン産サフラン/2.3g
アロエ/13g
ルバーブ/2.3g
ガジュツ(ホワイトターメリック)/2.3g
リンドウの根茎/2.3g

作り方

① ルバーブ、リンドウ、ガジュツ、スペイン産サフランを潰しておき、絞ったアロエ汁、水、アルコールと一緒に混ぜましょう。
② ①が沈殿しないようたまに混ぜながら3日放置します。
③ チーズクロスまたはコーヒーフィルターを使って混合液をろ過すれば完成!

★ 作り方のコツ ★
サフランの色は調理器具や手に移りやすいので注意
ちなみにエリクサーは一日数滴が適量!飲みすぎた場合はお腹を壊すかもしれないので、用法用量を守って正しく飲んでくださいね♩
※ ホントに不老不死になる確証はありませんので、実際にエリクサーを作る場合は自己責任でお願いします。
★ 海って怖い!ちなみに不老不死のクラゲもいますよ ★

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ

七草粥は1月7日に食べる習慣がありますが、それはどうしてかと考えたことはありますか?日本人なら知っておきたい七草粥の由来や歴史を改めて確認してみましょう。そしてこれを参考に、ぜひご家庭でも七草粥を作ってみてく…

皆さんはカペリンという名前を聞いたことがありますか?大人から子供まで親しまれている、お酒のおつまみにもなるあの魚。あなたがいつも食べているのは、実はカペリンという魚かもしれません。今回は、カペリンの正体や食べ…

みなさんは、無洗米を使ったことがありますか?無洗米には、節水や緊急時の備蓄、環境への負担軽減などさまざまなメリットがあるんですよ。また、今回はそんな無洗米の正しい炊き方をご紹介。これを知って、今日から無洗米で…

海の宝石・桜エビ。目がないという人も多いと思いますが、その旬がいつかご存知ですか?よりおいしい桜エビを食べたいと思うなら、これはもう必須の知識。この記事を読んでしっかり覚えて、駿河湾で獲れる旨みたっぷりの桜エ…

ジャムの瓶の蓋を開けようと思ったらカチカチで開かない。料理中に調味料の瓶の蓋がカチカチで開かない。かたくて開かなくなった瓶の蓋にイライラさせられたことは、誰にでもあるのではないでしょうか。瓶の蓋が開かなくなる…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

調味料 マヨネーズ まとめ

醤油は冷蔵保存が基本って知ってましたか?調味料って冷蔵なのか常温なのか悩むところですよね。常温で大丈夫と思っていたのが実は冷蔵庫に入れないと悪くなっている場合もあります。主要な調味料をまとめておきましたので、…

おしゃれ まとめ

スタバで裏メニューがあるということはとても有名ですがイマイチわからない人も多いのでは?そんな人のために「スタバの裏メニュー」をまとめました。これであなたもスタバ通!ぜひお気にいりのメニューを見つけてください!…

レシピ ロシア料理 スープ まとめ

年末に近づくにつれて一段と寒くなってきました。でも世界には日本よりもっと寒い地域が。なんとロシアの史上最低気温はマイナス71.6℃。そんな地域で長年食べられてきた料理とは!?ということで冬にオススメのロシア料…

合コン ワイン 日本酒 まとめ

忘年会や新年会が多いこの時期、上司やお偉いさんとお酒の席を共にする事も多いですよね。そんな時、社会人として絶対に覚えておきたいお酒の席でのマナーを7つ選びました。これをしっかり覚えて飲み会に望めば失敗すること…

まとめ

飲みすぎ・食べすぎが重なるこの時期に胃もたれになる人も多いのではないでしょうか?何も食べたくないとき、飲み物なら飲めるという人もいるでしょう。胃もたれのときにおすすめの飲み物を紹介します。

まとめ

2015年の花粉飛散量は平年(2008~2014)と比べると、多くなることが予想され、最新の予測によると、2014年シーズンの5割増となる予想が立てられました。コンビニで買える花粉に効果のあるものを、普段から…

コーヒー カフェ おしゃれ まとめ

世界には星の数ほどの映画がありますが、中にはコーヒーをテーマにしたものも数多くあります。その中から、厳選して「6」作品ご紹介しますので是非ご覧ください♫

まとめ

野菜や果物ってすぐに新鮮さがなくなって使えなくなる事が多いですが、ここに紹介する方法では野菜、果物共、通常よりかなり長く良い状態で保存する事が出来ます。お財布にも優しいのは言うまでもありませんね。早速実践して…

バー カクテル 東京 まとめ

東京都内にも様々なコンセプトのバーはありますが、映画バーって行ったことありますか?レトロな映画からSFまでお酒とともに楽しめる、映画好きにはたまらない空間です♪お洒落なカクテルを飲みながら映画トーク、だなんて…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

アイスクリーム

見た目がとってもキュートなつぶつぶアイスの”ディッピンドッツ” 1995年に日本に上陸してから愛されています。-196℃で瞬間冷却された様々なフレーバーの小さなつぶつぶがとっても美味し…

台湾 カフェ まとめ

台湾といえば、日本びいきの方も多く、高齢者では日本語が達者な人も多いようです。距離も近いので親近感も沸く国ですね。今回は台湾で是非行くべきカフェをご紹介します。旅行の際には行ってみてくださいね!素敵なカフェが…

あれすーぱ

「人はパンのみに生くるものに非ず、されどまたパンなくして人は生くる...