ローディング中

Loading...

「旨味成分」とよく聞きますが、旨味の意味、わかっているようでよくわかってない人、多いのではないでしょうか。旨味は日本食に欠かせない味覚のひとつで、おいしさに貢献する重要な要素なんです。旨味成分の本当の意味、調べてみました。

日本食には欠かせない「旨味成分」

私たちが物を知ったり、感じたりするために必要な感覚機能を「五感」と呼びます。「視覚」、「聴覚」、「触覚」、「味覚」、「嗅覚」です。そのうち味覚は文字通り、食に関する認識を担っている機能。さらに味覚を5つの基本味に分けると、「甘味」、「酸味」、「塩味」、「苦味」、「旨味」になります。

細かい基準はひとまずおいて、ようするに「甘み=甘い」、「酸味=酸っぱい」、「塩味=しょっぱい」、「苦味=苦い」、「旨味=旨い」……?……「旨い」?なにかほかの味覚と比べて、旨味だけ妙に抽象的というか曖昧というか、とってつけたような印象があります。そもそも、甘くても酸っぱくてもしょっぱくても苦くても、「旨い」と感じる食事があることは誰でもご存じの通りです。

とはいえ、もしかすると、私たちは根本的に旨味のことを理解していないのではないか、という可能性があります。「旨味=おいしさ」と、勝手に判断しているのではないでしょうか。

今回は、旨味とはなんなのか、旨味を構成する成分とはどんなものなのか、旨味について詳しく調べてみました。

そもそも旨味成分とは

いまお伝えしたように、旨味は5つの基本味を構成する1つの要素です。では、なぜ旨い(おいしい)が基本味に入っているかというと、じつはそもそも「旨味=旨い」ではないからです。

しばしば私たちは、「おいしい」と「旨味」を混同して使っていますが、それは誤りです。「旨味たっぷりでおいしい」といえても、「おいしさたっぷりで旨味がある」ということはできません。おいしさとは、味そのものを指すのではなく、匂い、食感、見た目、雰囲気など、さまざまな要因から導き出される“感想”のようなもの。おいしさは五感に左右される、といっても過言ではないわけです。

それに対して、旨味は基本味の1つに位置付けられていますから、「おいしい」という感想につながる以前の段階、おいしさに貢献する要素と捉えるべきものです。

たとえば、昆布ダシを思い出してみてください。ふくよかなコクとまろやかさ、あの味わいこそ代表的な旨味です。そして、あの味わいはアミノ酸の一種、グルタミン酸によって生み出されています。

旨味の起源

昆布ダシといえば、和食に欠かせませんね。日本では古くから料理に昆布ダシを活用してきました。昆布ダシに旨味があると、日本人は自らの舌で知っていたのでしょう。

明治時代、一人の大学教授が昆布ダシに注目します。東京帝国大学(現・東京大学)の池田菊苗さんです。「昆布ダシの正体はなんだろう……」と考えて、池田さんは研究を開始。ついに1908年、昆布ダシの中からグルタミン酸を発見し、グルタミン酸が生み出す味を「旨味」と命名したのです。

池田菊苗さんや、以下で詳しくご紹介する小玉新太郎さん、国中明さんなどの研究は国際的にも徐々に注目されるようになります。そして時代は流れ流れて、1985年、「第一回うま味国際シンポジウム」をきっかけに、「旨味=UMAMI」という言葉が認知されました。日本人の研究がついに身を結び、今では旨味を表現する「UMAMI」は世界標準になっています

旨味成分の種類

グルタミン酸

東京帝国大学の池田菊苗さんがグルタミン酸を発見したことは、上で述べたとおりです。昆布のほか、緑茶やトマト、白菜、パルメザンチーズなどにも多く含まれています。ちなみに完熟トマトがおいしい理由は、糖度が増すことに加えて、熟す過程でグルタミン酸が増えるからです。

そして池田さんの発見を受けて、新たな旨味成分が日本人によって次々と発見されました。

イノシン酸

1913年、池田菊苗さんの弟子である小玉新太郎さんが鰹節から抽出したイノシン酸。「呈味性ヌクレオチド」という、旨味を感じさせる「核酸関連物質」のひとつです。サバやタイなどの魚類、豚肉などの肉類に多く含まれているのですが、じつは死後になって量が増えます。死後、熟成する過程で含有量が増加するのです。

余談ですが、熟成がさらに進むと、イノシン酸はイノシンに変化し、最後、ヒポキサンチンという成分になります。ヒポキサンチン=臭み成分です。

グアニル酸

1957年、国中明さんがシイタケ中から抽出した旨味成分です。干ししいたけに多く含まれていますが、そのままの状態ではあまり含有量は多くありません。水につけて戻す工程でグアニル酸の素となるリボ核酸が増加し、このリボ核酸を加熱すると、グアニル酸に変化します。

まだまだある旨み成分

貝類に豊富なコハク酸、大豆食品や鰹節などに多く含まれるアスパラギン酸がよく知られています。そのほか、食用ハエトリシメジのトリコロミン酸や、毒キノコのテングタケ(間違っても食用は厳禁です)に含まれるイボテン酸も旨味成分です。

初めて出会う旨味は母乳?

母乳にはグルタミン酸が豊富に含まれています。私たちにとって、最初に旨味と出会うのは母乳ともいえます。実際、生後直後の赤ちゃんは、旨味を感じることができるそうです。身体に必要な栄養素を取り込むため、旨味が活躍するんです。酸味や苦味を嫌っても、旨味のあるスープならばスムーズに心地よく感じる理由も、旨味によるのでしょう。

旨味成分の相乗効果とは

旨味成分は組み合わせることで相乗効果を生み出し、その魅力をより高めます。たとえば、和食では昆布、鰹節、椎茸からそれぞれダシを取って合わせます。ラーメン屋などに行っても、多彩なダシでスープを作っている旨がメニュー表で紹介されていますよね。

これは日本に限ったことではなく、西洋料理のフォンではグルタミン酸を含む玉ねぎなどの野菜類と、イノシン酸を含む牛スネ肉を使って味わいをアップさせています。グルタミン酸とイノシン酸・グアニル酸が組み合わさると、旨味が格段に増すことが経験的に知られているんです。

旨味は日本で発見され、日本人によって命名されたので、「旨味を感じられるのは日本人だけ」という話も一部あるようですが、それは誤りです。万国共通、舌で旨味を感じられるといわれています。

旨味は減塩にも役立つ

旨味があると、それだけで食材本来の味わい、深さ、奥行きをもたらします。過剰な塩分で味を調えなくても、十分に味が引き出されるんです。旨味は減塩につながる、という点では、健康面でも旨味が役に立つといえます。

まとめ

私たちはあまり気にも留めることなく、「旨味」と「おいしい」を混同して使いがちですが、じつは「旨味」には、先人の経験的な知恵と、そこから生まれた偉大な研究結果によって、世界的な評価を得たという知られざる歴史があります。

旨味と表現するとき、ぜひ脳内で「UMAMI」と変換してみてください。日本人によるノーベル賞級の発見に思いを馳せれば、昆布や鰹節やしいたけの凄みをより理解できるはずです。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

レシピ ワイン 肉料理 まとめ

赤ワインは、特にお肉との相性が良いので肉料理によく用いられますが、お肉以外にも赤ワインを使った素敵なレシピがあります。ご飯ものやデザートも含めて、ワインマニアの私が赤ワインを使ったおすすめのレシピを24選、ま…

ズッキーニ レシピ まとめ

近所のスーパーでも見かけるようになったズッキーニ。ズッキーニは生で食べられるのをご存じですか?キュウリに似てるけど、ラタトゥイユ以外の食べ方を知らない、という方も多いのでは?今回は、ズッキーニを生で食べる方法…

離乳食 まとめ

小ぶりなサイズがキュートなミルクパン。ドリンクを温めたり、茹で卵を作ったり、使い勝手が良いと人気を集めています。ひとり暮らしにはちょうどいい大きさで、離乳食も作れる優れもの!おすすめミルクパンや選ぶポイント、…

レストラン フランス料理 イタリア料理 まとめ

パートナーや友人との大切な食事の席、あなたはどんなお店を思い浮かべますか?そろそろレストランのコース料理をリストに追加してもいいお年頃。まだちょっと怖いと思っている初心者の人でもウェルカムの「レストランひらま…

レシピ チャーハン スープ まとめ

ピリッとした辛味がくせになる高菜漬けを使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。チャーハン・パスタ・炒め物など、おうちごはんのアレンジメニューを作ってみてくださいね。高菜漬けの作り方も紹介するので生の高菜が手…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ

妊娠中や妊活中は生活、特に食べ物や飲み物には気を使うことと思います。そこでここでは、そんなときに気をつけたい食べ物、飲み物から、特に気をつけたいものを「5」つご紹介します!

まとめ

日本酒を飲む時に欠かせない「おちょこ」。最近では色々なデザインのものがありますが、今回は女子ウケ間違いなしの、ポップで可愛い「おちょこ」を5種類ピックアップしてみました♪動物モチーフやシンプルな物まで、プレゼ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

離乳食 レシピ

「離乳食を食べさせるのが辛い、面倒くさい」と思う自分を責めてしまうこともあるかもしれませんが、この悩みは上位です。あなただけではないから大丈夫よ。と言うことを前置きして【離乳食を食べさせるのが苦痛・面倒】な気…

ヨーグルト まとめ

オーストラリアやロンドンのカフェで人気というヨーグルト「コヨ」(COYO)をご存じですか?ココナッツミルクでできたおいしくて体に優しいヨーグルトなのだそうです。コヨのレシピもご紹介しますね。日本でも六本木ヒル…

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。