ローディング中

Loading...

連載:絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「米のとぎ汁洗顔」です。効果、やり方に加えて、ちょっとした注意点やその他の活用法も併せてご紹介します。肌のターンオーバーを正しく整え、肌に潤いをもたらす貴重なセルフケアです。

米のとぎ汁洗顔とは

「米のとぎ汁洗顔」と聞くと、もしかしたらみなさん、びっくりされるかもしれません。でも、米のとぎ汁は古くから汚れ落としや今でいう入浴剤として使われていて、立派な民間の知恵なんです。私も幼い頃、書道のお稽古中に洋服を墨で汚してしまったとき、米のとぎ汁で汚れを落としてもらっていたことを思い出します。

みなさんは、「ピーリング」という言葉をご存じですか?肌の古い角質を取り除いて、ターンオーバーを正常に働かせる「角質ケア」の一種です。米のとぎ汁には、墨の汚れを落とす作用があるように、肌の角質を吸着して取り除くピーリング効果があります。物でも肌でも変わりなく、「きれいにする」力がとても強いんです。

私は過去の連載でもお伝えしてきたように、民間の知恵が大好き。今回は、米のとぎ汁洗顔の効果、やり方、効果を高める方法など、詳しくご紹介します。

米のとぎ汁洗顔の効果

ピーリング作用

いま述べたように、米のとぎ汁洗顔の一番のメリットは、肌のピーリング作用が期待できることです。

市販されているピーリングジェルも、時々使う分には角質ケアとして役立ちます。ただし市販品の効果は強すぎるあまり、使いすぎると新しい角質まで取り除いて、逆にターンオーバーを乱してしまう可能性があります。

その点、米のとぎ汁洗顔の場合、お米の細やかな粒子が古い角質だけを取り除いて、穏やかにピーリング作用を発揮してくれます。ターンオーバーが正しく働くようになれば、シミ予防にもつながります。

また、米のとぎ汁洗顔を実際におこなうと、毛穴がすっきりします。これもピーリング作用によって受けられる恩恵のひとつです。

肌のバリア機能を高める

お米に含まれる「セラミド」という成分(米セラミド)は、肌に適度な潤いをもたらしてくれます。

通常、肌の角質層にはセラミドが満たされているのですが、年齢を重ねるとともに少しずつ減少していきます。肌のバリア機能を担っているセラミドが減ってしまうと、乾燥によってカサついたり、紫外線の刺激をダイレクトに受けてしまいます。米のとぎ汁洗顔で米セラミドを補ってあげることで、バリア機能を高めて肌に適度な潤いをもたらしたり、紫外線対策につながるんです。

皮膚や粘膜を補修してくれる

お米に含まれる各種ビタミン類のなかでも、特に注目したいのがビタミンB1です。ビタミンB1は皮膚や粘膜を補修する働きがあって、肌の代謝を高めてくれます。その結果、ターンオーバーの乱れが整うので、土台から美肌作りを促してくれるんです。

米のとぎ汁洗顔のやり方

米のとぎ汁の作り方

1. たっぷりの水でザッとお米を洗ったら、手早く水を切ります。
2. お米の粒どうしをこすり合わせるように、2~3分、念入りにお米をとぎます。
3. ここに再度、水を加えてお米を洗い、白く濁ったとぎ汁を別の容器に移したら完成です。

米のとぎ汁洗顔のやり方

1. 普段どおりにクレンジング、洗顔を最初におこないます。
2. 別容器に移した米のとぎ汁をお湯で1.5倍ほどに薄めます。
3. 薄めた米のとぎ汁で顔全体をバシャバシャと洗います。

※強くこするように洗うと、肌を傷つける原因になります。優しくなじませるように洗うのがポイントです。

米のとぎ汁を使ったその他の美容法

入浴剤

冒頭でも少しだけ触れたように、米のとぎ汁は入浴剤代わりに使えます。お湯を張ったお風呂に、米のとぎ汁を入れて混ぜるだけ。ここに日本酒を少量加えると、より美肌効果が高まって、全身がしっとり潤いますよ。私も日常的によく試している方法です。

洗髪

髪の汚れを最初に洗い落としておいて、水気を軽く絞ったあとに米のとぎ汁で髪の毛を優しく洗いましょう。最後によく注ぎ落としたらおしまいです。髪の毛や頭皮の汚れ落としに役立ちます。

ちなみに私の父方の祖母も、米のとぎ汁を洗髪によく使っていました。そのおかげか、年齢を重ねても白髪が全然なく、真っ黒できれいな髪の毛を維持していましたよ。

ボティケア

かかとのカサつきケアにも、米のとぎ汁は活躍します。カサカサした部分に、米のとぎ汁を染み込ませるように塗ると、カサつきが抑えられます。お金をかけずにかかとケアまでできてしまうなんて、米のとぎ汁は本当にすぐれものですね。

私の場合、手の甲のケアに米のとぎ汁を利用することも多いです。手は「老化」の表れやすい場所のひとつ。手の甲にハリと潤いがあると、印象がずいぶん変わりますよ。

パック

米のとぎ汁を容器に移し、ラップをして冷蔵庫で半日ほど置いておきます。すると分離して下に沈殿物が溜まるので、水を捨てて沈殿物だけ取り出しましょう。沈殿物を顔に塗り、3〜5分ほどパックしてみてください。パックが乾燥する前に洗い流すと、顔がツルンと柔らかくなります。

米のとぎ汁洗顔の注意点

肌をゴシゴシこすらない

顔をゴシゴシこすらない、これは米のとぎ汁にかぎらず、洗顔の鉄則です。私も患者さんによく指導しますが、肌の汚れをきれいに落としたいばかりに、強く手でこすると肌を傷める原因になります。手で包み込むように、指の腹で軽くなでるように、やさしく洗顔してください。

パッチテストをおこなう

米のとぎ汁はそのまま使うと刺激がやや強いので、必ず薄めて使います。また、いきなり洗顔するのではなく、必ず最初にパッチテストをおこなってください。皮膚の柔らかい部分(肘の内側など)に、薄めた米のとぎ汁を少量塗って経過を見ます。もし、皮膚に赤みやかゆみが出た場合、米のとぎ汁をセルフケアには絶対に使用しないでください。

お米を研ぐ習慣、身につけませんか?

慌ただしい日々を過ごしていると、お米を研ぐ習慣から離れてしまうものです。無洗米を使ったり、温めるだけで食べられる冷凍のご飯を利用したり。もちろん、そうしたものに頼る生活を否定するつもりは全然ありません。でも、たまにはお米を研ぐようにすれば、おいしいご飯が食べられるだけでなく、とぎ汁を上手く再利用して美容にも役立てられますよ。

民間の知恵のよいところは、エコの側面がある点。米のとぎ汁にしても一般的に捨ててしまうものですが、洗顔、入浴剤、パックなどなど、全身の美容に使えてしまうんです。わざわざ高額な商品を買わず、本来捨てているものが美容につながるのであれば、そんな嬉しいことはないですよね。

ぜひ、お米を研ぐ習慣を身につけて、おいしく楽しく美肌作りを目指しましょう。
次回は、夏の風物詩「すいか」に多く含まれ、デトックス作用の強い「シトルリン」という成分についてお伝えします!

《絶対きれいになる!皮膚科医の「美肌レッスン」》の記事一覧

甘酒

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「甘酒」です。美容効果ばつぐんで、特に便秘の改善には薬並みの作用が期待できる伝統食。効果から作り方、飲み方まで詳しくお伝えしますので、甘酒のすご…

まとめ トマト

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「トマト」です。美白&日焼け防止作用が強力で、ダイエット、疲労回復にも役立つすぐれもの。私の体験、効能、効果的な食べ方など、詳しくお伝えします。

まとめ スイカ

皮膚科医の私がおすすめのセルフケアを紹介する本連載。今回の主役は「シトルリン」です。美容効果が高く、スイカから発見された成分としてもよく知られています。どんな効果があるのか、私自身の体験もふまえて詳しくお伝え…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ハンバーグ

『旨包ボリュームリッチハンバーグ』が200名様に当たるモニターキャンペーンを「おうちごはん」内で開催中!湯煎するだけで本格リッチな味わいを楽しめるので、かわいくデコって、こどもの日をお祝いしましょう♩応募方法…

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

まとめ パン

「マツコの知らない世界」で紹介された絶品ホットサンドをまとめました。 ホットサンド専門店メイプルのチキチキトマト 、パパスカフェ玉川高島屋店限定のハニーマスタードチキン、 割烹船生のだし巻き卵サンドを紹介しま…

バナナ

身体に良いと言われているバナナですが、実は“皮”部分にも色々な栄養が含まれていると海外のある記事から話題になっています。その中には、ダイエットにも効くのではないかと言われている成分も。…

寺澤地子

蒲郡皮フ科院長。愛知県医科大学卒業後、愛知医科大学付属病院、名古屋...

http://gamagori-sc.byoinnavi.jp/pc/