ローディング中

Loading...

鮮やかな色と個性的な見た目のドラゴンフルーツは、「アサイーの次にくる!」と言われているスーパーフードです。美容と健康に効果が期待できる栄養素がたっぷり詰まっています。今回は、栄養や食べ方、レシピなども紹介していきます。

ドラゴンフルーツとは

アサイーの次なるスーパーフードとして話題を集めている「ドラゴンフルーツ」。みなさんは、食べたことはありますか?夜に大きな花を咲かせることから“夜の女王”と称される、鮮やかなピンク色が美しい南国のフルーツです。

サボテン類の果実で、原産地はメキシコまたは中南米。日本では沖縄や鹿児島などの熱帯地域が主な生産地となっています。ちなみに、海外では別名ピタヤ(Pitahaya)と呼ばれているそうです。なんといっても、その鮮やかな色合いとゴツゴツとしたインパクトのある見た目に、驚く方も多いのではないでしょうか。

諸説ありますが、その強烈な見た目がまるでドラゴンのウロコで覆われているようだ、という理由から「ドラゴンフルーツ」という名前が定着したと言われています。ドラゴンフルーツは100gあたり50kcalと低カロリーなうえに、農薬をあまり使用せずに栽培できるので、健康志向の人から今大きな注目を浴びているスーパーフードなんです。

それではドラゴンフルーツの魅力についてお伝えしていきましょう。

ドラゴンフルーツの栄養

個性的なビジュアルからは想像もつきませんが、ドラゴンフルーツには驚くべき栄養素がひとつの実にギュッと凝縮されているんですよ。後ほど詳しくお話しますが、美肌効果はもちろん健康にも効果が見込める果物として、今とっても注目を浴びています。代表的な栄養素は下記の通りです。

ビタミンB群

100g当たりおよそビタミンB1が0.08mg、ビタミンB2が0.06mg。さらに、ビタミンB6が0.05mgと豊富なビタミンB群を含んでいます。これらビタミンB群が体のだるさや疲れの原因となる「乳酸」を撃退してくれるので、疲労回復効果が見込めます。

ナイアシン

ビタミンB3やニコチン酸とも呼ばれるナイアシンは、100gあたり0.4mg含まれています。私たちの体づくりをサポートするうえで、欠かすことのできない水溶性ビタミンのひとつです。ナイアシンは血のめぐりをよくする働きによって皮膚の細胞まで栄養が運ばれ、肌の新陳代謝を高めてくれます。これにより、毛穴の黒ずみの改善効果が期待できますよ。

カロテン

りんごを切ってそのまま放置しておくと、茶色く変色してしまいますよね。これは酸化が原因なのですが、年齢を重ねるごとに肌も同じように老化、すなわち酸化していきます。カロテンは酸化を抑える強い抗酸化作用があるので、毎日のスキンケアとドラゴンフルーツで美肌を目指しましょう。

ビタミンC

100gあたりに含まれるビタミンCは7mgと、特別高い数値ではありません。ですが、ほかの果物と一緒に食べることで、相乗効果が期待できます。パプリカやアボカドなど、特に抗酸化作用を持つビタミンEを含む食材と一緒に食べるのがおすすめです。ビタミンCは、お肌のハリに欠かせないコラーゲン作りをサポートして、弾力のある美しい肌へ導いてくれます。

カリウム

カリウムは、果物の中でもトップクラスの含有量で、100gあたり350mgあります。緊張している時やスポーツで汗をかくと、汗とともに塩分・カリウムを含むミネラルなどの必要な栄養分も外に出ていってしまいます。その点、ドラゴンフルーツを食べればカリウムを効率よく補給できるだけでなく、夏バテを防止してくれます。

葉酸

葉酸は、体内の赤血球の働きにアプローチし、貧血を防ぐ効果が期待できる成分です。ドラゴンフルーツには、100gあたり44μg(マイクログラム)含まれています。葉酸は調理や酸化によって壊れやすい性質のため、食べ物から摂取するのはなかなかむずかしいとされる栄養素です。ですが、生で食べられるドラゴンフルーツは、葉酸の摂取にとっても適しています。

ポリフェノール

強い抗酸化作用を持つことで知られるポリフェノール。じつはドラゴンフルーツの皮には、果肉の5〜6倍ものポリフェノールが含まれています。お肌はもちろん、私たちの体の老化スピードを早める細胞の働きを抑えて、若々しい体作りをサポートしてくれるんですよ。

アントシアニン

スマートフォンやパソコンを見続けると、とても目が疲れますよね。なぜなら、これら機器から発せられるブルーライトは、目に大きなダメージを与えるうえ、老化の原因のひとつと言われる活性酸素を大量に発生させてしまうからです。強い抗酸化作用がある「アントシアニン」は増えてしまった活性酸素を取り除く働きがあり、眼精疲労を和らげてくれます。
こんなにも優れた栄養素が含まれていること、みなさんはご存知でしたか?

上でご紹介した以外にも、ほかにもまだまだすばらしい栄養素がたくさん含まれています。また、美肌・健康にも効果が期待できるので、女性にとってはうれしいですね。それでは、これから気になる効果について詳しくご紹介していきますね。

ドラゴンフルーツの美容効果

ドラゴンフルーツが持つ効果を知ればきっと、あなたも食べずにはいられなくなるはずです。気になるその効果をいくつかピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

アンチエイジング効果

強力な抗酸化作用を持つポリフェノールの一種、「ベタシアニン」が豊富に含まれています。抗酸化作用とは酸化、すなわち老化を防ぐことです。老化の原因となる「活性酸素」は、紫外線や暴飲暴食などがきっかけで増えていきます。「ベタシアニン」は酸化を食い止め肌の美しさを保ち、アンチエイジングの効果が期待できます。

美白効果

美白と言えばビタミンCですよね。メラニンは本来外の刺激から体を守る働きがあり、紫外線を浴びると、メラニン色素は黒くなることで外からの刺激に対抗しようとするんです。これが女性の大敵であるシミの原因となるのですが、ビタミンCはメラニン色素の働きを抑えてシミが目立ちにくい肌づくりをサポートしてくれます。

肌荒れ防止

肌荒れを防ぐためには、体内に溜まったいらない老廃物をうまく外に出すことです。ドラゴンフルーツは食物繊維を豊富に含んでいて、その含有量はバナナの65倍。食べたあとに胃腸のなかで水分を吸収して膨らみ、腸の動きを活発にさせます。それによって腸内の老廃物が排出され便秘解消にもつながり、ニキビや吹き出物などの肌荒れの予防に効果が期待できますよ。

むくみ防止

時間が経っても顔についた枕の跡がなかなか消えなかったり、夕方になるとパンパンにむくんで象の足のようになってしまうことはありませんか?それは、水分の代謝がうまくできていないのが原因です。100gあたり350mgものカリウムを含むドラゴンフルーツは、利尿を促してむくみの原因となる体内の余計な塩分、水分をうまく外に排出させます。

ドラゴンフルーツの健康効果

美容効果だけではありません。私たちの体作りをサポートする、大切な働きを持っているんですよ。

疲労回復

体作りに必要な5大栄養素に入るミネラルのひとつ、マグネシウム。エネルギー代謝を促して疲労を回復させるほか、筋肉痛を鎮めたり気持ちを落ち着かせるといった効果があります。また、月経前症候群と呼ばれ生理前のイライラを解消し、気持ちをリラックスさせてくれるなど、肉体的・精神的な疲労を和らげる働きを持ちます。

血液サラサラ

後ほど詳しくお話しますがドラゴンフルーツは5種類あります。もっとも赤味が濃いレッドピタヤには、強い抗酸化作用を持つ「ベタシアニン」が豊富に含まれてます。抗酸化作用だけではなく、血のめぐりをよくして血液をサラサラにする効果も期待できるんです。血流がアップすると同時に代謝が高まるので体のなかからぽかぽかと温まり、女性の大敵とも呼ばれる冷えの解消にもつながります。

整腸作用

便秘で悩む女性はとても多いのではないでしょうか。便の通りがよくない理由のひとつは、代謝が低下して体が冷えている状態にあります。ドラゴンフルーツに含まれる豊富な食物繊維が腸内の環境を整えて便の通りをよくし、便秘解消に役立ちます。長年便秘に悩んでいる方は、ぜひとも食べてみてくださいね。
ドラゴンフルーツは、美容と健康に有効な成分がたっぷり詰まった栄養価の高い果物として今、話題を集めています。日々の食生活のなかに取り入れて、ぜひ役立ててみてくださいね。

ドラゴンフルーツの種類

ドラゴンフルーツには、いくつか種類があるのを知っていますか?これから写真とともに5種類を順番にご紹介していきますね。

ホワイトピタヤ

スーパーや八百屋さんなどで、みなさんが1番、目にするのがホワイトピタヤ。皮はピンク色で、半透明の果肉には黒ゴマのような種がたくさんちりばめられています。サクサク食感の果肉はほのかな甘みがあり、酸味は少なくあっさりとした味わいです。

レッドピタヤ

レッドピタヤの鮮やかな赤紫色は、抗酸化作用に効果があるポリフェノールが豊富な証です。ホワイトピタヤより甘く、ほのかに広がる酸味が特徴。ちなみに、食べるときに果汁が飛ぶので、衣類に付かないように注意してくださいね。

ピンクピタヤ

淡いピンク色の果肉がなんとも愛らしいピンクピタヤは、果肉もほんのりピンク色。パッと見ホワイトピタヤと似ていて見分けが付きませんよね。ピタヤの中で糖度が15度以上と1番高く、強い甘みがあります。シャキシャキした歯切れのよい食感がクセになりますよ。

イエローピタヤ

黄色い果肉を身にまとったイエローピタヤは、5種類の中で1番小ぶりなサイズ感。半透明の果肉には、大粒の種がきっしりと詰まっています。なんでも栽培される数がとても少なく市場にあまり出回っていないため、希少価値が高いと言われています。

ゴールデンドラゴン

「黄金ピタヤ」とも呼ばれるくらい珍しい品種のゴールデンドラゴン。果皮の表面は上で紹介した4種類に比べると、ウロコのようなゴツゴツ感がとても少なくなめらか。5種類の中で甘み・酸味ともに少なく1番さっぱりとした味わいです。イエローピタヤと似ているので、お間違えないように!

ドラゴンフルーツの基本的な食べ方

いざ、スーパーでドラゴンフルーツを買おうとしても、何を基準に選んだらいいのかわかりませんよね。例えば、キウイなら毛並みがそろっているもの、いちごなら光沢があるもの、というように見極めるコツや食べ方、そして食べるときの注意点も合わせてお話ししていきます。

選び方

選ぶ時のポイントは2つ。まずひとつ目は、見た目です。大きいもので表面に付いているハネのような部分が太くて短く、かつ先っぽに割れ目が入っているものがベスト。

ふたつ目は、手で持った時の重さです。並べられている中で、1番ずっしりと重みを感じられるものを選びましょう。

ドラゴンフルーツそのものの完熟度合いは見た目ではなかなか判断しづらいですが、見た目と重さ、この2つのポイントさえ掴んでおけば、きっとおいしいドラゴンフルーツを見つけられるはずです。

基本の食べ方

ドラゴンフルーツは、切ってそのまま食べるのが1番おすすめです。基本の切り方は、まずへたを取り、縦にふたつに切り分けます。あとはお好みで食べやすい大きさに切り、手でペロッと皮を剥くだけ。手間をかけずにササッと簡単においしく食べられますよ。

食べ方の注意点

ドラゴンフルーツは食べる1時間〜2時間前に冷蔵庫に入れましょう。冷蔵庫でキンキンに冷やしてしまうと、あまり本来の甘みが感じられなくなってしまうからです。もちろん、常温でもおいしくいただけますよ。

また、食べるときは紙エプロンやタオルを付けた方がよいそうです。特にレッドピタヤは、赤色の果汁が飛んで洋服に色がついてしまうおそれがあります。

ちなみにドラゴンフルーツは、追熟と言って果物を収穫したあとに一定期間置くことで、甘さを増したり果肉をやわらかくする処理は必要ありません。食べ頃を気にせず、すぐに食べられるのが特徴でもあります。

アレンジレシピをご紹介

何も加えず、フレッシュをそのまま食べてもおいしいドラゴン。さらにおいしくいただくために、ひと手間加えたとっておきのアレンジレシピをいくつかご紹介しますね。

ピタヤボウル

自宅で簡単に作れる人気のピタヤボウルをご紹介します。下準備としてバナナやキウイ、パインなどのお好きなフルーツをカットしておきます。カットしたドラゴンフルーツ・ココナッツオイル・冷凍バナナをブレンダーにかけ、透明のガラスの器に注いでカットフルーツとグラノーラをトッピングして完成です!

ラズベリーやオレンジ、彩りにミントを添えたりと、お好みに合わせてカスタマイズは自由自在です。

帆立とドラゴンフルーツのサラダ

ドラゴンフルーツを半分にカットしたら、果肉をさいの目状にカットしてスプーンでくり抜きます。ホタテも同じ大きさにカット。マヨネーズや生クリーム(コーヒーフレッシュでもOK)、レモン汁などを適量加えてソースを作りましょう。お皿に盛りつけてソースをかけたら完成です。

ドラフゴンフルーツの果皮を生かしたひと品で、テーブルを華やかにしてみませんか?

キウイドラゴンフルーツビネガーウォーター

薄く輪切りにしたキウイをグラスの内側に並べ、くし型にカットして皮を剥いたドラゴンフルーツとブルーベリーを加えます。リンゴ酢とミネラルウォーターを注ぎ、ミントをのせて密閉して冷蔵庫に入れて放置。3〜4時間ほど置いてグラスに注げば、おしゃれな1杯に様変わりします。

夜眠る前に漬けておいて、翌朝飲めば水分とミネラルを同時に補給できますよ。

南国のフルーツで健康に

ドラゴンフルーツについて、ご紹介しました。アンチエイジングや代謝アップ、さらには疲労回復にまで効果が期待ができるドラゴンフルーツ。スムージーにしてもよし、そのまま食べてもよし、サラダにしてもよし、とあなた次第でアレンジの幅は無限大です。スーパーで見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

すぐれた栄養素がぎっしりが詰まっているので、ドラゴンフルーツで体調を改善しましょう。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

お菓子作りはもちろん、コーヒーや料理など食生活に欠かせない砂糖。同じ砂糖でも「上白糖」「グラニュー糖」など、種類はさまざま。どちらも砂糖ですが、その違いについてご存じですか?見た目、味や甘さ、使い方の違いなど…

フルーツ スイーツ

この春、アフタヌーンティー・ティールームから季節にぴったりな“野菜やフルーツ”を使ったメニューが、全国の店舗にて登場します!どれも華やかでヘルシーなものばかりなので、この機会にぜひ行っ…

まとめ 静岡 ゼリー スイーツ お土産 フルーツ

静岡県御殿場市にあるフルーツゼリー専門店「フルフール」。メディアでもたびたび紹介されている話題沸騰中の人気店です。宝石のようなフルーツゼリーは種類も豊富でとってもジューシー!これからの季節にぴったりなので今か…

いちご フルーツサンド サンドイッチ フルーツ

京橋千疋屋パーラーさんでただいま苺フェア開催中。数々の苺スイーツの中でも目を見張るボリュームなのが「大粒苺のサンドウィッチ」です。今ならまだ間に合う、クリームと大粒苺の大胆でおいしい競演を楽しんでみませんか?

フルーツ

全国各地から厳選した100種類以上の梅酒・果実酒を時間無制限で自由に楽しめる梅酒・果実酒専門「SHUGAR MARKET(シュガーマーケット)」に、果実酒「シュガースパークリング さくらんぼ」が新登場。春にピ…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

まとめ

料理をする人必見の知っておくと便利な裏技、キッチンライフハックをご紹介します。小さな事でも知っているのと知らないのとではストレスの差が違ってきますよ。料理を楽しむためにも無駄を省くためにも役に立つ豆知識・コツ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性に最も利用されているグルメニュースサイト「macaroni」で、情報発信してみませんか?レシピやレストラン、カフェの紹介だけにとどまらず、美容系コラムからSNSで話題の食べ物など、食に関わる幅広いジャンル…

かまぼこ レシピ まとめ

新しい生活が始まり、ちょっと節約を心がけようかなって思っている方に、値段が安定してる練り物がお役立ち!その中でも今回は練り物の王道「かまぼこ」にフォーカスしてみました。どうぞご覧下さい♪

レシピ 豚肉

豚の角煮は子供からお年寄りまで家族みんなに愛される家庭料理です。女性に嬉しいコラーゲンもたっぷり♡でも、どうしていつも固くなっちゃうんだろう…悩んでいる方も多いのでは?今回はオイルを出来るだけカ…

yuitoss

美容に関する記事を書くことが好きです。