ローディング中

Loading...

赤くてかわいらしいラディッシュ。彩りに使うだけという方も多いのでは?でもじつは、マリネや浅漬け、炒めものにスムージーなどあらゆる料理に使えるんですよ。葉の部分だっておいしく食べられます。今回は、そんなラディッシュのレシピを20選ご紹介!

ラディッシュをもっと活用しよう

色あざやかなラディッシュ(二十日大根)。おしゃれな食卓には欠かせない食材ですよね。でもひと束単位で売られていることが多いので、もてあましてしまいがち。「サラダの彩りに使いたかっただけなのに、残りはどうしよう……」なんてお悩みの方も多いのではないでしょうか。

でもじつは、ラディッシュって使い道がたくさんあるのです。定番のサラダはもちろん、ピクルスや浅漬けにする方法もありますよ。また、炒め物などの加熱調理にも適しているのです。

今回はラディッシュを用いたレシピを20選しましたので、参考にしてみてくださいね。

ラディッシュのおすすめレシピ20選

本格派!ラディッシュのピクルス

ラディッシュは葉を切り落とし、塩もみしてひと晩おいておきます。小鍋にピクルス液の材料をすべて加え、砂糖が溶けるまでかきまぜながら弱火にかけます。保存瓶にラディッシュを水切りしていれ、冷ましたピクルス液を注ぎ込み、涼しい場所に保管します。3日ほど経つと、おいしいピクルスができあがりますよ。

簡単ラディッシュの浅漬け

ラディッシュは2mmほどのうす切りにして、食品保存用ビニール袋にいれます。少量の塩をふって塩もみします。お酢と砂糖を合わせた調味液に、塩もみしたラディッシュ、細かく切った昆布を漬け込んで、少し寝かせたらできあがり。

バターディップド・ラディッシュ

バターは、冷蔵庫から出してやわらかくしておきます。ラディッシュは葉の部分を2cmほど残して切り落とし、よく洗って、ペーパータオルで水気を拭いておきます。バターを深い小皿に盛り、ラディッシュの下半分にまんべんなくバターをつけます。クッキングペーパーなどの上に置いて、塩をふり、冷蔵庫で15分ほど冷やしたら完成です。

ラディッシュの梅酒マリネ

梅酒のさわやかな甘みがラディッシュにぴったり!梅酒やお酢、醤油や塩などの調味料を合わせてマリネ液にします。ラディッシュと葉を切りわけ、葉の部分は2cmほどにカットしておきます。玉ねぎはうすくスライスし、ミニトマトには楊枝で数カ所穴をあけます。食材をすべて、フライパンで炒めたらマリネ液に30分ほど漬けたら完成。

翌日まで漬けると、マリネ液がピンク色に色づいてかわいらしい見た目になりますよ。

アスパラとラディッシュのかさ増し冷製パスタ

アスパラは斜め切り、ラディッシュはうす切り、大葉は千切りにしておきます。ブロッコリースプラウトは軸を切っておき、梅はつぶして梅肉にします。お鍋にお湯をたっぷりわかし、オリーブオイル少々、塩大さじ1を加えてパスタを茹でます。

パスタが少しやわらかくなったら、アスパラも一緒に茹でます。茹で上がったらザルにあげて、粗熱をとってボウルに入れ、大葉・梅肉以外の材料を加えて和え、お皿に盛りつけます。仕上げに刻んだ大葉を散らし、梅肉を添えて完成です。

ラディッシュとミニトマトの簡単トースト

食パンにバターを塗り、とろけるチーズをのせてスライスしたラディッシュを並べます。スライスしたミニトマト、塩茹でしたスナップエンドウを並べ、ディルを散らします。オリーブオイルをかけて、トースターで3分焼いたあと、あら挽き胡椒をかけます。焼き上がったら付け合せにリンゴを添えて、お好みのドレッシングをかけて完成です。

ラディッシュの葉の炒め物

まいたけは、手でばらしておきます。ラデッシュの葉はひと口大にカット、にんじんは太い部分を銀杏切りにし、細い部分は半月切りにしておきます。フライパンに油をひき、ラディッシュの葉を加えます。火が通ったら、シーチキン以外のすべての材料を加えてよく炒めます。火が通ったら、最後にシーチキンを加え、昆布つゆで味をととのえて完成です。

ラディッシュときゅうりの絶品サラダ

きゅうり、ラディッシュはうすい輪切りにしたあと、塩をふって少しもみ込みます。3〜5分ほど置いて手で水気をきちんとしぼっておきます。ボウルに移し、調味料、ごま、水気を切ったシーチキンを和えて完成です。

ロングスカーレット(ラディッシュ)サラダ

ロングスカーレット(ラディッシュの種類)の葉と根の部分を切りはなします。葉は2cmほどの大きさのざく切りに。根はピーラーでうすく切っておきます。ボウルに、カットしたロングスカーレットの葉と根をいれ、ドレッシングの材料を加えてよく和えます。サラダをお皿に盛り、別途作っておいたポーチドエッグをのせて完成。

ほうれん草のお浸し ラディッシュのせ

ほうれん草はよく洗って根の部分を切り落とし、半分に切っておきます。にんじんは細切りにしておきます。ラディッシュは、葉を切り落とし赤い部分を、おろし金ですりおろしておきます。

ほうれん草とにんじんを電子レンジで1分半加熱します。加熱後、火傷しないように気をつけて水分をしぼり、5cmほどに切ります。お皿にほうれん草を盛りつけ、醤油、麺つゆなどをかけ、すりおろしたラディッシュとにんじんをのせて完成です。

ムネ肉とラディッシュの生姜炒め

ラディッシュの葉、パプリカ、ネギはうす切りにしておきます。ムネ肉は皮を取り、そぎ切りして漬けタレをもみ込んでおきます。フライパンに油をうすくひき、漬け込んでおいたムネ肉を1分ほど炒めて、皿に移します。

野菜を2分炒めて火を通したあと、1分炒めたムネ肉を加えて、タレをかけたら蓋をして1分加熱します。全体を軽くかき混ぜて、味をなじませたら完成です。

ラディシュのバター醤油炒め

ラディッシュは葉をつけたまま縦半分に切り、耐熱容器にいれて500wの電子レンジで5分加熱します。フライパンにバターとニンニクをいれ、弱火で溶かして混ぜ合わせます。ニンニクの香りが立ってきたら、電子レンジで加熱しておいたラディッシュを加えて炒め、味がなじんだら完成です。

ラディシュとレンコンのバターぽん酢ソテー

レンコンはうすい半月切りにし、酢を加えた水にさらしておきます。ラディッシュはスライスし、葉の部分は食べやすい長さに切っておきます。フライパンに薄く油をひき、レンコンを軽く炒めたら蒸し焼きにして、ラディッシュをいれます。バターとポン酢を加え、焦がさないように水分を飛ばしながら炒めたら完成です。

ラディッシュまるごとササミサラダ

ラディッシュはスライサーでスライスし、葉の部分は包丁で1~2cmぐらいにカットします。それらをボウルに入れて、塩で軽くもみます。2分置いたあと、水で塩気を軽く流して水分をしぼります。沸騰したお湯に塩をいれ、ササミを加熱します。ササミが冷めたら細くほぐし、塩漬けしておいたラディッシュを加え、マヨネーズ、ブラックペッパーを和えて完成です。

ラディッシュとクリームチーズのサラダ

レタスは手でちぎってよく洗っておきます。ラディッシュはピーラーやスライサーなどで、うす切りにしておきます。チーズ、オリーブオイル、お酢、塩を混ぜ合わせ、下ごしらえした野菜と一緒にお皿に盛りつけます。ドレッシングとまわしかけて完成です。

ラディッシュの金魚飾り

夏にぴったりな金魚ラディッシュです。材料はたったの2つ!ラディッシュを縦半分に切って、片方は金魚の本体にします。もう片方は、適当なうすさのくし切りにして、金魚の尾ひれなどにします。目の部分は、ラディッシュの白い果肉部分をストローでくりぬき、ごまをのせて完成です。

ささみの湯引き梅ラディッシュ

ラディッシュはおろし金ですりおろし、たたいた梅と和えておきます。シソは千切りにしましょう。ささみは筋をとったあと、ひと口大に切って片栗粉をまぶしておきます。お鍋にお湯を沸かし、沸騰したらササミを茹でます。

湯引きしたササミの上にシソをちらし、すりおろしたラディッシュを飾りつけて完成です。る。お好みでポン酢をかけるのもおすすめ。

ラディッシュと玉ねぎのひじきさっぱり和え

ラディッシュと玉ねぎはうすくスライスしておきます。ひじきは水で戻しておきましょう。ボウルに、ポン酢、塩、ごま油を混ぜ、水気を切ったラディッシュ、玉ねぎ、ひじきを加えて20分ほど寝かせて味をなじませたら完成です。

空豆とラディッシュのおろし和え

空豆は茹でて皮から出しておきます。ラディッシュときゅうりは5mm幅にカットし、大根は皮ごとすりおろしておきます。ラディッシュときゅうりは、フライパンで軽く火を通しておきます。ボウルに調味料と大根おろしを混ぜ合わせたあと、空豆・ラディッシュ・きゅうりを和えて、お皿に盛りつけたら完成です。

ラディッシュのスーパーフードスムージー

美容や健康を気にする方におすすめしたいのが、スムージーレシピ!ラディッシュはうす切りにして、りんごは皮のままイチョウ切りにします。バナナは1cmほどにカットして、すべての食材をブレンダーにかけます。グラスに移して、クコの実をトッピングしたら完成。スタイリッシュにラディッシュを取りいれましょう。

ラディッシュを食卓に

ラディッシュの定番の食べ方は、やはり生食。サラダもよいですが、あざやかな赤い大根おろしにして、焼き魚などにそえるのもよさそうですね。また、ラディッシュは、加熱調理もよく合う食材です。もともとクセがないので、炒め物や煮物などにもよく合います。一緒に合せる食材を変えるだけでレパートリーも広がりますよ。

また、時間があるときにピクルスなどにして保存しておくと、おかずやお弁当のピンチヒッターになります。

このように幅広いレシピで使える食材ですので、ご紹介したメニューを参考にして献立を考えてみてくださいね。

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

カクテル まとめ

カンパリといえば、カンパリソーダやカンパリオレンジで知られるリキュールのこと。今回は、カンパリとは何か、またカンパリを使ったカクテルレシピを徹底的にご紹介します。赤いリキュール、カンパリの魅力に迫ります!

レシピ

定番人気のおかず筑前煮。ご家庭それぞれに具材や味付けがありますよね。今回は筑前煮の基本レシピからアレンジレシピまでを総まとめ!ひと工夫でおいしくなるコツ、忙しい方必見の時短レシピなども実践編を交えてご紹介しま…

レシピ まとめ

クリスマスや誕生日パーティーに、かわいらしい「ロールケーキタワー」を作ってみませんか?今回は、基本の作り方から真似してみたいアイデアレシピまでご紹介!フォトジェニックなロールケーキタワーに、ぜひ挑戦してみてく…

レシピ

生で食べられる野菜はたくさんあります。水菜もその一つです。サラダなどに加えればシャキシャキとした食感が楽しめますよね。今回は、水菜を生でおいしく食べる方法、おすすめレシピ、下ごしらえのコツを詳しくご紹介します。

そうめん 〆ご飯 おつまみ

夏といえばそうめんですが、同じ味だと飽きてしまいますよね。そこで今回は、鯛あらを使った今までにないそうめんのレシピをご紹介します。鯛の上品な味がしみでたスープは、冷やしても温めても◎。呑んだあとの〆にもぴった…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

まとめ レシピ

毎年お正月を過ぎると余らせがちな「お餅」。今回は余ったお餅で作る簡単アレンジレシピを10点ご紹介します。わざわざお餅を買いに行きたくなるようなレシピばかりですよ♩チーズを使うレシピが多いので、一緒に購入すると…

お弁当 サンドイッチ まとめ

お子様が少し大きくなって来て、ママの調理を興味津々に見ていること、ありませんか?もし、そんなお子様がいたら是非お弁当作りに誘ってみてください。自分で可愛い動物のお弁当が出来たらすごく喜んでくれますし、ママも助…

マヨネーズ レシピ まとめ

ケチャップとマヨネーズを混ぜて簡単に作れる、オーロラソース。今回はそのオーロラソースを使ったレシピを10個、厳選しました。意外と色々な食材に合うオーロラソース。上からかけるだけではなく、炒め物などもありますの…

お茶漬け レシピ まとめ 〆ご飯

お酒を飲んだ後は、やっぱりお茶漬け♡そんな方に読んで欲しい、お茶漬けのレシピです。お茶漬けもアレンジ次第でたくさんレパートリーがあります。その中の8選をご紹介しますね。

レシピ おつまみ たまご まとめ

冷凍卵ってご存知ですか?凍らせると食材が美味しくなると話題になっていますが、卵も冷凍すると黄身がもちもちかつクリーミーになるため、現在大人気!今回は冷凍卵の作り方と、その冷凍卵を使ったちょとと便利なアレンジレ…

レシピ まとめ

ホイル焼きというと、「魚のホイル焼き」が浮かぶ方が多いのではないかと思いますが、実はあんなものもこんなものもホイルに包んで焼くとおいしいんです。そんなレシピを今回はご紹介していきます。

タコス レシピ メキシコ料理 まとめ

タコベルの日本再上陸でなにかと話題のテクス・メクス料理。テクス・メクス料理とは、メキシコ風のアメリカ料理のことでとっても食べやすくて一度食べるとクセになるおいしさ。実はおうちでも簡単に作れるって知ってましたか?

レシピ まとめ

これからますます外に出たくなる季節になりますね。最近すでにチラホラBBQしている人も見かけます。もし、これからその予定があるなら要チェック☆お肉をさらに美味しくする漬けだれレシピをまとめちゃいましたので、参考…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

スムージー

お肌のツヤをキープするには、お腹の中の健康が大切だと知ってましたか?腸にうれしい乳酸菌や食物繊維、酵素がたっぷり入った「乳酸菌スムージー」を飲んで、おいしく肌みがきしちゃいましょう!今なら、お得なプレゼントキ…

かき氷 山梨 いちご

この夏、「サントリー南アルプスの天然水」がかき氷になります!食べられる場所は、同商品の採水地がある山梨県・北杜市市内。天然水でできた氷と贅沢で風味豊かなシロップ、かき氷マイスターのワザが生み出した逸品は、食べ…

レシピ ケーキ ヴィーガン まとめ

ホームメイドのケーキで、卵を使わずに焼ける簡単でおいしいレシピをご紹介します。卵アレルギーの方でもこれなら安心していろいろな種類のケーキが楽しめます。牛乳やバターを植物性のものに変えるとヴィーガン向けにもなり…

チーズケーキ スイーツ

山崎製パンから発売中のプチケーキ「こいくち」は、濃厚な味が確かに幸せ、と一部のファンからじわじわ人気になっています。ちっちゃいのに本当にそんなに幸せな味が楽しめるのか?実際に食べて確かめてみましたよ。気になる…

松沢直樹(まつざわ なおき)

1968年福岡県北九州市生まれ。SE、航空会社職員などを経て、19...

https://twitter.com/naoki_ma

ページTOPに戻る