ローディング中

Loading...

連載:バリスタに聞く、趣味コーヒーのはじめかた

コーヒーをおいしく楽しむための知識やテクニックを紹介する連載第2回。コーヒーは、「浅煎り」か「深煎り」かで味わいが大きく違うのをご存知ですか?今回は、コーヒーの好みに合わせたロースター選びのコツをお教えします。

ロースター選びのポイントは?

コーヒーをさらにおいしく飲むための知識やテクニックをご紹介する連載の第2回です。今回は、自分好みのロースターを選ぶコツをご紹介します。

前回はコーヒーの基礎知識の中で、コーヒー豆は果実の種であることをお教えしました。その種を焼いてコーヒー豆にする作業をロースト(焙煎)といいます。好みのロースト具合を発見できると、自分の好きなコーヒーを見つけるヒントになりますよ。ぜひロースター選びの参考にしてみてください。

浅煎りと深煎りって何がちがうの?

コーヒーの焙煎具合は、主に浅煎り、中煎り、深煎りの3つに分けられます。焙煎は玉ねぎを炒めるのに似ていて、焼けば焼くほど甘みを引き出せますが、焼き過ぎると焦げて苦くなってしまいます。カラメルのような甘さと、焦げた苦味は全くの別物。酸味が魅力のコーヒー、甘さが魅力のコーヒーなど、そのコーヒーの良さは何なのかを理解した上で、豆のもつポテンシャルを最大限引き出すことが焙煎において最も大切なんです。

自分の好みに合ったロースターを探す際には、焦げ具合で好みを決めるというよりも、コーヒーがもつ素材そのものの味として何が好きなのかを理解することが大切です。

フルーティーな酸味を生かした「浅煎り」

浅煎りは、コーヒーそのものが持つフルーティーな酸味を強く味わえる煎り具合です。 コーヒーの果実味が好きな方にオススメです。「スタンプタウン」や「ブルーボトルコーヒー」など、アメリカのインディペンデンス系(チェーン店ではない独立系)のロースターの成功によって、浅煎りのコーヒーは大きく拡大し、トレンドとも言えるようになりました。日本でも、主にスペシャルティコーヒーを扱っているお店などで味わうことができますよ。

酸味と甘さのバランスがとれた「中煎り」

中煎りは酸味と甘さのバランスがとれていて飲みやすいです。スペシャルティコーヒーは素材そのものの味を一番大切にするので、浅〜中煎りの場合がほとんどです。中南米など、甘さを引き出してあげたほうがおいしい産地の豆は、中煎りが向いています。

また、エスプレッソに使う豆は、やや深めに火を通した方が味がまとまるということもあり、中煎りの場合が多いです。

甘さとコクを引き出した「深煎り」

深煎りはカラメルのような甘さが感じられ、甘さに隠れて酸味はさほど感じられません。焙煎は長く続けることで豆の持つ糖分がキャラメリゼ反応を起こし、香ばしい甘さが感じられるようになります。チョコレートやカラメルなどの甘さが好きな方にオススメです。お菓子やケーキも一緒に食べられるお店や、少しゆったりできるようなタイプのコーヒー屋さんでは深煎りが多いように感じます。

産地によって味わいがちがう!

もうひとつ、好みの味わいを発見するのに大きく役立つのがコーヒーの産地です。コーヒーはワインと同じで、産地によって全く味わいが異なるんですよ。大きく分けて、4つに分類できます。

アフリカ系

土壌の豊かさからくる、ボリューミーな果実味が特徴です。コーヒーとは思えないような味わいのものも多く、ファンも多い産地です。エチオピア、ケニア、ルワンダ、タンザニアなど。

中米系

チョコレートや穀物などを感じさせる甘さが特徴です。そこまで強い酸味があるわけではなく、リンゴやブドウなどの穏やかな酸味の果物を思わせるフレーバーが多いです。グアテマラ、コスタリカ、ホンジュラスなど。

南米系

ビスケットやナッツ類などに似た香ばしさが特徴です。甘さにキャラメルやメープルなどのボリュームを感じるものも多いです。フレーバーはピーチやベリーなど、そこまで強い酸味は感じられない果物に似た印象です。ブラジル、ボリビア、コロンビア、エルサルバドルなど。

アジア系

土や草などを思わせるワイルドなフレーバーに特徴があります。少しほこりっぽい味わいで、好みが分かれる産地です。インドネシア、ベトナム、インドなど。

精製方法によっても味わいが変わる!

収穫したコーヒーチェリーを種の形にする過程で、どのように精製するかも味わいに大きく関わります。精製方法は、大きく分けて3つあります。

水洗式(ウォッシュト)

コーヒーチェリーを収穫したあと、実を取って種を水で洗い流し、乾燥させる方法。透明感のある、スッキリとした味わいに仕上がります。

ナチュラル

コーヒーチェリーを収穫したあと、そのまま天日干しにて乾燥させる方法。実がカラカラになったところで脱穀します。発酵や発芽により、完熟したイチゴのようなフレーバーやアルコール感、乳製品のような風味が感じられます。ただ、果肉をつけたまま乾燥させるのはリスキーで、腐敗臭などが加わることもあります。

パルブドナチュラル

水洗式とナチュラルの間の精製方法。果実の実を取り、種と実の間にある「ミューシレージ」という粘質をつけたまま乾燥させます。ミューシレージには糖質が含まれているので、水洗式に比べて甘さがあり、ボディの強いものが多いです。

お気に入りのロースターを見つけよう!

自分の好みのロースト具合、産地、精製方法を組み合わせていくと、自分の理想のコーヒー選びへと近づけると思います。今回の記事が、お好みの豆を見つけるためのヒントになったら幸いです。 次回は、私が実際に足を運んでコーヒーを味わった多くのお店の中から、オススメのロースターを紹介します!
私のお店「ライトアップコーヒー」でも、産地や作り手ごとの味わいを楽しめる、個性豊かなスペシャルティコーヒーを提供しています。お好みに合わせたコーヒー選びのお手伝いをいたしますので、ぜひ吉祥寺まで遊びに来てくださいね。

《バリスタに聞く、趣味コーヒーのはじめかた》の記事一覧

コーヒー

お家で飲むコーヒー、どのように保存していますか?同じ日に同じお店で買ってきたコーヒーでも、保存の仕方次第で味が大きく変わってくるんですよ。今回は、新鮮なコーヒー豆の見分け方と、コーヒーの味わいをキープできる保…

コーヒー レシピ

まだまだ厳しい暑さが続きますね。今回は、おいしいアイスカフェオレを作るコツをお教えします。ただコーヒーに牛乳を注げばいいというわけではありません。カフェオレにぴったりなコーヒー豆、牛乳を選ぶことで、よりおいし…

コーヒー

大自然の新鮮な空気を吸いながら、淹れたてのコーヒーを味わってみませんか?山登りやハイキング、キャンプなどのアウトドアで「山コーヒー」を楽しむコツや、オススメの器具を、プロのバリスタがお教えします。

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

スイーツ まとめ

女性に限らず、人間は甘いものが大好きです。なぜなら、糖分が足りなくなると、脳が上手く機能しなくなってしまうから。しかし、砂糖が持つ効果によって、美容、健康への悪影響が起こる事がわかりました。中でも覚えておきた…

女子会 合コン まとめ

これからの時期、本当に忘年会や新年会などの飲み会が多いですよね。そしてよくあるのが、ついつい終電を逃してしまった…なんて事態。そんな時に役にたつ対処法を5つあげてみました。是非ピンチの時に参考に…

まとめ

冬といえば温かい鍋や煮込み料理が食べたくなりますよね。そんな鍋で気になることのひとつが「アク」ではないでしょうか。そもそも、アクは取る必要があるのでしょうか?その理由と覚えておきたいアク取りのコツをまとめまし…

おしゃれ カフェ レストラン 東京 まとめ

雑誌の撮影などで使われているおしゃれなお店ってつい気になったりしませんか?行ってみたいなと思っても場所が書いてなかったり…今回はそんなカフェやレストランを都内14店舗と藤沢の1店舗をご紹介します…

チョコレート 東京 ビュッフェ まとめ

バレンタインならではのスイーツが続々登場!各所でチョコレートやいちごを使ったスイーツビュッフェが開催されているみたいです♪期間限定のメニューもあるのでぜひこの時期に行っておきたい!カップルで行くのもいいですが…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

女性利用者国内No.1グルメニュースサイト「macaroni」で、一緒に料理動画をつくりませんか?現在macaroniでは、日々料理動画の制作に取り組んでいます。そこで今回は実際に料理を作ってくれるスタッフを…

寿司 東京 まとめ

老若男女問わず人気のお寿司。特別なときに食べたくなる、日本人の大好きなご馳走ですよね。そんなお寿司を値段も気にせず思いっきり食べたいと考えたことある方は多いのではないでしょうか?そこで東京都内の寿司食べ放題の…

レシピ

旨みたっぷりのはんぺんですが、賞味期限が短いことだけが難点です。ところが、上手に冷凍保存をすれば長期間の保管が可能になるってご存知でしたか!? はんぺんをどう冷凍すればおいしく保存できるのか、注目レシピと合わ…

相原民人

吉祥寺の自家焙煎スペシャルティコーヒーショップ「LIGHT UP ...

http://lightupcoffee.com/