ローディング中

Loading...

上手な魚の焼き方とコツを知れば、自宅のグリルやフライパンでも、パリッとした皮とフワッとした身の焼き魚に仕上がります。火加減、油や塩の使い方などなど、ご飯が進むおいしい焼き魚の作り方をご紹介します。今日からぜひお試しください。

自宅で焼き魚をおいしく焼こう!

自宅でグリルを使って魚を焼くとき、みなさん、気をつけていることはありますか?最近のグリルは性能もグンと上がっていて、遠赤外線も当たり前。基本的に、とてもおいしく魚を焼くことができます。

でも、じつは簡単なコツを知るだけで、もっともっとおいしく焼けるんですよ。今回は、魚の焼き方をテーマに、グリルの上手な使い方、フライパンで焼くときのコツ、干物のおいしい焼き方をご紹介します。

グリルの上手な使い方

魚を焼く前に「塩」を

タレや味噌につけこんである魚は、焦付きを防ぐため、軽く拭き取ってから焼きましょう。塩焼きの場合、白身魚は焼く10〜30分前、青魚は焼く30分〜1時間前に塩を振るようにしてください。

グリル内の温度ムラを活かす

グリル内は構造上、温度にムラが生じます。どのグリルを使っても基本的に同じです。奥の方が高温、中央より端の方が高温。まずこの二つを覚えておきましょう。

アジやサバの開きを焼く場合、奥の方が高温なので、頭を奥側に。身の厚い頭部には火が入りにくく、逆に尾の部分は焦げやすいからです。

グリルに入りきらないことも多いサンマの場合、二つに切って焼きましょう。頭部側を奥に置くか、それぞれ両端に置いて身の厚い部分を奥に向ければ、ムラなく火が通ります。

火加減を意識する

焼き魚は通常、「強火の遠火がよい」といわれています。グリルでは難しくても、強火の遠火の状態に近づけることは可能です。そのコツは、

①強火で5分ほどグリル内の温度を上げる、②網に油を塗る、③盛り付けるとき表になる面を上にして網に乗せる、④焼き始めるとき、弱火にする

以上です。強火で焼かない、は基本。弱火にしてもグリル内の温度は一定時間、温度が維持されているからです。中火以上にすると焦げるだけなので、注意しましょう。

また、「身が7割、皮が3割」を意識しつつ、焼いている途中に、お酒やみりんを少量塗るとキレイな焼目がつきます。ヒレにアルミホイルを巻いておくと、焦げを防げます。

時短の焼き方

冷蔵や冷凍の魚を早く焼きたいときは、電子レンジで温めや解凍をしましょう。魚をビニール袋に入れてぬるい流水にさらすと、魚の表面の温度が上がるので早く焼けます。

フライパンで焼くときのコツ

海の魚と川魚で焼き方を変える

海の魚と川魚によって、焼き方が異なります。

海の魚は最初に身を下にしてから焼き、川魚は皮を下にしてから焼きます。海の魚は皮から焼くと、皮が縮んで身が割れてしまい、川魚は皮にヌメリ・臭みがあるので、最初に焼いて消してしまうんです。

皮に油を塗る

塩焼きの場合、塩は適当ではなく、しっかりと振りましょう(やや多めでもいいぐらい)。魚から水分が出て生臭さも消え、身も引きしまります。また、皮には油を塗ってから塩を振ると、焼いて水分がなくなったときにパリッとした仕上がりになります。

フライパンの端に魚を置く

魚をフライパンの中央に置いてしまうと、火が当たる部分と当たらない部分が出てしまい、焼きムラができます。

弱火で皮から焼く

フライパンの端に、皮を下にして魚を置き、ギリギリの弱火で10分ほど焼きましょう。その後、ひっくり返して1分ほど焼けば、パリッとした皮とフワッとした身のおいしい焼き魚に仕上がります。片側から時間をかけて焼くことで、水分や旨みが逃げないんです。

干物のおいしい焼き方

グリルで焼く場合

焼く前にグリルを温めておき、網にはサラダ油を塗っておきましょう。身のほうを上にして中火の火加減で3〜5分ほど焼き、いい具合の焼き目がついたら裏返して、弱火で好みの焼き加減になるまで焼いてください。

オーブントースターで焼く場合

片付けが楽で、失敗も少ないトースターは、干物を焼くのにおすすめです。トースターには焼く前にアルミホイルを敷いて、温めておきましょう。最初は身のほうを上にして焼いて、程よい焦げ目がついたら裏返してください。なお、大ぶりなものを焼くときには、事前に頭と尾をはさみで切り落としましょう。

フライパンで焼く場合

片口いわし、うるめいわしなど、小魚の丸干しはグリルで焼くには少々面倒。そんなときはフライパンを上手に使ってください。温めたフライパンに丸干しを重ならないように入れて、時々、箸で返しながら乾煎りします。全体的に白っぽく色が変わったら、焼き上がりのサインです。

焼き魚をもっとおいしく!

ちょっとした工夫でも、仕上がりに大きな差が出る魚の焼き方。いつもよりご飯が進んでしまうこと請け合いですから、ぜひ試してみてくださいね。
▼知って損なし!焼き魚に関連する豆知識はこちら

この記事を見た人はこんな記事も見ています

こんな記事も見られてます

海鮮丼 まとめ

暑い日が続くとだんだん食欲も落ちてきますね。しかし、丼だと案外食べられる!ということ、ありませんか?今回は、定番の丼からガッツリ男飯、カフェ丼、豪華な海鮮丼までご紹介。丼にかけるタレもひと味違ったレシピをご紹…

レシピ まとめ

焼くだけでおかずになるとても便利な塩さば。下味も不要で臭みが少なくとても便利な食材です。でも焼いただけだと、代わり映えのない食卓になりがち。今回は、フライパンで簡単にできる料理からサラダまで、覚えておけば重宝…

ほうれん草 パスタ レシピ まとめ

柔らかく甘味のあるほうれん草。パスタのレシピにもよく使われますよね。おいしく人気のほうれん草のパスタレシピですが、どんなレシピがお好みですか?和風、クリーム系、どんなソースとも相性の良いほうれん草、おいしいパ…

鹿児島 お土産 まとめ

お土産選びは旅のお楽しみのひとつです。そこで本日は、絶対外さない鹿児島のお土産を一気にご紹介していきたいと思います。空港でゲットできる定番ものから、大切な人に贈りたい珠玉の商品、さらには自宅用に買いたいお土産…

マシュマロ スイーツ レシピ お菓子 スモア アレンジレシピ まとめ

そのまま食べているマシュマロも、一工夫することで、スイーツのバリエーションが広がります。クリーム、フォンダン、チョコ、クッキー……魅惑の簡単マシュマロスイーツレシピをご紹介!知らなかったマシュマロの使い方に、…

関連するまとめ記事

こんなまとめ記事もあります

ドリンク レシピ ホットドリンク まとめ

寒い時期がやってくると外に出るのが億劫になってしまいますね…。ホットドリンクでもどうでしょうか?心も身体も温まりそうな牛乳(ミルク)を使ったホットドリンクをまとめました♪緑茶、紅茶、キャラメル、はちみつなど、…

レシピ まとめ

おせち料理はもう食べ終わりましたか?たくさんある料理の中でもよく余ってしまうのが「数の子」。数の子は高価で貴重品なので捨てるのはもったいない。おいしくリメイクしてみませんか?パスタや簡単おつまみなど、おいしい…

レシピ おしゃれ 和食 まとめ

有名なブロガーで、レシピ本も多く出版している「JUNA」さん。彼女の作る家庭料理が素敵すぎると大人気なんです♡家族の幸せを考えているのがとってもよくわかるお料理はどれも美味しそう!今回は和食料理のレシピをご紹…

レシピ 揚げ物 まとめ

かき揚げをサクサクに仕上げたいのに油を吸収してボテッと重くなりがちなんて人も少なくないはず。ひと口食べたときにサクッといい歯ごたえが楽しめるかき揚げの作り方のポイントをまとめました。アレンジレシピも紹介します!

まとめ

日本の夏は高温多湿。夏バテはこの高温多湿の中で体温を一定に保とうと必要以上に体力を使います。自律神経の不調、水分不足、おなかの調子が悪くなるのが主な症状ですがこれらの症状を予防する食材を積極的に摂取して夏バテ…

おすすめの記事

こんな記事も人気です♪

ジャム 学芸大学

学芸大学の「メゾン ロミ・ユニ」は、お菓子研究家いがらしろみさんのジャムと焼き菓子のお店。毎日食べたくなるような、素朴な焼き菓子と鎌倉の店舗から届くの宝石のような手作りジャムが並ぶ、パリの街角にあるような素敵…

パン

instagramで人気のアカウント「masayo_san」さんが朝食やランチに作るお菓子やパンがとっても素敵!センスが光るお菓子やぱん作りの日常を写真で紹介してくれています。さっそく覗いてみましょう!

tep

美容と健康情報に詳しい三十路男性。 書くこと、大好きです。

ページTOPに戻る