覚えておきたい服についた食べ物のニオイを簡単に消す5つの方法

ランチや飲み会…。外食にあとに洋服についた食べ物のニオイが気になった経験ないでしょうか?ふと自分の家や職場に帰ってきたときに気がつくそのニオイ…。至急取り去りたいというときに使える方法を紹介します。

食べ物のニオイが気になる…

ランチや飲み会…。外食にあとに洋服についた食べ物のニオイが気になった経験ないでしょうか?ふと自分の家や職場に帰ってきたときに気がつくそのニオイ…。至急取り去りたいというときに使える方法を紹介します。

①湿気を利用

仕事の後にそのまま飲み会にいくと水洗いできないコートやスーツにニオイがついてしまうこともありますよね。そんなときは、霧吹きを吹きかけてみましょう。霧吹きから出る細かい水の粒子が、繊維の奥まで入り込んで、臭いを撃退してくれるそうです。
もしくは湯気が立ちこめている湿気の高いお風呂場に1時間ほど服を吊るしておくだけでもOK!それでもまだニオイが気になる場合は、濡れタオルをあててアイロンをかけると消臭できるとか。

②ドライヤーを使う

ドライヤーの冷風を衣類全体に当てるだけで簡単にニオイがとれるそうです。小さなドライヤーなら会社などにも置いておけるので、ランチ後などにも使えそうです。

もしドライヤーがなくても服を脱いで、パタパタと大きく振るだけでもニオイを飛ばすことができるとか。しかし、繊維の奥まで染み込んだ臭いを完全に消すことはできないので、あくまでも応急的な方法です。

③ホコリをとってみる

洋服に汚れが付着していると、臭いがつきやすくなってしまいます。特にあまり洗濯できないようなスーツやジャケットには、気がつかないうちに小さなほこりや汚れがたくさん付着していることも…。
汗をかいたらこまめに洗濯・クリーニングをし、毎朝コロコロでほこりをとるなどして汚れをためないようにしましょう。また、スーツはブラシをかけホコリを落とすと、さらに臭いが付着しにくくなるみたいです。

④緑茶を使う

お茶っ葉をフライパンで煎って、お茶のいい香りがしてきたら火を止めて荒熱を取ります。冷ましたら半紙などに包んで、ニオイがついた衣類に挟みましょう。そのまま半日ていど放置すればOK!しかし、もしかしたらシミになることもあるかもしれないので注意しましょう。

⑤事前に消臭スプレー

ニオイがついてしまったあとに消臭スプレーを使用する人が多いと思いますが、あらかじめスプレーしておくことでも効果があり、衣類にニオイをつきにくくしてくれるとか。消臭効果だけでなく、除菌効果もある物を使えば、汗などの臭い残りも防いでくれるんです。
これらの方法を覚えておけば、おいしい食事を楽しんだ後でも快適に過ごせそうですね♪

特集一覧

SPECIAL CONTENTS