ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

季節の花「ミモザ」をドライフラワーに

Photo by macaroni

サクラより一足早く春の訪れを告げる花、ミモザ。鮮やかな黄色い花が、ふさふさと風に揺られる姿がかわいらしいですよね。しかし、開花時期は主に3〜4月と限られた期間です。

そこで、より長くミモザを楽しむために、ドライフラワーにするのはいかがでしょう。ドライフラワー作りのプロに、ミモザを上手にドライする方法とポイントを教わりました。

教えてくれたのはこの人

Photo by macaroni

土と風の植物園 / 店主・山崎 由佳さん アパレルメーカーで企画、制作に携わったのち、花屋にて勤務。2018年秋に、ドライフラワー専門のオンラインショップ「土と風の植物園」をオープン。選りすぐりの生花を使い、丁寧に作り上げるドライフラワーを通して、お花のある生活の楽しみ方を提案している
「ミモザは、はじめてドライフラワーに挑戦する方におすすめなお花です。それは、ミモザがとても乾燥しやすいお花だから。水に生けたままでも、気がつくとドライフラワーになっていた、なんてこともあるほどです。そんなミモザをきれいにドライフラワーにする方法と、ポイントをお教えします。また、できあがったミモザのドライフラワーを使ったアレンジ術を、初級〜上級編に分けてご紹介します」(山崎さん)

ミモザを上手にドライフラワーにする方法

Photo by macaroni

作り方

1. ミモザ2〜3本束ねて麻ひもでしばる
(たくさん束ねすぎると内側で蒸れてしまう)
2. しばったものを逆さに吊し、1週間ほどなるべく触らずに放置しておく

ポイント

1. フレッシュなミモザを使う

「ミモザをドライフラワーにするときは、なるべくフレッシュな状態のものを乾燥させること。できるだけ新鮮なうちに乾燥させることで、色や形をより美しく保てます。また、ミモザは散りやすい花ですが、これも新鮮な状態のものを乾燥させると緩和できます」(山崎さん)

2. 品種は「房アカシア」がおすすめ

「ミモザにもいろいろな種類があり、代表的なものは “銀葉アカシア” 。これは国産のものが多いです。しかし、ドライフラワーには “房アカシア” と呼ばれる輸入品がおすすめ。個体差があるため一概には言えないのですが、花が大きい状態で残りやすく、散りにくいですよ」(山崎さん)
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

編集部のおすすめ