5. 店内で栽培!都市型農園「アーバンファーミング」

今回新たに、都市型農園「アーバンファーミング」として、店内の空いたスペースで、LEDライトを使用した無農薬の水耕栽培がスタートしました。

ここで育てられたものはお店の料理で使用されるので、環境にも身体にもやさしい野菜を新鮮な状態でいただくことができます。現在は一部のみの使用ですが、今後はレストランで使用する野菜はすべて、この「アーバンファーミング」で栽培されたものになっていくとか。

6. レストランで読める!サステナブル情報の配信

ベジタリアンブッチャーでは、サステナブル関連の記事を毎週配信しており、レストランに来店すると、モバイルメニュー端末にて無料で読むことできます。

記事を読むことで、環境問題をより身近に感じられるのでは?

月額たったの580円!お得なサブスクリプションプラン

サブスクリプションプランとして、「食べる」・「見る」・「読む」・「買う」・「寄付する」を月額580円(税込)で受けることができるサービスが用意されています。

「食べる」
・ベジタリアンブッチャー利用時の会計を20パーセントオフ
・ベジタリアンブッチャー利用時のドリンクバー無料(通常350円)
「見る」
・レシピ動画の配信
・ベジタリアンブッチャーに関する情報の発信
・サステナブルに関する情報の発信
「読む」
・サステナブルなライフスタイルに関する情報の発信
・ベジタリアンブッチャーに関する情報の発信
・ベジタリアンブッチャー代表のビジネス記事を発信
「買う」
・ECサイトの商品を特別価格(最大40パーセントオフ)で購入可能
・ベジタリアンブッチャーのプラントベースドミートショップ利用時20パーセントオフで購入可能

また、このサブスクリプションプランの収益の一部は、NPO法人への寄付にも使用されます。お得な価格設定で気軽にチャレンジすることができ、環境へも配慮した貢献をすることができるこのサービス、ベジタリアンブッチャーのサービスを月に一度でも利用するのであれば、登録するのがおすすめです。

日々の暮らしのなかに継続的にサステナブルを組み込み、環境問題への意識を高めていけるとよいですね。
※近日中に「育てる」プランとしてアーバンファーミングもサブスクリプションに加わる予定

サステナブルな食事を自己投資として楽しもう

ベジタリアンブッチャーでは、欧米で高まりつつある環境問題への意識を日本でも浸透させていくべく、ただ食事するだけではなく「心をリフレッシュ」させる自己投資として楽しむ場を提供することを意識しています。

普段、何気なく過ごしいていると、食品ロスや環境問題に触れる機会はなかなかで出会えないもの。実際にこういったサステナブルレストランに訪れ、プラントベースミートを消費したり、レストランで実施している数々の取り組みに触れたりする機会を作ることで、「見て」「知って」「考える」きっかけとなるのではないでしょうか。

自分自身のスタイルに合わせてサステナブルを取り入れ、環境にやさしい食事を楽しんでみませんか?

店舗情報

Photos:2枚
ベジタリアンブッチャーの内観
ベジタリアンブッチャーの内観やメニュー写真を並べたコラージュ画像
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ