ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

サステイナブルとは、私たちが幸せに暮らすためのもの

突然ですが、みなさんは「Sustainable(サステイナブル)」という言葉を知っていますか?聞いたことはあっても詳しいことはわからない、という方多いのではないでしょうか。

Sustainable(サステイナブル)とは、日本語に訳すと持続可能維持できるという意味になります。最近では、地球社会に対してサステイナブル(持続可能)という言葉が使用される機会が多くなりました。

では、サステイナブルな地球や社会とは、どのような状態のことを指すのでしょうか。

サステイナブルな地球や社会とは?

それは、2015年9月の国連サミットで定められた持続可能な17個の目標(SDGs)で知ることができます。17個の目標には、貧困問題やジェンダーの平等、地球の気候変動など、世界で起きているさまざまな問題に対してのゴールが定められているのです。

サステイナブルな地球や社会とは、このゴールが達成された状態、つまり人々が安全に住める地球と、平等に暮らせる社会を意味しています。

今回のテーマは「プラスチックの削減」について

第1回目は、プラスチックの削減という観点からサステイナブルな暮らしについて考えてみましょう!

プラスチックと聞いて、みなさんはどんなものを想像しますか?ペットボトルやレジ袋、食品トレイなど目で見てすぐにわかるものがあれば、フライパンや包丁など、一見しただけではわからないものにもプラスチックが使用されていることがあります。普段あまり意識していなくても、私たちの暮らしは、たくさんのプラスチック製品で溢れているのです。

普段の生活でプラスチックを削減するには、どのような方法があるのでしょうか?そこで、マカロニメイトや編集部メンバーが取り組んでいる「プラスチックの削減方法」をご紹介します。

マカロニメイト・編集部が取り組んでいる「プラスチック削減方法」

1. ミツロウラップやシリコンバッグを使用する/@coco_kontasuさん

Photo by coco_kontasu

「蜜蝋ラップやシリコンバッグは、洗えば繰り返し使えるので、通常のラップを使用する機会が少なくなり、プラスチックの削減に繋がります。蜜蝋ラップはお皿に被せるだけでなく、サンドイッチやおにぎりを包んだり、野菜の保存にも活用できますよ!

さまざまな柄や大きさの商品が販売されているので、用途に合わせて使い分けるのがおすすめです。」

2. 野菜は八百屋で購入する/@sayalife45さん

Photo by sayalife45

「私がおこなっていることは『サザエさん』のように買い物カゴを持って、お野菜は八百屋さんで、お肉はお肉屋さんで購入するということです。プラスチック容器で食材が過剰包装されている大手スーパーではなく、個別包装されていない昔ながらの八百屋さんやお肉屋さんで食材を購入することが、私たち消費者にできるプラスチック削減のひとつだと思っています。

『サステイナブルな暮らし』を当たり前にするためには、まず第一に“できるわけがない”という固定観念を手放すこと、そして自信をもって選択する勇気が必要ですね。」

3. 量り売りを活用する/@akarieamさん

Photo by akarieam

「量り売りは、自分が必要な分だけを持参した容器に入れて買うことができる買い物の仕方。不要な分を買ってしまうことがないのでフードロスの防止に加え、包装ゴミを大幅に減らすことができます。以前から、物を買うたび、使い終わるたびに発生するプラスチックゴミに対して、とても無駄だなという思いがあり、できるだけゴミを減らすために『量り売り』を利用し始めました。

このお店では、オリーブオイルや醤油、蜂蜜などを量り売りで購入することができます。まずは、ナッツや茶葉、小麦粉などの乾物が始めやすくておすすめです。お家でも瓶などに入れて並べると見た目もかわいいので楽しい気持ちになりますよ♪」
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS