ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

使いやすさが魅力♪ テフロン加工のフライパン

テフロン加工のフライパンは、内側がフッ素コーティングされているため食材がくっつきにくのが特徴です。目玉焼きのようにくっつきやすい料理も、つるんと鍋から離れてきれいに仕上がるのが魅力。

また、汚れが簡単に落とせることや少量の油で調理ができる点も、テフロン加工フライパンの良さですね。

テフロン加工のフライパンを選ぶときの3つのポイント

1. 耐久性

テフロン加工のフライパンには、耐久性の高さを示す「耐久性指数」が100~600と、100刻みの6段階で記載されていることが多いです。数字が大きいほど耐久性が高いことを表しています。

コーティング層の厚さは耐久性指数100だと25ミクロン以上、耐久性指数600だと42ミクロン以上と違いがあるため、チェックしておきましょう。

耐久性指数はラベルに書かれていたり、シールが貼ってあったりするので、確認してみてくださいね。

2. 重さ

軽いフライパンは、調理をしたり洗ったりするときに持ち上げやすいのがメリットです。軽い分底面が薄く、熱の通り方にムラができてしまうことも。

一方、重いフライパンはぐらつきがちなコンロの上でも安定し、使いやすいのが特徴です。テフロン加工のフライパンは、鉄のフライパンにくらべると軽いものが多いですが、可能であれば実際に手に持って感覚を確かめてみると良いですね。

3. 対応熱源

フライパンは、ガス火専用、ガス・IH対応の2種類に分かれています。キッチンの対応熱源に合ったフライパンを選びましょう。引っ越しやリフォームなどでキッチンが変わる可能性がある方は、ガス・IH対応タイプを選ぶと安心ですね。

なお、IH対応タイプを選ぶ際は、安全性品質の基準をクリアした製品についている「SGマーク」表示の有無もチェックしましょう。

テフロン加工フライパンのおすすめ5選

1. ティファール「ハードチタニウム・プラス フライパン 25cm」

ITEM

T-fal(ティファール)ハードチタニウム・プラス フライパンD51505

¥2,310〜

重量:720g サイズ:幅434×奥行254×高さ91mm 対応熱源:ガス 素材・コーティング:本体・底/アルミニウム合金、取っ手/フェノール樹脂

※2020年9月30日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

お知らせマークで適温サイン!

食材をフライパンに入れるタイミングが分からない、という方におすすめなのがこちらのフライパンです。中央にあるマークの模様が変わったら、予熱完了のサイン。ベストなタイミングで調理を始めることができますよ。

また、飛行機の部品にも使われるほど丈夫で軽いチタンをコーティングしているのも特徴のひとつ。耐久性が高く、長く使えます。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS