米粉のパンケーキ(ほうじ茶)

Photo by suncatch

950円(税抜)
おすすめは、もっちり食感がたまらない「米粉のパンケーキ」。プレーン・ほうじ茶・抹茶の3種類があり、いずれにも黒みつ・柚子みつ・抹茶みつの3種が付いています。ホイップクリームと粒あんまで添えられていて、さまざまな甘さを存分に楽しめますよ。

甘くないパンケーキがお好みの方は「厚切りベーコンパンケーキ」を。米粉のプレーンパンケーキ、厚切りベーコン、ソーセージに半熟の目玉焼きのワンプレートで、食べごたえ抜群です。黒みつも添えられているので、ちょっぴりお得な気分♪
店舗情報

4. 京都発!パフェの名店「からふね屋カフェ」

Photo by suncatch

JR天王寺駅から徒歩3分。「あべのキューズモール」内にある「からふね屋カフェ」は、種類豊富で華やかなパフェが有名なカフェ。京都の老舗珈琲店「からふね屋珈琲三条本店」を中心に京阪神で展開されている、女性に人気のお店です。

ライトブラウンと白が基調の店内は、明るくやさしい和モダンな雰囲気。パフェのほか、コーヒーや紅茶、ケーキなどのカフェメニュー、さらにオムライスやパスタなどの洋食メニューもそろっていて、いろんなシーンで訪れたくなります。

白桃&ベリージェラートパフェ

Photo by suncatch

810円(税抜)
「からふね屋」のパフェは、チョコレートやキャラメル、ミルクティー、抹茶、ほうじ茶、ベリー系……、数えきれないほどの種類があります。おいしさはもちろん、どれもアートのように美しく、ひとつを選ぶのに苦労するほど。

さっぱりと爽やかなグラススイーツを食べたいときは、ジェラートパフェがおすすめ。写真の「白桃&ベリージェラート」のほか、「マンゴージェラート&キャラメル」など、ジェラートパフェだけで6種類もありますよ。
店舗情報

5. 極上のコーヒーと眺望「カフェチャオプレッソ」

Photo by suncatch

「CAFFE CIAO PRESSO(カフェチャオプレッソ)」は、超高層複合ビル「あべのハルカス」の17階にあるイタリアンカフェです。

実はこの17階、レストランフロアよりも上の階にあるオフィスフロア。最上階の有料エリアに行くことなく、静かな雰囲気のなか展望を優雅に楽しめる穴場なんです。

セミオープンのエントランス、北東側180度は全面ガラス張りで、天井が高く開放感に溢れています。席数はテーブル・カウンターの95席と広々。Wi-Fiや電源を使用できるうえに、平日は7時から21時まで営業しているため、さまざまなシーンでおすすめです。

ラッテ マッキャート

Photo by suncatch

385円(税込) ※レギュラーサイズ
「ラッテ マッキャート」は、泡立てたホットミルクに、エスプレッソを注ぎ入れたドリンク。ふんわりとミルキーで、とてもやさしい味わいですよ。ワンコイン以下で極上の一杯と眺望が楽しめるなんて、感動のコストパフォーマンスです。

コーヒーメニューは、実に豊富で本格的。「チャオプレッソ」のなかでもあべのハルカス店は、イタリアエスプレッソ協会から“本場のエスプレッソが飲めるお店”に認定されているんです。ピザやパニーノ、ケーキなどもいただけるので、リピート間違いなし♪
店舗情報

6. ネパール料理と雑貨のお店「わのわカフェ」

Photo by suncatch

JR天王寺駅から徒歩7分。地元で古くから愛されている「あべのベルタ」地下1階にある、ネパール料理と雑貨のお店「わのわカフェ」。店先のネパール国旗と、色彩豊かな雑貨の数々が目を惹きます。

ダルバート(定食)、モモ(ネパール餃子)、カレーやナンなど、ネパール人シェフが作る料理はどれも本格的。音楽好きで気さくな日本人店主さんが、メニューの内容やネパール文化について親切に教えてくれるので、ネパール料理が初めての方でも安心ですよ♪
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ