ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

しゃばしゃばカレーって知ってる?

この記事を開いたあなた、カレー好きということですね、そうですね!ようこそ、カレーの世界へ。

では急に問題、「しゃばしゃばカレー」って知っていますか?

「え、しゃば…スープカレー?」いいえ、違います。ブッブーです。

ここ数年、スパイスカレーの流行りとともに注目されているしゃばしゃばカレー。細かい定義は曖昧ですが、ルーがサラサラしたタイプのカレーがそう呼ばれているんですよ。

「え〜そうなの?食べてみたい」という人のために、macaroni編集部きってのグルマンがおすすめの店を厳選。6つの名店をご紹介します!

カレーを愛する紹介人

おでかけ担当ディレクター / みっちー
絶賛カレー連載を担当中。
新店開拓に余念がなく、センスのいいビストロなら彼にお任せ。
家では観葉植物を愛でる心やさしき男。

トレンド担当ディレクター / もちこ
いくら一筋な幼稚園児のころから今に至るまで、エンゲル係数は右肩上がり。
下町の大衆酒場から高級寿司屋まで食べ歩く、生粋の食いしん坊。
最近はスパイスカレー作りに没頭!

高円寺「スパイスカレー青藍(セイラン)」

Photo by macaroni

スパイシーチキンカレー定食 980円
多くのスパイスカレー好きに愛される専門店。 “香りを食べる” のキャッチコピーを掲げるだけあり、その複雑なスパイスづかいは高く評価されています。

「テイクアウト用に作られたチキンカレー。スパイスの複雑さと爽やかなフルーティさはさすがの貫禄です。脇役の惣菜とも相性がよく、残り一滴までもが惜しいひと皿」(by みっちー)

中目黒「VIBES CURRY(バイブスカレー)」

Photo by macaroni

シングルカレー 950円 / ダブルカレー 1,100円 / トリプルカレー 1,200円
2019年、新星の如くあらわれた間借りカレー(営業はランチのみ)。中目黒の目黒川沿いにあり、グルメ感度の高い人たちのあいだで人気を集めています。

基本のチキンカレーにフィッシュカレー、週替わりと数種類のメニューを提供。

「鶏出汁ベースのマイルドなひと皿。フィッシュカレーは海鮮出汁とスパイスが絶妙に合わさった芸術的な味わいです。特注のカレー皿もとんでもなくかわいい!」(by もちこ)

銀座「はるかなるカレー」

Photo by macaroni

はるかなるカレー 1,000円
大人の街、銀座の雑居ビルにひっそりと開店する間借りカレー。夜はスナックということもあり、その魅惑的な空間が印象的。

大山どりやコシヒカリ玄米など、食材ひとつひとつにこだわりをもち、バターや小麦粉が使用されてないのも特徴です。

「基本のカレーは、季節の野菜がたっぷり!いずれも素揚げや蒸しによって豊かな味わいと食感が楽しめます。シャバシャバなルーはほどよいスパイス感で、やさしく体に馴染む……」(by みっちー)

中目黒「VOVO(ボボ)」

Photo by macaroni

単品カレー / 1,300円 / 2コンビネーション 1,300円 / 3コンビネーション 1,600円 ※写真はバターチキンカレールーとドライカレールー
現在は閉店してしまったカレーの名店「GEE(ギー)」の味を受けつぐ店。看板メニューは2コンビネーションカレー。

きっちりと壁の役目を果たすごはん、美しくサイドを固めるルー。一枚の絵のような芸術性の高い見た目にも注目です。

「ひと口運んだ瞬間に押し寄せるスパイスの波、そこにバターのマイルドな風味が後追いする。ちなみに合いがけしたドライカレーは甘みの出し方が完璧!」(by もちこ)
Photos:7枚
飲み物を持っている女性と男性
青い器にのったカレー
ピンクの器に盛られたカレー
白い器に盛られたカレー
2種類のカレー
黒い器に盛られたカレー
銀の器に盛られたカレー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS