ライター : 4575

子育てフードライター

小学生の子どもを持つママ、4575です。家事や仕事に忙しくてもおいしいごはんを作りたい!とレシピを日々研究中。作り置きや時短料理など、毎日のお料理を楽しく作るレシピをたくさん紹…もっとみる

デザートワインとは

デザートワインは、一般的に甘口のワインを指します。明確な定義はなく、国によって分類が異なるのが特徴。たとえばイギリスでは食事中にお料理と一緒に飲む甘口ワインをデザートワインと呼び、ドイツではアルコール度数が8~10度のワインをデザートワインと呼んでいます。

アメリカでは、酒精強化ワインを含むアルコール度数が14度以上のワインは、すべてデザートワインと法律によって定められています。同じデザートワインでもさまざまな種類があるんですよ。

デザートワインに分類されるワインの種類

貴腐ワイン

貴腐ワインは、世界各国で造られる極甘口のワインのことです。独特な製法で、生産量の少ない高価なワインが多いのが特徴。単に極甘口なだけでなく、完熟したブドウに貴腐菌のボトリティス・シネレアが付いた貴腐ブドウで造られるものが貴腐ワインと呼ばれます。

主にフランスやドイツ、ハンガリーで造られていて、近年では日本でも貴腐ワインを手がけるワイナリーが増えていますよ。

アイスワイン

アイスワインは、ドイツのフランケン地方で誕生したワイン。極めて気温の寒い年、果実が凍結したり冠雪したりしたブドウを使うワインのことを指します。

凍結したブドウは通常にくらべて水分量が少ないため、果汁濃度が高くなり、甘みや旨みが凝縮されるのが特徴。ドイツやオーストリア、カナダなど限られた国・環境でしか生産されないため、希少価値の高いワインとされています。

遅摘みワイン

遅摘みワインは、完熟した実を1~2ヶ月ほど木につけたまま放置したブドウで造る甘口ワインです。遅摘みにすることで干しブドウのように半分乾燥した状態になり、旨みと糖度が凝縮されます。デザートワインのなかではアルコール度数が高いのも特徴のひとつ。

主にドイツやスペイン、チリなどで造られ、白ブドウと黒ブドウどちらも使われるため、さまざまな味わいを楽しむことができますよ。

酒精強化ワインの甘口タイプ

酒精強化ワインとは、醸造中にアルコール度数の高いブランデーを加えた甘口ワインのこと。赤・白どちらのワインでも造られていて、ブランデーを加えるタイミングによって甘さが異なるのが特徴です。

ポルトガル産のポートワインや、同じくポルトガルのマデイラで造られるマデイラ酒、スペイン南部の特定地域だけで造られるシェリー酒が有名で、これらは三大酒精強化ワインと呼ばれています。

デザートワインの楽しみ方

デザートワインはジュースのようにゴクゴク飲めるものから、酒精強化ワインのようにアルコール度数が高いものまであるので、それぞれに合うお料理やデザートを選ぶと良いですね。

甘みが強いデザートワインなら、シャーベットやフルーツと合わせるのも良いですし、アルコール度数が高いものなら、フライやチーズなどと合わせるのもおすすめ。甘辛い味付けが多いうなぎの蒲焼きや焼き鳥などの和食ともマッチするんですよ。お好みの組み合わせを見つけてみてはいかがでしょうか?
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS