ライター : akiyon

犬のお散歩と毎日のお弁当作りにいそしむ主婦です。「食」と「暮らし」を大切にしています。魅力あるお弁当の作り方や、新商品の食レポなど、暮らしに役立つ情報をお届けします。

話題の新感覚ドーナツ

Photo by akiyon

最近のドーナツは、贅沢感があるものがたくさん!なかでも今話題になっているのが、「クレームブリュレドーナツ」です。

「クレームブリュレとドーナツが合体!?」と、好きなもの同士の組み合わせに心が弾む筆者。さっそく、この新感覚ドーナツをお取り寄せしてみることにしました♪

カリッとろーり!「クレームブリュレドーナツ」

Photo by akiyon

5個入り、1,620円(税込)
このドーナツを作っているのは、京都のドーナツ専門店「ビュルレ(Brulee)」。お店で販売して以来完売御礼を連発し、1ヶ月で約20,000個も売れたというから驚きです。

お取り寄せした5個入りのドーナツは、冷凍便で到着。黄色いストライプのかわいい袋に個包装されて、真っ白い紙箱の中に入っていました。このままお土産に持って行きたくなるくらい、おしゃれです♪

Photo by akiyon

袋の中から現れたのは、焼き目も美しい黄金色のドーナツ。ひとつひとつ手作りで、最後にバーナーで一気にキャラメリゼして仕上げられています。

店舗では、目の前でキャラメリゼしてもらえるサービスも!炙りたてのドーナツは、さぞかしおいしいことでしょう。いつかいただいてみたいです♪

Photo by akiyon

ドーナツの生地には、遺伝子組み換えでない大豆で作った豆乳と菜種油を使用。あっさりとした味わいとふんわり食感が特徴です。

一方カスタードクリームは甘みが強くて濃厚。キャラメリゼした部分はビターでカリカリ食感。ひと口でふわっ!カリっ!とろーり!の3種類の味わいを楽しめる、贅沢なドーナツです。

3つの食べ方で味わいを確認!

冷凍されたクレームブリュレドーナツの楽しみ方は、3通り。それぞれの方法でいただいて、味わいの違いを確かめてみたいと思います。

1. 室温で解凍して

Photo by akiyon

室温で30分~1時間ほど解凍するのが、ひとつ目の方法。生地がふんわりとしていて、キャラメリゼした表面がカリカリっ!ちゃんとクレームブリュレ特有の食感を再現できています。

カラメルの芳ばしさは、3つの方法のなかで一番!カスタードクリームの濃厚な甘みや、生地のあっさりとした味わいとのちょうどよいハーモニーを楽しめますよ。時間があったら、ぜひ試してみてくださいね。

2. 凍ったままか半解凍で

Photo by akiyon

このドーナツは、冷凍庫から出したての凍ったままでも、また10分くらい室温に置いた半解凍状態でもおいしく食べられます。少し固いですが、デザートナイフで切ることができるんですよ。

生地はぎゅっとしていて、クリームが冷たくておいしい!カラメルのカリカリ感は残念ながらありませんが、夏向きのデザートとしておすすめです。筆者は半解凍の状態でいただくのが好みです♪

3. 電子レンジで温めて

Photo by akiyon

3つ目は、電子レンジで30~40秒ほど温める方法。ほんのり温かくてふんわり、生地自体のおいしさを一番感じる食べ方です。

気になるカラメルの食感もパリっとしていて、クリームのとろとろ感がおいしい!夕食のあとのデザートとして、ゆっくり楽しみたいときにおすすめですよ♪
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS