ライター : ☆ゴン

カフェやレストランなど外食関連の紹介記事を中心に、豆知識やおいしい料理のレシピなど、皆さまのお役に立つ情報を発信したいと思います。

「越前そば」は福井県名物の郷土料理!

越前そばは福井県の北部、かつて越前国と呼ばれた嶺北(れいほく)地方で、古くから栽培され食べられてきた名物です。現在では福井県を代表する郷土料理として知られています。

ざるや盛りそばなどでも食べられますが、大根おろしを具としてのせるのがスタンダード。つけそばやぶっかけなどの食べ方に関係なく、大根おろしを添えることから、地元では「おろしそば」「越前おろしそば」と呼ばれています。

越前そばと一般的なそばの違いは使う粉!

更科そばに代表される、実だけを挽いた一般的なそばと異なり、越前そばは殻もすべて含めた挽きぐるみ粉で作る田舎そばです。そばの香りと風味が強く、黒っぽい色合いに仕上がるのが特徴。

またそばを打つときはつなぎに小麦粉を使用しますが、越前そばでは強力粉をつなぎに用います。ゆで上がりを冷水にさらしたそばは、歯ごたえのある硬い食感が特徴で、喉ごしを楽しむというより、噛んで食べるそばのイメージが強いようです。

越前そばの歴史と呼び名の由来について

室町時代中期の越前当主が、飢饉ための食料として推奨したのが、福井でのそば栽培のはじまり。おろしそばの発祥は諸説ありますが、江戸時代に福井藩家老が醤油もない貧しい領民のため、そば切りに大根おろしをかけて食べることを考案した、とする説がもっとも有力です。

越前そばの名の由来は比較的新しく、昭和天皇が巡幸で福井を訪れた際にそばを召し上がり、皇居へ戻ってからも「越前のそば」と懐かしんだことから、ついたとされる逸話があります。

越前そばを食べるときの定番スタイル

大根おろしとねぎ、かつお節を添えて食べる

おろしそばとも呼ばれる越前そばには、大根おろしは欠かせないトッピング。最近では刻みねぎとかつお節を含めた3点トッピングが定番で、そのほかにいろんなものをアレンジして食べられています。

猪口のつゆにそばを浸すか、つゆをぶっかけるかはお店や個人の好みで分かれますが、冬でも冷たいままで食べるのが基本です。

ゆでるだけ!越前そばの基本的なレシピ

大根と刻みねぎ、かつお節のトッピングや麺つゆなどは、ほとんどの家庭に常備している手近なものばかり。越前そばの麺だけゆでれば、簡単に作れる基本的なレシピです。お好みで七味唐辛子をかけてもおいしくいただけますよ。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS