注目度No.1の原宿カフェ!「ムーンソウル」のくまミルクティーやセンタルギウユって?

韓国風カフェとして、現在もっとも注目を浴びているお店「ムーンソウル」。提供されるスイーツはもちろん、お店の雰囲気やインテリアなど、どこを切り取ってもインスタ映えが狙える、いま大人気のカフェです。この記事ではおさえておきたいおすすめスイーツをご紹介します。

2020年6月30日 更新

ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

注目のマカロン「トゥンカロン」に出会えるお店

韓国ではいま、マカロンの進化形「トゥンカロン」がブームになっています。韓国語で “太ったマカロン” を意味するトゥンカロンは、マカロン以上に映えるのだとか……。

日本でもトゥンカロンが食べられるお店が増えていますが、なかでも注目なのが原宿の「MUUN seoul(ムーンソウル)」。トゥンカロンをメインに、注目のスイーツもあわせてご紹介します。

原宿「ムーンソウル」

JR「原宿駅」、東京メトロ千代田線・副都心線「明治神宮前駅」から歩くこと7~8分。ムーンソウルは明治通りを少し入った、FLAGというビルの1階にあるお店です。ガラス張りの入り口にある白い看板が目印ですよ。
木くずが敷き詰められたイートインスペースは、ベンチもテーブルも木製でナチュラルな雰囲気。ランタンやクッション、インテリア含めてテイストが統一されていて、どこを切り取っても映えるスペースに、気分が上がりますね♪
チュールのカーテンに古書やドライフラワー……どこから見ても、女子の “好き” を全部詰めた夢のような空間で、ついつい長居しちゃうという人が多いのもうなずけます。

注目のトゥンカロンはショーケースもフォトジェニック!

店内のショーケースには、お目当てのトゥンカロンがずらり。トゥンカロン(뚱카롱)は、韓国語で “太ったマカロン” を意味するトゥントゥンハン マカロン(뚱뚱한 마카롱)の略語です。確かに、普通のマカロンよりもたっぷりのガナッシュがサンドされていますね。

カラフルなトゥンカロンは、見ているだけでため息が出るような美しさ。イートインはもちろん、テイクアウトもできるのでお土産にもどうぞ。

注目メニュー1「トゥンカロン」

「トゥンカロン」400円~
注目のトゥンカロンは、普通のマカロンの2倍はあろうかというサイズでボリューム満点!中央の穴が開いたムーンソウルオリジナルのドーナツカロンをはじめ、さまざまなデザインのトゥンカロンがそろっています。

通常のマカロンと違って、チョコスプレーやフルーツで華やかにデコレーションされ、ガナッシュもたっぷり。クッキーをサンドした贅沢版のマカロンは、見栄えもよく食べごたえもありそうですね。

常時8~9種類が並んでいるので、好みの組み合わせを選ぶ楽しみもあります♪ 季節限定のトゥンカロンも登場するのでお見逃しなく。

注目メニュー2「センタルギウユ(生いちごミルク)」

「センタルギウユ」850円
センタルギウユは日本語でいちごミルクのこと。フレッシュいちごのソースとふわふわミルクをグラスに重ねた、見た目も楽しめる一杯です。それぞれ層の重なり方が違うのもまたフォトジェニック。混ぜるごとに味の変化が楽しめますよ。英字がデザインされたグラスもおしゃれで、マネしたくなりますね。

センタルギウユは、いちごが手に入る時期だけの限定メニューなので、見かけたらぜひ注文してくださいね♪

注目メニュー3「ミルクティー」

「ミルクティー」650円
この夏に新しくデビューしたばかりのミルクティーは、くまの氷がのったムーンソウルのオリジナル。透明な氷の上にちょこんと腰かけたくまさんがキュートで、溶かしてしまうのがもったいないですよね。

でも、沈んでいくくまさんもまたかわいいので、できたてを写真に収めたら溶かしながらいただいてください。
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS