現代版!アイスの実<巨峰>を食べてみると…

Photo by china0515

ひと口食べてびっくり……!アイスの実の印象が、本当に180度変わりました。これは笑ってしまうくらいの驚き。

口に入れた瞬間に果汁がジュワッと広がり、とろけてなくなっていく食感。巨峰の果実感もしっかりと味わえて濃厚な印象です。子ども向けというよりは “大人アイス” なイメージ。決して氷アイスではなく、なめらかなジェラートのような食べ心地ですね。

10年ぶりにアイスの実を食べたみなさんが「果汁たっぷり」「おいしくなった」と感じたのもよくわかります。もうひと粒、もうひと粒……と食べ続けたくなるアイスになっていました!

実は……パッケージも5回変わっているんです!

Photo by 江崎グリコ

最後に小話をすると、アイスの実の発売から34年の間、パッケージが5回も変わっているのだとか……!「あれ、そうだっけな」と思い返しながら見てみると、たしかに。

年代によって印象に残っているパッケージは異なり、10代・20代は現在販売されている2013年以降のもの、40代より上は1989年のものを懐かしく思うそうです。

さて、そろそろみなさんもこれを機会にアイスの実を食べてみたくなってきたのでは? 最後に食べたときの味を思い出しながら、ぜひ味わってみてくださいね。
Photos:7枚
お皿にのったアイスの実巨峰とパッケージ
アイスの実巨峰を袋から取り出しているところ
アンケート結果
アイスの実巨峰の復刻版と現代版を上から
アイスの実巨峰復刻版の半分を持っているところ
アイスの実巨峰現代版の半分を持っているところ
アイスの実のパッケージ
一覧でみる
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

編集部のおすすめ