さらば不快感!夏でもすっきり「ハッカ油マスク」の作り方

マスクを付け慣れてきたものの、気温や湿度が高い近ごろは不快指数が高くなり悩んでいる方は多いはず。この記事では、ハッカ油を使った涼感マスクで快適に過ごす方法を提案します。マスクの中にこもりがちなもわっとした空気も、シュッとひと吹きで爽快に。仕事中のリフレッシュにも使えますよ♪

2020年6月11日 更新

ライター : muccinpurin

製菓衛生師

元パティシエです。年に3〜4回東南アジアを旅して現地の食に触れ、料理を勉強するのがひそかな趣味。再現レシピや、料理の基本系の記事をメインに執筆しています。 お料理YouTube始めま…もっとみる

マスクの不快を解消!ハッカ油

Photo by macaroni

気温も湿度も上がり、いよいよ夏がすぐそこまできています。例年と違うのは、私たちの日常にマスクが欠かせなくなったこと。長時間マスクをつけていると不快だったリ、空気がこもってのぼせたような状態になってしまいます。

そこでこの記事では、マスクの中にこもる熱気や気になる匂いを解消できるとして注目されている、ハッカ油について掘り下げていきます。

SNSでも試す人が急増中

SNSでは「ハッカ油をひと吹きすればずっとマスクでもいいかも」「こんなに快適ならもっと早く知りたかった」など、ハッカ油を試した人の喜びの声が多数書き込まれていました。

そのどれもが、ないときよりも快適に過ごせるといったもの。口コミのよさからも効果が期待できますね。

ハッカ油で快適♪ 涼感マスクの作り方

Photo by macaroni

そもそもハッカとは、ミントのこと。ハッカソウと呼ばれるミントを乾燥させて抽出した植物油のことを、ハッカ油と呼んでいます。そんなハッカ油を使った涼感スプレーの作り方をご紹介。

準備するもの

・マスク
・水……100ml
・無水エタノール…10ml
・ハッカ油……数滴
・スプレーボトル

※無水エタノールは医療用医薬品としても使用されます。買い占め行為はしないようお願いします。
※使用するスプレーボトルは、ガラス製またはポリプロピレン、ポリエチレン製のものを使用してください。ポリスチレン製のものは溶けるおそれがあるので注意が必要です。

作り方

Photo by macaroni

スプレーボトルにハッカ油数滴と水、無水エタノールを入れ、蓋を締めたらしっかりと振って混ぜ合わせます。マスクの表面に適量を吹きかければ涼感マスクのできあがりです。

香りは時間が経つと薄れるので、適宜スプレーして調整してくださいね。

ハッカ入りスプレーを使う際の注意点

ハッカ油は刺激が強いため、直接肌につくとヒリヒリする場合があります。ハッカ油を原液で使うのは控えましょう。特に肌が弱い方は使用を控えるか、マスクの外側を意識して吹きかけると安心です。

また、ハッカ油には中枢神経を刺激する作用があるので、妊娠中の女性や中枢神経疾患をお持ちの方は使用しないようにしてください。犬や猫などの動物を飼っている方も扱いにはくれぐれも注意しましょう。
Photos:4枚
ハッカ油のビンとマスクが置かれたテーブル
ハッカ油のビンとマスクが置かれたテーブル
マスクにスプレーを吹きかける様子
ハッカ油のビンとマスクが置かれたテーブル
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS