現役バリスタが惚れた!清澄白河のおすすめカフェ7選

この記事では、東京・清澄白河でランチやお茶をする際におすすめのおしゃれなカフェを紹介しています。カフェ巡りが趣味の現役バリスタが、カフェの特徴をおすすめメニューとともにセレクトしたので、お気に入りのお店をみつけてみてください!

2020年6月23日 更新

ライター : 今野 直倫

JSFCAコーヒーソムリエ / バリスタ

食品衛生責任者・飲食店営業許可取得。全国各地を飛び回り1日カフェを開催。自家焙煎のコーヒーを焼きたて、挽きたて、淹れたてにこだわって、お客さん一人一人に向き合ってコーヒーを…もっとみる

1. サードウェーブ系カフェの草分け「ブルーボトルコーヒー」

サードウェーブ系カフェの走りといえる「ブルーボトルコーヒー 清澄白河 フラッグシップカフェ」。季節に合わせた旬のシングルオリジンコーヒーを、お客さんの目の前でハンドドリップしてくれます。

淹れたての質の高いコーヒーは、スタイリッシュで洗練された店内でいただくも良し、テイクアウトしてコーヒー片手に清澄白河を散歩するのも良しです。

シングルオリジンコーヒー

550円(税込)~
ブルーボトルコーヒーのおすすめといえば、何といっても旬のシングルオリジンコーヒーです。比較的浅めの焙煎度合いで、コーヒー本来の甘味、酸味を存分に楽しめます。

コーヒーの種類ごとに特徴があるということを感じていただけるでしょう。淹れたてのおいしいコーヒーを、ぜひブラックでそのまま召し上がってみてください。
店舗情報

2. 珍しいコーヒーがそろう「アライズ コーヒー エンタングル」

珍しい種類のコーヒーを豊富に扱っているカフェが、「ARiSE COFFEE ENTANGLE(アライズ コーヒー エンタングル)」です。

ドミニカ・ルワンダ・パナマ・フィリピン・ペルーといった普通のカフェではお目にかかれない産地のコーヒーが並びます。メニューの雰囲気に合った、エキゾチックなお店の外装・内装も素敵です。

中津さんのブラジルプヂン

350円(税込)
コーヒーももちろんおすすめですが、コーヒーに合わせてほしいのが「ブラジルプヂン」(焼きプリンの一種)。しっとりなめらかな食感に、どこか懐かしいカラメルソースの風味が絶妙に絡みます。

しっかり甘い味わいには、クセのあるコーヒーがぴったりです。コーヒーとブラジルプヂンを合わせて召し上がってみてはいかがでしょうか。
店舗情報

3. スタイリッシュな空間で一杯「オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ」

「オールプレス エスプレッソ 東京ロースタリー&カフェ」は、ニュージーランド発のロースター兼カフェ。

コーヒー豆の焙煎所とドリンク・フードを提供するカフェが一体になっています。木造の店構えと高い天井の広々とした空間は、開放的で気持ちが良いですよ。

フラットホワイト

400円(税込)
おすすめは、一番人気の「フラットホワイト」です。店内で焙煎したコーヒー豆を贅沢に使ったエスプレッソに、ふわふわのスチームミルクを加えています。

コーヒーの苦味が苦手な人でも飲みやすい、ミルクアレンジのエスプレッソドリンクです。
店舗情報
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS