ライター : macaroni編集部

macaroni編集部のアカウントです。編集部が厳選するおすすめ商品・飲食店情報、トレンド予想や有識者へのインタビュー、暮らしに役立つ情報をご紹介します。

家事疲れしている主婦が激増。解決法はないものか?

緊急事態宣言による自粛生活がスタートし、早いものでもうすぐ2ヶ月。緊急事態宣言も解除され、通常生活に戻りつつある地域や家庭もあるかもしれません。この自粛期間、たくさんの主婦(主夫)の声を耳にしました。

・「3食作らないといけないなんていつ休憩するの」
・「家で仕事をしてその合間に家事をして、私の時間はどこへ……」
・「食費もかさむ上に自分の時間も削られるなんて」


もちろん、「こんなに家族でゆっくり過ごせたことがない!嬉しい!」という声も多くありましたが、突然訪れた家事育児の山にSOSをあげる声がとても多く、そのやり場のない苦労は想像以上なんだろうなと……勝手に悶々と感じていた筆者です。

家事代行が救世主に。しかも意外とお手頃……?

そんなとき、友人から聞いたのが家事代行サービスの話。

「うちは奥さんが外に働きに行っているから、僕が仕事をしながら子どもを見ることも多い。そうなると掃除とかまで全然手が回らなくて。一度やってみたかった家事代行を頼んでみたんだよね。2〜3時間で5,000円くらいだった。

……そしたらもうめちゃくちゃ良くてさ。子どもと公園で遊んだりしている間に家が超綺麗になってるのよ。普段手が届かない水回りをお願いしたけど、さすがプロだなと感動しちゃった」(埼玉県在住/30歳男性/出版勤務/2歳児のパパ)

こ、これはすごいのではないか。子どもとの時間が作れているうえ、自分ではできないレベルの掃除がなされ、おまけに想像していたほど高価ではない。コスパが良すぎると本人も感動している。

そこで今回、実際に家事代行サービスを使ったことがある4名にインタビュー。利用した動機・依頼した会社・メニュー・費用・感想を、奥さん目線・旦那さん目線でお話していただきました。

1. CaSyで作り置きを依頼(かざりさんの場合)

家事代行を頼んだきっかけはありますか?

「料理をするのが大好きだったのが嘘のように、日常に疲れすぎて晩ご飯のことを考えるだけで人生丸ごと辛くなってしまったからです」

お願いした会社とメニューの内容は?

お願いした会社:CaSy (カジー)
メニュー:調理のおまかせコース(材料をざっくりと事前にお伝え)
所要時間:3時間
金額:クーポンの利用で8,000円弱

実際に利用してみた感想は?

「一週間の晩ご飯作りから開放される心の軽さは、金銭には代えがたい価値があると思いました。 突発的にデリバリーを頼む、外食する、を積み重ねるよりかなり安くあがり、心も楽になり健康的な食事ができるのはとてもありがたいです」
Photos:1枚
5つのタッパに入った作りおき
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。
この記事に関するキーワード

特集

FEATURE CONTENTS