油揚げの厚みに驚き!ジュワーッとダシ汁があふれ出す“焼き”いなり寿司

1個がおにぎりくらいの大きさがある、ビッグサイズの「焼きいなり」。驚くのは大きさだけではありません。こんがりと焼かれた表面、あふれだすダシ汁、甘さ控えめで、さっぱりとした味わいの、これまで食べたことのないいなり寿司です。

2020年5月12日 更新

ライター : おいしいマルシェ

暮らしをちょっと楽しくする、おすすめのグルメ・スイーツ・ギフト、食にまつわるモノを厳選してご紹介。日本最大級のお取り寄せ情報サイト「おとりよせネット」が運営。

1個がおにぎりくらいの大きさがある、ビッグサイズの「焼きいなり」です。驚くのは大きさだけではありません。こんがりと焼かれた表面、あふれだすダシ汁、甘さ控えめで、さっぱりとした味わいの、これまで食べたことのないいなり寿司です。

ダシ汁があふれ出す秘密は、油揚げの厚さ。一般的ないなり寿司の油揚げよりも厚く、ダシ汁をたっぷりと含みます。そんな油揚げを焼き上げることで、香ばしさがプラスされ、さらに大豆の風味も引き立っているんです。このこだわり油揚げは、石川県白山にある、豆腐店「山下ミツ商店」が焼きいなりのために作ったもの。国産大豆、にがり、白山の名水を使って作られているそうです。

また、油揚げに詰められている酢飯は、「鶏ごぼう」と「ちらし」の2種類。どちらも具材の食感がアクセントになり、ダシ汁との相性が良い味付けに仕上げられていますよ。自宅にストックしておきたくなる1品です。

「焼きいなり」という名前通り、だしに浸した後に焼いた油揚げで作られていて、こんがり焼き目が食欲をそそりました。分厚い油揚げは、存在感抜群!外はパリッ、中はふんわりジューシー♪たっぷり吸っただしの旨みと焼き目の香ばしさが口に広がった後、噛んでいくと油揚げ自体の大豆の旨みや油分のコクが感じられました。(みるくるみさん)

出典: marche.otoriyose.net

いなり寿司の揚げといえば、砂糖多めの甘辛い出汁で煮含めた濃い味の薄揚げというのが一般的だと思うのですが、焼きいなりの揚げは厚みと弾力がありました。その厚みに出汁が染み込んでいて、とてもしっとり。出汁とお醤油の利いた、甘くないあっさりとした味付けです。中に詰まったちらしは、少しねっとりとした食感で、酸味は控えめ。甘めの仕上がりでした。(ゆんさん)

出典: marche.otoriyose.net

提供元:
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。店舗によっては、休業や営業時間を変更している場合があります。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS