20種類以上のスパイスを操る。おうちカレーの世界【偏愛トーーク vol.11】

偏愛=あるモノやヒトだけを、かたよって愛すること。その名の通り、この企画は “あるモノやヒトを、かたよって愛する人” に、思う存分偏愛っぷりを語ってもらう企画です。第11回目の「偏愛トーーク」は“おうちカレー”の世界。本格的な味を再現するコジコジカレーさんにお話を伺いました。

2020年5月7日 更新

ライター : マカロニメイトニュース

macaroni公認のユーザー組織「マカロニメイト」の公式アカウントです。マカロニメイトに関するニュースやお得なキャンペーン情報をお届けします。

本日のゲストは……?

Photo by @kojikojicurry

コジコジカレーさん
本日のゲストは、老若男女が大好きな “カレー” の偏愛さん コジコジカレー さん。20種類以上のスパイスを駆使し、本格的なおうちカレーを自宅で作り続けるコジコジカレーさんに、おうちカレーのこだわりについて語っていただきました。

20種類以上のスパイスを使いこなす。おうちカレーの世界。

カレー作りを極めるようになったのはいつごろからですか。

「5〜6年くらい前からだったと思います」

カレー作りにハマったきっかけを教えてください。

Photo by @kojikojicurry

ココナッツチキンカレー、ペッパーキーマカレー、大根のサンバル、ワダ(豆が入ったドーナツのようなもの)、青梅のウールガイ(スパイシーで酸味のある漬物)
「ヨガスタジオに通っていたころ、ヨガの先生に東京・京橋にある南インドカレーの老舗『ダバ・インディア』に連れて行ってもらったことがきっかけだったと思います。正直『ダバ・インディア』のミールス*を食べた時はハマるとはあまり思わなかった気がします。

そのあとに、東京・西荻窪にある『大岩食堂』のベジミールスを食べて、『とても美味しい』と感動し、南インドカレーにハマりました。今思うと決して、『ダバ・インディア』のミールスが美味しくなかったのではなく、南インドカレーというものがよくわかっていなかっただけだったと思います。

その後、自分でもカレーを作ってみたいと思い、ネットで渡辺玲先生のレシピ本『カレーな薬膳』と、レシピ本に載っているスパイスを片っ端から注文して作ってみたのがきっかけです」

* 米を主食とした、複数のカレーと副菜がのった定食

ITEM

カレーな薬膳

¥1,870 ※2020年04月24日時点 価格は表示された日付のものであり、変更される場合があります。本商品の購入においては、Amazon.co.jpおよびrakuten.co.jpで正確かつ最新の情報をご確認ください。

Amazonで見る

カレーを作るのにどのくらい時間をかけますか。

Photo by @kojikojicurry

「ミールスを作る時は、カレー2〜3種類とポリヤル(スパイス炒め)とワダを作るのことが多いので2〜3時間くらいは掛かると思います。まだ同時並行で作業するのが苦手なので、効率よく作れるようになりたいですね。カレー一品だけであれば、40分〜1時間ほどで作れると思います」

どんなときにカレーを作りたくなりますか。

Photo by @kojikojicurry

「自分のために作ることはあまりないですね。お客さんや家族など、誰かのために作りたくなります。

陶芸家の妻(@mihorou12)が自宅の工房を活用して陶芸教室もやっているのですが、週末の陶芸教室の場合は生徒さん達にカレーやチャイを振る舞います。そういう時のほうがカレーを作るモチベーションは上がりますし、作っていて楽しいですね」

カレーがおいしく仕上がったときの気持ちの変化について教えてください。

Photo by @kojikojicurry

ペッパーキーマカレー、サンバル、ダールカレー、ワダ(豆が入ったドーナツのようなもの)、ココナッツチャトニ(ペースト状の調味料)
「食べるより作ることのほうが好きなので、おいしく仕上がったときよりも、誰かに食べてもらったとき、美味しく食べてくれていると嬉しい気持ちになります」
Photos:9枚
@kojikojicurryさんのInstagramアイコン
紫のプレートに盛り付けられたカレー
あいがけカレーが並んでいる食卓
あいがけカレーが4つ食卓に並んでいる写真
パステルのお皿に盛り付けられたカレー
レモンライスとドライカレーが並んでいる写真
パステルの器にドライカレーが盛り付けられている
銀の器に入ったカレーが円状に並んでいる
ピンクの器にのったあいがけカレー
一覧でみる
※新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、不要不急の外出は控えましょう。食料品等の買い物の際は、人との距離を十分に空け、感染予防を心がけてください。
※掲載情報は記事制作時点のもので、現在の情報と異なる場合があります。

特集

FEATURE CONTENTS